円高は一服するか?

昨日のブログのように、月末要因なのか東京時間は円高への動きでしたが、午後3時で東京株式市場が終了し、午後4時ぐらいから欧州時間にはいると円安へ動き始めました。

しかし、しっかり上昇するわけではなく、上がったところは再び売られてドル円もクロス円も下落。
特に昨夜はポンドの下落が目に付き、私もTwitterで「何で?」と書き込んで、YEN蔵さんや大橋ひろこさんらと情報交換したりしました。
...Twitterはこうしたリアルタイムの情報交換が多くの人と瞬時にできるのも便利です
   さすがにYEN蔵さんは、ロンドン16時のフィキシングやその他の動きや可能性を答えてくれました。

その後米国の経済指標発表でひとまず下(円高)への動きは一服しそうでしたが、8月10日分のFOMC議事録ではFRBの景気認識や追加緩和について議論されていたことがわかり、当面ドルは弱含みと思われ、円高圧力はかかり続けるように思います。
...ドル安ですから、結果として、円高になります。
   議員のセンセイ方、ドル安が止まらないと、円高も止まらないのですよ

さて、マーケットですが今日から9月です。
今週の日銀による緩和策がどの程度影響するかを見極めたいと思っていますが、仮にも日本の中央銀行が金融緩和策を追加したのですから、効果は限定的とする政策委員意見もありましたが、少しは円安に動く可能性があるのではないかと思ってます。
...昨夜は83円台に再び足を踏み入れましたが、個人的には、86円ミドルぐらいはあるかも?
   一方、程度では何の影響もないという意見もあり、ドル事情から、介入ですら効果は限定的かもしれません

チャートはドル円の月足です。
20100901usdjpy1month.gif
月足チャートで見ると、2008年初頭から虹を描いて下落していますが、月単位で見れば、5EMA~10EMAの範囲が上限付近になっています。
そうなると、9月に入ったばかりの現在の5EMAは86円50付近で、まずはこのレベルまでの戻りはあるだろうと考えています。
...あくまで戻りです
   基本的には虹の通り下向きの圧力がかかっています。


また、これまで円高を主導してきたのは、ドル円というよりクロス円(特にユーロ円)と思いますが、前述のFOMC議事録から今後ドルが下落するようだと、ユーロドルが再び上昇に向かうことも考えられ、ここからユーロ円が上昇しないまでも下げず、結果としてドル円も下がりにくいかもしれません。


そのユーロドルの月足チャートは...
20100901eurusd1month.gif
6月の安値1.1876から上昇しており、8月の安値1.2586付近を下抜けなければ、そのまま上昇していく可能性が高くなります。
虹色チャートは方向感を示しませんが、ドル安の可能性が高まるファンダメンタルズ要因と、こうしたチャートのテクニカル要因を合わせると、案外、円安方向もあるのかも、と思っています。


ただ、こうした素人の先入観より、トレードで勝つには虹色チャートに沿った取引だと思いますので、こうした面も考慮しつつ、日々のマーケットに沿って、チャンスのあるときだけトレードするつもりです。
また今週も月曜から火曜にかけてが売場で、マーケットが動いたので、今日は静かも知れませんね


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

明日の雇用統計待ち

昨日はブログを書いたあと、ほとんどマーケットを見ることもなく買い物をしたり、ドラマを見たりとゆっくり過ごしました。
Twitterに参加したのも夜の少しの時間でした。

マーケットでは、ドル円・クロス円は上に下に頻繁に動いて方向感がないようでしたが、ドルストレートは昨日のブログで書いたようにドル売りとなったようです。
このためドル円・クロス円は上下しつつも円高が進むこともなく、かといって円安にも進まず、膠着した1日だったようです。

私はこのような方向感のない日や大きく動いた翌日(方向感がなくなりやすい)はトレードしないようにしています。Twitterにも書きましたが、「わかる時だけトレードすればいい」というルールを守るようにしています。


さて今日ですが、明日の雇用統計を控えて大きく動くことなないと思っています。


チャートはユーロドルの4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902eurusd4h.gif
ユーロドルは昨日4時間の虹の上側に乗ってきました。
この100EMAでサポートされれば、ユーロドルはさらに上昇するものと思います。
またこの辺は昨日のブログで書いた、ファンダメンタルズから考えるドル売りとも合致します。
まずは、明日の雇用統計に注目です

次はドル円の4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902usdjpy4h.gif
ドル売りの流れになると思っているので、ドル円は下落が予想されますし、虹色チャートも乱れていますが、まだ下方向を向いています。
が、下値圏で上下の動きをして方向感がありません。

これはドル円主導で円高になっているのではなく、ユーロ円主導だからだと考えています。

ユーロドルが上昇すると、ユーロ円も上昇するため円買い圧力が弱まります。
このためドル円でも円買いが弱まり、下値を追いにくいのかもしれません。

チャートはユーロ円の4時間です。(月曜から日ごとに縦線を引いています)
20100902eurjpy4h.gif
ユーロ円は、まさにユーロドルとドル円の中間のような値動き。
虹色チャートでも、中間ぐらいまで戻してますが、ユーロドルのように虹を突き抜けてはいません。

またこの3つの通貨ペアで戻り高値を越えるかどうかを見ても、ユーロドルは8月27日の高値1.2778を既に越えましたが、ドル円の高値は30日(月)日銀の臨時会前の85円88で、ユーロ円も同じ時の109円53でまだまだ手が届きません。

このままユーロドルが上昇し、これでユーロ円が上昇、そしてドル円は膠着という動きになるか、すべては明日の米国雇用統計の発表が注目されます。

特に昨日の米国指標で、ADP全国雇用者数は予想より悪かったが、ISM製造業景況指数は雇用が良かったので、米国雇用市場の実態がどちらなのかに注目です

...ということで、今日は方向感なく、手出し無用と考えます


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

雇用統計で動けず

今週は月曜から火曜でマーケットの動きが終わってしまい、その後月末月初は決済などの特殊要因で上下し、今日の雇用統計が近づくと、動かなくなりました

こうした状況は今週半ば以降のブログで予測した通りで、危うい相場には手出し無用だと思っています。

為替だけでなく、株や債券のマーケットも今日の雇用統計の結果に注目しているようです。
雇用統計が楽観的数字または予想の範囲内で、落ち着いて通過するのか、ネガティブ・サプライズで急変してしまうか、いずれにせよ、私は手を出さない相場です。

また月曜日は米国の休日であり、ロング・ウィークエンドとなるため、米国勢のポジション調整も加わり、思わぬ動きになりかねず、注意が必要だと思っています。
...私は月末で資金と利益を1度締め、月初から再び定額資金をベースに取引しているので、
   月初のトレードで損を出すとその後が厳しくなるので、月初は特に慎重です

チャートはユーロドルの日足です。
20100903eurusd1day.gif
6月の1.18を底に反発しましたが、昨年12月からの下落相場の半値戻しもできず、このところの2番底懸念などで下落したところで落ち着いています。
虹色チャートの日足は、明らかに方向感がなく、9月21日発売の月刊 FX攻略.comに寄稿した「待つ相場」になっています。

日足では方向感がないのですが、短期ではあるかも知れないので、4時間チャートも見てみます。
20100903eurusd4h.gif
ここでも虹はありません。
下落から上昇に変わりつつありますが、まだ上昇トレンドとは言えず、下げる可能性も十分あります。
これではトレードできません。

さらに1時間チャートも見ますと
20100903eurusd1h.gif
9月に入って一気に上昇しましたが、直近は上値が重く伸び悩んでおり、虹は乱れてきていて反転して下げる可能性も出てきています。
まずは昨日の高値を抜けて上に行ってくれないと、短期的な上昇も見込めません。


このように相場は雇用統計を控えて、明らかに方向感がありません。
...ここで思いこみだけでポジションを取るのはトレードではなくギャンブルかもしれません

また今夜は雇用統計だけでなく、ISM非製造業景況指数も発表され、製造業の堅調に比べ非製造業の雇用がどの程度かにも注目されます。


このような状況なので、ドル円・クロス円も思わぬ円安や円高方向に振れる可能性があり、手出しできないと思っています。 しばらくは待って、誰が見ても「売るしかない」とか「買うしかない」という相場が来るのを待って、そこで確実に利益を取りたいと思います。

明日はマネテク(MoneyTECH)があるので、今日のマーケットは眺める程度で、進行表や資料を作成したいと思ってます

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

円高の理由?

先週金曜日、ドル円は米国経済指標の発表で、上昇して下落。
いわゆる往って来いとなりました。

20100906usdjpy1h.gif
チャートはドル円の1時間ですが、21時半の雇用統計発表で急上昇、しかし続かず、23時のISM非製造業景況指数で急落しました。

このドル円の動きが、近ごろの円高の要因を端的に表しているように思えます。
つまり、米国経済が回復すると思う状況になると、円売り...
やっぱり米国経済の先行きはまだ暗いとなると、円買い...

ドル円のみならず、円高の理由は日本国内より相手側通貨の方にあるように思えます。


さて、そのドル円ですが、4時間チャートで見ると、
20100906usdjpy4h.gif
虹は少し乱れてきていますが、大きな流れはまだ下向きです。
ただ、罫線を引くと、83円50付近から86円ぐらいの範囲に収まっています。
1時間は虹がなくなり方向感が全くありませんが、4時間はまだ下方向の可能性が強く、この4時間が上方向に進まない限り、ドル円は下落の可能性があると思っています。

これを日足チャートで見ると
20100906usdjpy1day.gif
見事に虹を描いています。
ここからもドル円は下向きの圧力が続いていると思いますが、米国事情によっては金曜日のように一気に上に行く可能性もあるので、1時間や15分などを見つつ、流れができたら入りたいところです。

またドルストレートはドル円のようにドル売り傾向なので、クロス円は上昇する可能性があり、ここからドル円は下がりにくいかもしれません。

ちょっと、難しいところですね。

今日は米国とカナダが休日で参加者が少なくなっています。
この辺も慎重に行きたい理由になりそうです。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

動けない!

昨日は米国とカナダがレイバーディの休日で、マーケットもほとんど動かない1日でした。
このレイバーディが終わると夏休みも終わり、そろそろマーケットが通常に戻るとされていますが、どうでしょうか

米国休場で何もない昨夜、オバマ大統領は追加の景気刺激策を発表。
8日に発表のものを一部前倒ししたとのことで、明日にはさらに減税などが発表されるようです。

しかしマーケットは参加者も少なく、発表時には反応なく、今朝は急にドル買い・円買いになりました。
理由はわかりませんがWSJがユーロのストレステストについての悲観記事がきっかけとされています。

が、要するに方向感やテーマのない手探りのマーケットが続いている、ということだと思います。

チャートはユーロドルの4時間です。
20100907eurusd4h.gif
下落の流れから反転して、上向きの虹を描こうとしていますが、まだ虹は形成されていません。
このタイミングで、今朝1.28付近まで落とされました。

ここから再び上昇していくのか、下落に転じてしまうのかが注目です。

日足を見ると
20100907eurusd1day.gif
7本ラインは集束していて方向感がありません。

ここでもどちらに動くか注目です。

そろそろ動き出す気配も出てきているので、最初の小さな波に騙されず、大きな波を見極めたいと思います。


先日、このブログを発見した後輩から勉強会を開いて欲しいと言われました。
FX初心者にもわかりやすいように、準備しています。
Yくん、もう少し待っててください

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

ユーロ売り

昨日はドル円が83円52まで下落し、一般のニュースでは円高が話題となっていますが、マーケットはユーロ売りだったと思っています。

昨日朝方のWSJのニュースによるユーロ下落の時点では、昨日のブログの通り、方向感のないなかでの一時的なものと思っていました。

しかし、その後も上へは戻らず...15分チャートは明快な虹になっており、少し早いかもしれませんが、1.28で売りました。

昨日の朝に出たWSJの記事によるユーロ圏の金融機関への疑念がその後も払拭されず、欧州時間とともに大きく下げ始め、昨日のユーロドルは200pipsぐらい動いています。
...ユーロ圏金融への不安リスク回避円買い、という動きでしょうか。

9月3日のブログに書いたように、私は、手出し無用の相場には近づかず、方向性が出て、しかもリスクが最小のポイントでエントリーするのが良いと思っています。
...この辺の事は、9月21日発売の月刊 FX攻略.com 11月号にも書いています。(チト宣伝です
   またツイッターに書いたように、ブログに動かない!と書くと動き出す、私のアノマリーがあるようです

昨日は、夕方から外出していて十分にマーケットに張り付いてはいられなかったのですが、エントリー・ポイントを決めて、ストップを置けば、あとは自分のシナリオを信じて動いてくれるのを待つだけです。
つまり、相場にエントリーしたら、あとは手をだせませんから、トレードではエントリー・ポイントの判断が全てを決すると思っています。

チャートはユーロドルの15分です。
20100908eurusd15m.gif
ここでは1.279から1.281ぐらいの範囲で揉み合っていたので、直近の上、1.2820ぐらいにストップを置いて1.28で売りました。 これなら損しても20pipsです。

これまでも虹色FXをお読み頂いている方には、見慣れたチャートだと思います。
エントリーポイントも、ストップの設定も、だいたい過去に書いたものと同じで目新しいものはないのですが、逆に言うと、私のエントリーはいつも、こうしたタイミングだということです。

私は基本的にはリミットは置かないのですが、50pipsぐらい利益が乗った時点で決済も考えました。
手の空いたときにマーケットを見ると、1.27ミドルぐらいのことが多かったので、この辺までかなぁ?とも思いましたが、たまたま昨日はマーケットをずっと見てはいられなかったので、建値プラスにストップを変更して、損が出る心配はなかったので、リミットも入れてしまい、約100pipsで決済。
...ただこの円高なので、ドルストレートは円での利益が少なくなるのが残念
   それでも私個人はクロス円はあまりやりたくありません

上手い人はもっと利幅を取ることができるのだと思いますが、私は自分のトレードが上手いとは思ってないので、無理せずマーケットから利益が頂けただけで、ありがたいと思っています。



さて、今日ですが、これもいつもと同じように、昨日大きく動いたので、あまり大きくは動かないと思っています。

ただ流れは、ユーロ売り、ドル買い、円買いで、ドル円は再び83円50へアタックするかもしれません。
こうした攻防の最前線には乗らず、少し手前から乗るか、進んでから乗る方が安心だと思っています。

動きは欧州時間からだと思うので、東京株式の終了ぐらいから注意したいと思います。
また深夜のベージュブック(地区連銀経済報告)にも注目かもしれませんが、私は寝ています

今日も午後から外出しなくてはならず、あまりマーケットは見れないかもしれません。
チャンスと思えば入りますが、慎重に行きたいと思います。
...マーケットを見たときのタイミング、というのもありますし、利益追求より損失回避が第一虹色FXです


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

円高への動き

昨日ドル円は83円50のバリアを粉砕して下落しましたが、83円に届かず反転し84円まで戻りました。
私は昨日のブログで書いたように突っ込んで売ることせず、様子見していました。

さすがにこのレベルでは介入警戒感もあり、円高が一気に80円に向かうという動きにはなりにくいのかもしれません。
また83円50から下には50銭刻みでバリアがあるとの噂もあるようです。

さて今日ですが、ドル円は基本的には下方向の動きを意識しています。
チャートは1時間(拡大版)です。
20100909usdjpy1h.gif
昨日は戻す動きでしたが、それでも84円がやっとで、まだまだ下方向です。
が、次の目標は83円で簡単ではなさそうです。

4時間チャート(拡大版)を見ても
20100909usdjpy4h.gif
明らかに虹は下向き。
現在のところ5EMAと10EMAが接近していますが、ここから下離れするか、上に向かうか注目です。

これらの動きを見ると、ドル円よりクロス円の売りの方が利幅が取れそうです。

ただクロス円でも豪ドルは少し違うようです。
豪ドル/ドルの4時間チャートは
20100909audusd4h.gif
順調に上昇の虹となっています。
特に昨日同じ資源国でもあるカナダが政策金利を引き上げたので、こうした部分でもオーストラリアに期待が入りやすいと思います。

こうしたオージーの動きから、豪ドル/円も他のクロス円とは違い上昇傾向。
20100909audjpy4h.gif
こちらの4時間はまだ虹とは言えませんが、上方向の可能性も高くなっています。
ただ、ドル円が83円を割るようだと、このオージー円も一気に下げてしまうかも知れず、要注意です。

円は民主党の代表選もからみ、いろんな人がいろいろな意見や介入の噂などで振られています。
このような局面では素直にドルストレートの取引が良いのかも知れません。

こうした円高を始めとする直近のマーケットの動きは明日のYutaka Market TVで、YEN蔵さんが解説してくれるかもしれませんから、注目です
...YEN蔵さんとは土曜の金融基礎プログラムマネテクでご一緒していますが、
   ホントにマーケットや経済、そして歴史的背景をよくご存じです。(当たり前でしょうけど
   こうしたプロの知識、視点を理解する事は、私たちの相場にも有効だと思います。
   ちなみに今週は、マーケットの美人投票がテーマです


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた


追 記
12時50分 マネテクの次回テーマなどを加筆しました。

円高一服

昨日は、豪ドルを除く、どの通貨ペアも小動きで、大きな動きにはなりませんでした。
そんな中でも昨日のブログで注目した豪ドルは堅調でした。
やはり4時間チャートが虹になってくると、強いトレンドとなっていきそうです。

さて、今日ですが、円高方向の動きも昨日は安値を更新できず、また来週火曜日には民主党代表選挙があり、ここで小沢氏が代表となると、単独介入もありえるような気配から、円買いは一服となりそうです。

チャートはドル円の4時間足です。
20100910usdjpy4h.gif
一昨日の安値を底にひとまず戻しています。
特に虹のチャートは4時間も乱れてきていて、ここからは少し上昇するかもしれません。
ただ、それでも戻りは84円ミドルから85円20ぐらいで大きく円安になるとは思えません。

今日は週末の金曜日でもあるので、今週の円買いポジションの調整などで戻すかも知れませんが、基本的には円買い相場で、戻りは売りたいと思っています。

今のところ4時間チャートで虹となっているのは、下向きのユーロドルと上向きのオージードル、そしてオージードルとドル円の上昇で、オージー円も上昇の虹になりつつあります。

この豪ドルの動きが先駆けとなり、景気楽観センチメントで円安・ドル安方向に向かうのか、ここは一時的な調整の戻りなのかを見極めたいと思っています。


TV東京の朝の金融ニュース番組・モーニング・サテライトによれば、昨日からユダヤ教の正月ということで、しばらくマーケットは閑散としそうです。
今日は午後7時からYEN蔵さんがYutaka Market TVで秋相場について解説されますし、明日は私がディレクターをしているフォレックス・ラジオの経済トーク番組マネテクの第6回放送があります。

方向性がハッキリしなくなってきた相場では無理せず、ゆったりと今後の動きを考えるのも良いかも知れません。
週末の金曜日でもあり、無理しないようにしたいと思います。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

民主党の代表選挙

明日(14日)に政権政党である民主党の代表選挙を控え、円のマーケットは動きにくいのかもしれません。

当初は、菅総理が圧倒的に優位だったようですが、円高の進行などから、為替介入も辞さないという小沢さんにも注目が集まるようになり、それとともに円買いは一段落。
金曜日のブログの通り、円高は一服しています。

この動きには米株の上昇もあると思われ、単に為替介入への警戒感だけではないでしょう。

為替介入については、95年の円高の際にNHKがいくつか特集を組んでいました。
少し古い資料ですが、1994年11月4日放送のNHKスペシャル「マネー・ウォーズ」では1ドル100円割れの攻防を取材していて、当時のディーリング・ルームの様子を見ることができます。
もしNHKオンデマンドで見ることができれば、為替介入の際のマーケットの動きの参考になると思います。
...NHKオンデマンドを検索しましたが、この番組はありませんでした。   
   ショボイぞ! > NHKライブラリー


さてマーケットですが、金曜日は豪ドルが強く、今朝も豪ドルは堅調です。
20100913audjpy1h.gif
チャートは、豪ドル円の1時間ですが、虹を描いて順調に上昇しています。
ただ、今朝の窓(部分)が気になり、窓埋めされるかもしれません。

ドル円の1時間は少し上向きです。
20100913usdjpy1h.gif
しかし、まだ虹の7本ラインは長期線が揃わず、また短期線も下げて来ていて、虹が出ているとは言えません。ここから再び上昇していくと、虹が出るかも知れません。


ここにチャートは出しませんが、ドルストレートもドル売りで堅調というわけではなく、ポンドなどは方向感がなく、各通貨でバラバラな動きになっています。
このような局面では、少なくとも4時間と1時間で虹が現れないと、他の通貨の動きの影響を受けて思わぬ動きをしそうなので、見極めが必要だと思ってます。

まだ月曜のアジア時間なので、本日夕方からの欧州勢の動きを見てから、戦略を考えたいと思います。
相場に動きがあれば、あとはTwitterで書くかも知れません。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


明日に民主党代表選挙を控えていますが、クリントンが大統領になったときのように、全ては経済問題だ!というような経済に強い人に総理となって舵取りしてほしいと思いますが、金融はおろか、事業経営もしたことのない人たちばかりが議員になっているので、無理かも知れませんね。
多少サラリーマンや役人を経験したとしても、本当の意味でマネジメントしたことがない人が、国家をマネジメントできるのか、大いに疑問ですが、これも私たちが投票した選挙結果なので仕方ありませんね。


ではまた


追 記
11時45分 NHKオンデマンドに円高の番組がないことを書き足しました。

円の動きに注意!

日本の首相を決める民主党の代表選挙の投開票が本日あります。
夕方4時頃には民主党の新代表=新総理が決まる予定で、ここへ向けて円は調整さえているようです。

昨夜はドル円が安値を更新(円高を更新)し、クロス円も下落しましたが、今日の午前で戻されています。
方向感がないうえ、世界中でこのチャンスに勝負をかけようというファンドなどがありそうで、アマチュアの私には危なっかしくて手を出せません

マーケットの動きに詳しい西原宏一さんのブログでは、ドル円などは円の動きに応じてヘッジファンドなどが参戦準備完了という様子みたいです。

チャートはドル円の4時間です。
20100914usdjpy4h.gif
昨夜は米国時間になると売られて一気に下げていき、年初来安値を更新しました。
大きな流れは4時間や日足の虹が示すように下向きで、今日の代表選で上がったとしても、そこは売場になりそうです。

昨夜のFOREX RADIOマンデーFXで、今後の相場について無茶ぶりされたayakaちゃんが答えたように、多少は円安に動いたりしつつつも、大きな流れは変わらず円高方向、ということだと思います。
...マーケットを全く知らなかったayakaちゃんもマンデーFXのアナウンサーをしながら、
   ずいぶんマーケットや金融を勉強してきました。 この意見を聞いたときは、思わず拍手でした


代表選のからみで、ドル円・クロス円は思わぬ動きになりそうなので注意が必要だと思います。
私はギャンブルは好きではないので、確実に儲かる通貨とタイミングを選んでトレードしたいと思います。
そういう意味では、円は外し、ドルストレートの方がいいかもしれません。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

介入相場

週末の土曜日に発表された中国経済指標を好感したようで、マーケットはリスク・オンの動きになりました。
こうしたときに動きやすいのが豪ドル
昨日ツイッターで書いたように、私は0.934付近で買い、約100pips
しかしドルストレートは円高なので利益としては円に比べ2割減

チャートはAUDUSDの1時間です。
20100915audusd1h.gif
典型的な虹の押し目買いのチャートになっています。

さすがに一気に上がりすぎたので、今日は少し戻していますが、豪ドルは上昇の流れが継続しているので、押し目を拾いたいところです。

と、ここまで書いたら
マーケットに日銀が介入したようです。
これでしばらくドル円・クロス円は、上がったら売るという売場探しのマーケットになりそうです。


しかしこれで政府はパンドラの箱を開けてしまったので、今年後半は介入し続けることになりそうです。

日本政府の介入でドル買いになるとは思えず、昨日もドル売りの1日だったことを考えても、日銀の戦いはながくなりそう。
前回、2003年か04年の介入も半年以上続き、37兆円ぐらい使ったはず。
介入より、外貨準備で海外資産を買うとかの方がインパクトもあったように思うのは、素人考えですかねぇ...

ちょうどこの辺の2003年~2004年の介入当時や、1995年のドル円史上最高値79円75をつけた1994年~1995年の介入当時の話を9月13日(月)のマンデーFXで話しています。
この当時マーケットにいた2人のディーラーの話しは興味深いと思います。


マーケットが毎日儲けをくれるはずがない、と思ってるので、今日はお休みかもしれません。
個人がFXに参入してから、ほぼ初めてといえる介入相場などでどのように動くか注目です。
...2003年~04年も個人のFXはありましたが現在の規模ではなかったと思うので

昨日のようにトレードチャンスと思えば、またツイッターにでも書くかも知れません。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

介入は続けられるか?

サプライズとも言える介入の1日でした。
私も少し円が戻してるなぁ...ぐらいでブログを書いてましたが、介入との事で驚きました。

昨日は日本政府の断固たる意思にマーケットは敬意を表して、ドル円は85円後半まで円安になりました。

昨日1日で2兆円規模の大規模介入だったようです。
しかし、これくらいの規模の介入をずっと続ける事はできず、またそれだけつぎ込んでも86円にも戻せませんでした。

もし90円台や100円に戻そうと思うなら、それこそ50兆円か、もしかしたら100兆円が必要とされる話が真実味をおびてきます。
...巨額の財政赤字にあえぐ日本に、そんな資金があるとは思えません。
   日本の経済構造の抜本的改革しかないと思いますが、既得権益との戦いでしょうか。
   ちなみに既得権益者は役人だけでなく、民間の正規雇用者や労働組合が入ると思ってます。
   だから、簡単に改革できず、だらだらと日本は弱っていきます

昨日は敬意を表してくれましたが、マーケットは利益を追求するところです。
歪みがあれば、世界中の参加者がそこを徹底的に攻撃して利益を追求しますし、攻撃が優勢となれば、他の参加者もみんな乗ってきます。 そうなれば、日本はおろか、協調介入でも止められないでしょう。

チャートはドル円の日足です。
20100916usdjpy1day.gif
マーケットの流れは、虹が示すとおり明確に下向きです。
昨日だけ大陽線になっていますが、虹のラインは変わらないので、流れが変わるまでにはなっていません。
よって、円高の流れは続くと考えています。

ドル円の1時間チャートです。
20100916usdjpy1h.gif
1時間チャートでは菅政権継続となった火曜日は再び下向きの虹となってきていましたが、昨日の介入で虹はひっくり返りました。
しかし、直近は少し円高方向に動きつつあり、85円をキープできないと厳しいかもしれません。
この辺が日銀や政府の姿勢をみるのに良いかも知れません。

また既に米国議会からは今回の介入についてクレームが出ています。
こうした状態で長期間・大量資金で介入を続けるのは政治的にも財政的にも難しいと思うので、介入効果は長くて9月末ぐらいではないでしょうか。
...この辺は今朝のTV東京 モーニングサテライトの左バナー「今日のオマケ」が面白いです
   元日銀のJPモルガン・チェース銀行の佐々木融氏が興味深い読みをしています..これアリかも


日銀の介入がどれだけ効果があるか、マーケットとの闘いは今日からが本格化すると思っています。
いつも以上にマーケットが面白くなってきました


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

介入目標はどこか?

昨日は介入はなかったようですが、一昨日の介入効果でマーケットはあまり動きませんでした。
このため1時間チャートのボリンジャーバンドは狭まっていて、上か下へブレークしても良いような形ですし、チャートは出しませんが日足ではボリンジャーバンドの上限で止められている形です。

チャートはドル円の1時間で、ボリンジャー・バンドを表示しています。
20100917usdjpy1hbb.gif
今日は金曜日ですし、日本は来週月曜が休日で連休になりますし、その翌日の21日にはFOMCがありますから、日本政府がさらに押し上げるなら、今日が勝負かもしれません。
1時間のボリンジャーバンドが上にブレークし、日足のボリンジャーも上限を越えて上に動き出すのかもしれません。
虹も1時間は上向きに出ていて、上方向への動きを示しています。


しかし、そう簡単行かないのがマーケット
昨夜のツイッターにも書きましたが、ドル円は85円後半で攻防しているようです。

こちらのチャートも同じドル円の1時間で85円86付近が攻防ラインだと私は考えています。
20100917usdjpy1h.gif
このチャートは1日ごろに区切り線が表示してあり、一昨日の急上昇と、昨日の小動きがわかります。
現在の攻防ラインと考える、このピンクのラインは、昨夜1度はわずかに上抜けしましたが、今日は戻されたうえ、下方向に向かって虹も乱れてきています。


ツイッターで書いたように週足を見るとここが攻防ラインかもしれないのがわかります。
20100917usdjpy1week.gif
この85円86レベル(ピンク線)は昨年11月の安値でここを上抜けると、次は87円07レベル(ピンク破線)ですし、その上は88円(ブルー破線)のレベル。
これらの抵抗線を1つずつ上抜ければ、今度はそのラインが支持線になるわけで、攻防ポイントだと思います。

政府や日銀の人も、当然これらのラインは意識しているはずで、どの辺が目標なのか気になるところです。

まずは現在の86円手前が上抜けられるかに注目しています。
ここが抜けないと、結局2兆円を使ったものの83円~86円のレンジになるかもしれません。
ここの攻防が今日の注目点だと思います。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


今日は週末金曜日ですし、日本は月曜日もお休み。
よい週末をお迎え下さい。

そして、お時間のある方は、土曜日夜8時からのマネテク(MoneyTECH)をお聴き頂ければと思います。
今週は、利回りについてYEN蔵さんに教えていただきます。
ではまた


介入の賞味期限

先週の日本政府の為替介入は、十分に成功したようで、昨日もドル円は85円50を維持できました。
しかし、そろそろ賞味期限が近づいていて、下方向への動きが出つつあるように思います。
昨日は日本が休日の中85円50がアタックされましたし、今朝も既にドル円は下方向に攻められています。


チャートはドル円の4時間です。
20100921usdjpy4h.gif
虹の法則から言えば、5EMAと10EMAが接触して、このままだとデッドクロスしてしまいそうです。
こうなると下方向への可能性が強くなり、本格的に下落するかどうかはまだ判断できないとしても、上昇は止まっています。

ここでは昨日サポートされた85円50が本日もサポートされるかどうか
もし割り込むなら、どの水準でサポートされるか に注目だと思っています。

また本日はFOMCが開催され、何らかのアナウンスがあるにせよ、ないにせよ、今回の介入の賞味期限はこのFOMCまでではないかと思っていて、現在の85円台の水準を維持するには、日本政府が何らかの手を打つ必要が出てくるのではないかと思っています。


先週金曜日のブログで書いた水準が介入の目標値だとすると、このFOMCのタイミングに合わせて、再び介入するなそ日本政府のアクションがあるかもしれませんし、ここでもう1段の実弾を入れないと、86円も上抜けられずに再び落ちてしまいそうです。

金曜日のブログで示したように、仮に介入の目標値が87円や88円にあるなら、85円50は維持したいところではないでしょうか。
ただ、介入が続くと効果は薄れますし、ずるずると資金を使ってしまうことにもなるので、実はあまりやりたくないのかもしれません。

いずれにせよ、今日のFOMC前後のマーケットには注目だと思ってます。


ちなみに私はこうした円より、ドルストレートでトレードしていて、昨夜はAUDUSDなどを取引しました。
6年ぶりの介入でマーケットの話題としては面白いのですが、安心して儲けるには、虹のチャートがわかりやすく、騒がれていないドルストレートの方がいいと思ってます


本日はFX攻略.comの発売日でもあります。 今月号では、待つ相場について書いていますので、ご興味のある方はお読み頂ければと思います。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

危うきに近寄らず

昨夜のFOMCは、金融政策を変更せず、噂されていた追加緩和は決定しませんでした。
しかし、追加緩和を強く示唆したことから、ドル売りとなり、ユーロドルは上昇、ドル円は下落しました。
ドル円は85円を割れ、84円台に入り、介入効果はもう薄れているようです。

チャートはユーロドルの1時間(zoom)です。
20100922eurusd1h.gif
チャートの21時(日本時間の深夜3時)のFOMCで急上昇しているのがよくわかります。
昨日はFOMCに注目が集まっていたので、その前の時間は(部分)は小動きでしたが、他の重要指標発表と同じように虹色FXのルール通りトレードはしませんでした。
...FOMC前の動きは参加者が少ない中で振られる展開だったようにも見えました。 コワイ、コワイ


チャートを見ると、結果的には、虹の通りに動いているので「買い」で待っていても良かったかも知れませんが、たまたま上方向に動いたからそう思えるのであって、やはり予測できない指標発表の時間はトレードを避けるべきだと思っています。

ここで取れなくても、流れができれば利益を取るチャンスはいくらでもあるので、虹色FXの考え方通り無理や思いこみのトレードは回避します。



さて、こうなるとドル円はドル売りで下落。
今朝は85円を割り込みました。
20100922usdjpy1h.gif
このチャートも昨夜3時に大きく下げていることがわかります。
ドル円は、本来のドル売り・円買いの流れに戻ってしまったので、次はどこの水準で日本政府が介入に入るかが注目だと思います。
おそらく前回の83円割れ水準では介入が入ると思いますので、マーケットは83円に向けて売り仕掛けしてくるのではないでしょうか。


こうなると、今日にも円高水準によっては介入が入っても不思議ではなく、ドル円やクロス円のマーケットには手を出しにくいと思っています

まずは安定していそうなドルストレートで押し目買いが良いと思っています。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。



ではまた

スッキリしない

今週は日本の祝日が2日もあったり、中国も22日から24日までお休みだったり、国連総会が開かれてたり、原因不明でハッキリしない相場になっているように思います。
...個人的に休日や雑用で忙しくトレード気分が乗ってないのかもしれませんが

さてそのスッキリしないマーケットですが、今日はユーロドルに注目しています。
20100924eurusd4h.gif
チャートはユーロドルの4時間ですが、虹のチャートは押し目買いポイントになりそうなラインを描いています。
まだ十分に買える段階ではありませんが、もう少し上昇するなり、短いチャートが上昇を示すなりしたら、買いのタイミングかもしれません。

今週は気分が今ひとつ乗ってないので、こういう時は無理せず、十分に引きつけてから行くのが私流です。
...ちなみに気分がいいときは、相場が見えるんじゃないかと思うほど予想通りに動くので
   トレーディングにおいて心理状態はとても重要だと思っています


さて一方は、ジリジリ下げてきたドル円
先週の介入以降、急に入る介入は、911のような予期せぬ重大事件と同様の効果をマーケットに与えるので、私は円の取引は控えています。
...危うい可能性のある場面は避けるのが賢明だと思ってますので

チャートはドル円の4時間です。
20100924usdjpy4h.gif
84円20付近には日銀かもしれない買いが大量にあるとの噂もあり、ここから下がりません。
虹色チャートでも、下に行くか、上に戻るかわかりにくいチャートになっていて、介入のおかげで円の動きは読みにくくなっています。
また国連総会出席のため菅総理が訪米中ですが、ここで各国首脳との会談や、少なくとも官僚レベルでは今回の介入について各国への根回しや弁明をしていると思われ、これまで強い批判が出ていないことからも今後も介入は継続するかもしれません。

私には各国政府の動きは読めないので、まずは虹の動きに従って、安全なところでトレードしたいと思っています。


また今日は週末の金曜日であり、また半期末も近いことからポジション調整の玉があるかもしれず、特にドル円・ユーロ円はこの辺に注意したいところです。(私はしばらく円はトレードしませんが、でも豪ドル円はやるかも...)

明日の夜8時からのマネテクでは、YEN蔵さんが中央銀行について話してくれると思いますので、そちらもお楽しみに

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


では、素敵な週末をお過ごしください

ドル売りの流れ

先週のFOMCから、ドル売りが顕著になっているようです。
次回の11月のFOMCでFRBがさらに緩和政策を採るとの思惑でドルは売られ、ユーロドルは1.35目前まで上昇しました。

チャートはユーロドルの4時間です。
20100927eurusd4h.gif
金曜日のブログで書いたように、ユーロドルは虹のチャートが押し目買いポイントであることを示していて、1.33付近から1.35付近まで上昇しました。
私は17時のIFOで動き出した時には乗れず、第2波で乗りましたので思ったほど取れませんでした。
IFOを甘く見てたのが失敗で、やはり指標発表時は注意しているべきでした

さてユーロドルですが、ほぼ1.35付近に来ているのでこのまま1.40や1.50へ上昇するかは少し疑問もあります。
チャートはユーロドルの週足にフィボナッチを引いたものです。
20100927eurusd1week.gif
昨年11月25日の高値1.5144の後、ギリシャ危機やユーロ危機でユーロが売り浴びせられ、6月7日の1.1876まで下落を結ぶフィボナッチを引くと、ちょうど1.35付近が50%戻しになります。
現在のユーロドルはこの付近で、ここから上に向かうとしても少しは調整があるかもしれませんし、売りが待ちかまえているかもしれません。
...もっともその前にも1度50%にトライしているので今回で調整は終わったとの見方もあります。


一方のドル円は、ドル安で円買いとなりつつも、9月15日の介入が効いていて下値も限定的だと思います。
20100927usdjpy4h.gif
チャートはドル円の4時間足ですが、介入で一気に暴騰しており、当面はこの83円から86円のレンジかもしれません。

円は金曜にも介入らしき玉で急騰していて、やりにくいと思ってます。
特に私のようにストップ幅を狭くエントリーする場合は、イヤな感じです

ドル売りの流れに乗りつつ、月末要因に注意して行きたいと思ってます。
なお月末なので、ユーロポンドなど月末要因で動く通貨ペアや、半期末による輸出企業の円買いや投信設定による円売りに気を付けたいですし、円売りの玉が大きいと介入警戒と合わさって思わぬ上昇となるかもしれません。
この辺も円の動きには注意したいと思っています。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

月末と半期末

昨日ユーロドルは1.35まで到達し、止められました。
ひとまず目標達成でしょうか。

金曜日のマーケットは少し動いたので、月曜はほとんど動かず、いつも通りの展開でした。

チャートはユーロドルの1時間です。
20100928eurusd1h.gif
金曜日の動きがブルー■部分で、昨日がピンク■部分です。
いつも書いていますが、大きく動いた翌日は小動きになることが多く、特に明確なテーマがない場面ではこうした展開になりがちです。

今日はここからさらに1.35を越えて上に行くのか、もう少し調整されて下へ行くのかが注目です。
ただ月末はユーロポンドが動くことが多く、ここでポンド買いに動くとユーロドルも下げるかも知れません。
いずれにせよ虹の動きを確認しつつ、思ったように動かないと思ったら早めに撤退してしまうのが良いと思います。

ここ数日は、月末と半期末のレパトリや投信の円売りなどの動きにも注目ですが、私は振られる相場は好きではないので、ドル売り基調が明確なドルストレートに絞っています。


さて、少し脱線ですが、昨夜のフォレックス・ラジオ MondayFXはUstreamでも見ることができます。
今回はもはやベテランとなりつつある女子大生アナウンサーAyakaちゃんに加え、これから番組に参加するRinちゃんも参加しています。
...私は映ってませんが、ディレクターをしています
   前回のUstreamでは手前に私の頭が映っていたので、今回はカメラ配置を変えました。


Ayakaちゃんも半年以上番組に関わり、金融の話しもできるようになってきました。
これからのアナウンサー試験にがんばってもらいたいところです。

アナウンサー志望のみならず、金融志望やや就職活動の勉強に金融を勉強したい大学生の方は、毎週土曜日の金融初心者向け番組マネテクの番組サイトからご連絡下さい。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

今日は介入があるか?

昨日はドル売りとなり、ドルストレートはそこそこ動きました。
私はブログやtwitterで注目していたEURUSDを1.34ミドルで買い現在もホールド。
おそらく今日はドルストレードはあまり動かないので、今日中に決済するかもしれません。

また昨日twitterで買い場かもとつぶやいたGBPUSDは徐々に上昇してきていますから、もう少し上昇して1時間の虹が出てくれば買ってもいいかもしれません。

ただ昨日のブログで書いたように月末はユーロポンドの動きがあるので、こちらも見ながらになると思います。


それより、今日の注目はドル円です。
20100929usdjpy4h.gif
チャートはドル円の4時間足ですが、9月15日の介入で急騰してからジワジワ下落し、昨日は83円台に入ってきています。
介入で一気に上向きになった虹も、下落と共に反転して今は下向きの虹になっていてトレンドは下になってきました。

しかし明日30日が半期末であることを考えると、今日あたりもう1度介入して85円台で輸出企業の中間決算を支援したいかもしれません。

マーケットでも今日あたり介入があるかに注目していると思います。

一方、ドル円より輸出企業への影響が大きいと言われるユーロ円は順調に上昇しています。
20100929eurjpy4h.gif
チャートは4時間足です。
ドル円と同様に9月15日の介入で流れが変わり、その後のユーロドルの上昇にも乗って、上昇トレンドを描きつつあります。
ユーロ円が110円を割っていれば介入もありそうですが、113円台なので、介入するか微妙な感じがします。

またよくYEN蔵さんが言われるように、株価を意識している面もあるようで、現在の9000円台ではひとまず介入しなくても良いようにも思えます。

こればかりは実際に政府が動くかどうか誰もわからないので、介入警戒をして円買いは控えた方がいいのかもしれません。

私はこれまでもブログで書いたように、円は取り引きせず、ドルストレートで虹のサインに従って、できるだけ安全にトレードしたいと思ってます。


※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた

期末要因

今日で日本は上半期が終わる半期末で、また欧米でも四半期末、そして月末と特殊要因が揃ってます。
8月末の要因は単に月末でしたが、今回はいくつかの要素が重なっているので、注意したいと思っています。

9月15日の介入以降は、円は捨て、ドルストレートをトレードしている私ですが、今日はユーロとポンドが動きやすいので注意しています。
...キープしていたユーロドルは10時台の下落で決済されました。
   一昨日のポジションは170pipsでしたが、今回はピラミディングしたのでもう少し増えました。
   ひとまず今月の目標(最低限)は達成です

チャートはユーロポンドの1時間です。
20100930eurgbp1h.gif
ユーロ買いで上昇していましたが、少し落ちてきました。
このユーロの下落で私のユーロドルはストップにかかりましたが、月末なのでこれでいいと思ってます。

ただユーロポンドも4時間は上昇の虹になっていることから、基本的には上昇とみています。
月末なので、危険回避していますが、再び上昇の気配であれば、ユーロドルでユーロ買いを考えます。
...たぶん今日か明日が押し目買いポイントになるのではないでしょうか。


ドル円は昨日のブログで、昨日あたりで介入があるかと思ってましたが、無かったようで83円50付近まで下げました。
やはり83円割れ近辺でないと介入は入らないのかもしれません。
この辺は27日のMondayFXで、中国との尖閣諸島問題も含め、日米中の外交・経済問題とも含めて話していたと思います。
...そこでは83円での下支え介入はOKでも、86円を越えての押し上げ介入はNGという感じ。

また本日は財務省から外国為替平衡操作実施状況についての報告がでるので、今回の介入が15日だけだったのか、その後も介入を続けたのかなどが推測される資料が出てくるのにも注目です。

※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置のカテゴリ欄をご参照頂ければ、
虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などが見つかると思います。

左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、随時つぶやいています。
このごろは雑談も多いのですが、Twitterをお使いの方は気軽にフォローして下さいね。
Twitterはわからないという方も、[登録]してアカウントを作成すれば、簡単に読むことができます。


ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ