方向感なく...待ち

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日は、英国も米国も休日だったこともあり、あまり動きませんでした。
多少の上下はあるものの、緩やかな流れは円安で、昨日のブログで書いたように動き出すのを待つ日でした

昨日のFOREX RADIO MondayFXでも、番組ホストのYEN蔵さんも1週間ぐらいポジションを持たない場合もあると話してましたし、ゲストの鷹鳩さんも、ディーラーの仕事は、待つことと話していて、2人の元インターバンク・ディーラーは、無理にマーケットに入らず、チャンスを待つことが重要だと言っていました。
...Twitterでも書いたように、私もそう思います。

ただ、マーケットはいつ動き出すか、誰にもわからないので、日々のマーケット・チェックは大事だと思っていますので、今日のマーケットを検討してみます

まずは今年の主役、ユーロ
チャートはユーロドルの4時間足です。
20100601eurusd4h.gif
これまで一方的に下げていたユーロですが、先週あたりからひとまず下げ止まりを見せていて(の部分)、1.21~1.24ぐらいで方向感がなくなりつつあります。
...私は5月24日のトレードが最後でそれ以後はトレードしていません。

大きな虹の流れは下向きですが、短い動きのEMAが集まってきているので、方向感がなく、反転の可能性すらあるかもしれません。 ここで思いこみでユーロを売ることはできません。


次はドル円の4時間です。
20100601usdjpy4h.gif
こちらも緩やかに円安方向に動いていますが、ユーロドル以上に虹のラインは乱れていて、上に行くのか、再び下へ行くのか、全くわかりません
当然、これも様子見だと思います。


もうひとつ、普段は出しませんが、本日RBA(オーストラリア中央銀行)が政策金利を発表する豪ドル円を見ます。
20100601audjpy4h.gif
これも4時間チャートですが、クロス円はドル円に似た動きをしていますね。
オーストラリアは経済も堅調ですし、国債発行もなく、財政も健全で基本は買いだと思ってます。
しかし、利上げが止まったことと、欧州金融危機で一気に下げている状態です。

今後75円後半のラインを維持できるかに注目しています。
ここを割り込むと下への圧力が強くなりそうですし、このラインを維持できれば、利上げの再開と共に上昇が予想されます。
虹色チャートでは、ドル円と同様に方向感がないので、様子見が良いと思ってます。


ではまた

ポンドに注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日は往って来いの展開となり、急な下げで慌てて売った方はストップを取られたかもしれません。
しかし、4時間チャートで鮮明な虹が出ていたのはEURGBPだけだったので、これを売った方はしっかり儲かったと思います。

昨日の急変相場を演出したのが、ポンドではないでしょうか。
今日も引き続き、ポンドは上昇しています。

正確な情報はありませんが、昨夜のBOC(Bank Of Canada:カナダ中央銀行)利上げから、一部にBOE(Bank Of England:英国中央銀行)も利上げするかもしれない?という憶測が働いたのかも知れません。
...英プルデンシャルと米AIGの買収交渉にからむ思惑との情報もありますが、こうした情報はマーケットに詳しいYEN蔵さんや、西原宏一さんのブログを参考にされた方が良いでしょう。

カナダは一応、G7の加盟国で欧州の金融危機など世界的なことも考慮する立場と思いますが、それを言ったらG7にはイタリアも入っているわけですからねぇ...G7が世界のリーダー的存在ではなくなっているように思います

さて、そのポンドですが、チャートはポンドドル(ケーブルとも言います)の日足です。
20100602gbpusd1day.gif
ちょっと前まで1.5前後にあったイメージだったのですが、ユーロドルの下落に連れる形で急落し、1.42台まで下落しました。
その後、上昇に戻りつつあり、1.48レベルを超えてくると1.5が見えてきます。
当面はこの1.48手前に注目しています。

チャートは出しませんが、1時間は鮮明な虹になっていますし、4時間も上昇中。
1.48を越えて1.5に近づくと4時間も虹になってくるかも知れず、方向感が明確になってくると思われるので注目です。


ポンドを考えるとき、私がもう一つ見ているのが、ユーロポンド(EURGBP)です。
20100602eurgbp1day.gif
昨日のブログに頂いたコメントにも返信したように、ユーロポンドは4時間でも鮮明に虹を描いていて、ユーロ売り・ポンド買いになっています。

このポンド買いの勢いが、ポンドドルにも(ポンド円もですが)出ているように思います。
ただチャートにをしたように、少し売られ過ぎかもしれないので、注意しています。
ここで大きくユロポンが戻すとは思いませんが(流れは明確に下ですから)、GBPUSD・GBPJPYの高値買い、EURGBPの安値売りには気を付けたいと思ってます。

今朝は鳩山首相が辞任し、若干円安傾向かもしれませんが、しょせん日本の政治ですからマーケットに大きなインパクトはないと思っています。
...しっかし、民主党でも自民党でも、結局は腹をくくってリーダーシップを取れる政治家がいませんねぇ。
   自分の次の選挙や後継者などを考えず、国民の将来を自分より優先して考える人に政治を任せたいものです。


最後はちょこっとグチってしまいました

昨日のテレビ東京 モーニングサテライトで、ジム・ロジャースがインタビューに答えて、今後5年から10年で「日本は生活水準の低下を受け入れざるを得ない」と言っており、私もそう思います。
...政治の無策が残念ですが

そうした暗い未来に備えるためにも、いまから金融を知っておく必要があると思っています。
今日はFXに興味のある方が6名ほど集まっていて、話を聞きたいとのことで、これから外出です。
金融に興味を持つ人が増えるのは良いことだと思いますし、私でお役に立つなら協力したいと思っています。


ではまた

菅首相なら円安?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日のマーケットは久しぶりに日本が主役だったかもしれません。
その理由はもちろん、民主党・鳩山首相の辞意
これ自体は大して動く要素ではなく、私も昼頃までは「大して影響ないなぁ...」ぐらいに思ってたのですが、次期首相に菅直人・副首相兼財務大臣が有力視されると、財務大臣就任時の「95円が適切」というような発言が思い出され、円安政策を進めるとの憶測から円安に動いています。

もちろん要素は、日本の政治だけでなく、欧州も落ち着いていましたし、NYダウが堅調で200ドル以上上昇する、先行き楽観派が多く、リスク回避からリスクテイクへ動きが変わって円売り・ドル売りとなった部分も大きいと思います。
...チト脱線しますが、幹事長にも責任を取らせ、また首相経験者は次の総選挙に出ないというのは面白い
   これまでは首相経験者も議席に固執し、比例代表で戻ってくる人もいましたから、新鮮でした。


さて、昨日のブログでは、ポンドに注目と書きましたが、ドル売り・円売りとなったので、ポンドだけでなく、ユーロ、豪ドルなどこれまでリスク回避で売られていた通貨が買い戻されて上昇しています。

チャートはポンドドルの1時間足です。
20100603gbpusd1h.gif
個人的には昨夜18時過ぎにTwitterで書いたとおり、ポンドドルは一旦1.46割れまで下落して再び上昇しており、ポンドに関しては予想通りの展開で満足しています。


さて、ここからの注目は、実はかもしれません

リスク選向(リスクテイク)の動きから、これまでの欧州金融問題で買われていた円が売られています。
これには菅財務大臣が首相になる可能性による円買いもあるでしょう。
さらに明日の金曜日は米国雇用統計で予想では労働市場は大幅に改善されるとのことで、ここでもドル買い円売りの可能性が高まり、面白そうです。

チャートはドル円の日足です。
20100603usdjpy1day.gif
日足で見ると、88円から95円の範囲で方向感なく動いていて、虹は現れず、7本線はみだれています。
しかし、明日の雇用統計が良いと、米国経済の回復という楽観派が台頭してさらに円安ドル高となり95円を目指す展開かも知れません。
...そういう意味では、ちょっと面白そうです
   まずは4時間足が虹になるのを待ちたいと思います。


欧州の問題が落ち着いてくると、今週末あたりは転換点かもしれません。


※私はこんな風にいくつかの通貨についてまとめて書いてしまいますが、ネタを別々に書けばアクセスも増えるよ、とのアドバイスを頂きました
しかし、私はブログ・ランキングとかに参加していませんし、基本はトレーディングなので、ブログは1日1回でいいかなぁ...と思ってます。
もしご意見があれば、お気軽にコメントやメールして下さい

ではまた

円高にも警戒?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日は欧州時間に円が買い戻されたりしましたが、特に大きな動きはなく、静かな1日でした。

昨日のブログで「菅首相なら円高?」と書きましたが、今日の日本経済新聞でも、同じような見出しがありました。

政治のことは不透明ですが、菅総理が誕生する方向のようです。
...こうなると、円が買い戻されるかもしれません。
   噂で買って、事実で売る(Buy the rumor,sell the fact)ということはよくあることです

ただ、本日は米国雇用統計があり、動くならこの結果で動く、ということになると思います。

今回の雇用統計は、非農業部門雇用者数(Non Farm Payrolls)が50万人を越えるとの予想がありますが、実は国勢調査による一時的な雇用がかなりあるらしく、民間雇用の数字が20万人を大きく割り込むようだと、ドル売りになるかもしれません。
その予兆として昨日の米国指標は、悪くはないが予想より低くく、何かがトリガー(引き金)になれば、円買い、またはドル買い・円買いに動く可能性があると思います。

ですが、こうしたファンダメンタルズの分析は私の得意ではないので、マーケットのプロであるYEN蔵さんのブログで書かれることを期待し、私は虹色チャートで考えたいと思います

まずは、ドル円の日足です。
20100604usdjpy1day.gif
昨日のブログで貼付したチャートとあまりかわりませんが、昨日も上昇し、密集しているラインの束を5EMAが上抜けしています。
まだ、虹になるのは、ほど遠いのですが、当面は93円、そして93円ミドルを越えると95円に向かうと思われます。

これは政治に絡む円売りもあると思いますが、堅調な米国経済によるドル買いの側面も強いと思っています。
...このため今夜の雇用統計に注目です


ドル買いの動きとなると、ユーロドルは下落となるわけで、チャートは出しませんが、ユーロはずっと下落です。
このため、ユーロ円などのクロス円の動きには注意が必要だと思っています。
...またクロス円はこの数日の円売りで急に上がりすぎた気もします


チャートはユーロ円の1時間足です。
20100604eurjpy1h.gif
昨日は1時間チャートが順調に虹になりかけたところで、下げてしまいました。
しかし、大きく下げ続けるわけではなく、ひとまず上向きに戻りつつありますが、このようにアッサリ下げてしまう動きには注意が必要だと思っています。


これを4時間チャートで見ると
20100604eurjpy4h.gif
同様に下落していますが、20EMAでサポートされたことがわかります。
まずは、昨日の高値を上抜けできるかどうに注目でしょう。
...20EMAの特徴は、私が連載コラムを書かせて頂いている月刊誌 FX攻略.com の4月号でも書いています。



本日は、世界中の金融関係者が注目する米国の雇用統計です。
指標発表を控えてあまり動きはないと思いますが、ユーロ下落、ドル上昇の大きな流れの中で、政治がらみの円の動きにも注目だと思いますし、昨日チラッと出た北朝鮮の好戦的な動きもリスクとして認識しておいた方がいいかもしれません。

そして今日は週末金曜日なので、いつものように週末特有の注意もしておきたいと思います。


では、良い週末をお過ごし下さい

ドル円の動きに注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


金曜日は大きな動きになりました。

金曜日のブログtwitterで書いたように、ユーロドルが1.20を割り込み、NYダウが大幅下落すると、一気にリスク回避の動きとなり、円高となりました。

理由にはいろいろあり、まず米国雇用統計が予想より弱く、特に民間需要が大幅に悪かったこと、フランス首相が「ユーロとドルは等価」という発言をしてしまったり(あとで訂正してますが、等価=パリティ=1.0ですからね)、ハンガリーがギリシャ同様に政権交代したら粉飾されてたとか、出ていましたが、要するにマーケットに売りの流れができてしまえば、それをうち消すだけのニュースが出ないと消えません
...だから虹の流れが重要だと思ってます。

さて、そうした中、昨日のブログに頂いたコメント欄にも書きましたが、案外今日は戻ってしまうかもしれないと思ってます。

それはドル円の動きです。
20100607usdjpy1day.gif
チャートはドル円の日足で、近ごろ何度も出してますが、95円から88円の幅で方向感がありません。
少し上げれば落とされ、少し落ちると上げていきます。

ただ、クロス円はドル円以上に大きく動いてしまうので、ドル円が少し下げると金曜のように大きく下げますし、少し上がると、先週前半のように上昇になります。

そう考えると、ドル円がこれから大きく落ちるかどうかが焦点で、それだけの円買いになるということは、好調な米国経済とドルへの信頼以上に、マーケットが危機的な状況で円に資金が動くということだと思います。
しかし、そこまで危機的になるでしょうか?

フランス首相の発言は金融を知らない政治家の失言でしょうし、ハンガリーはEU加盟国ですが、通貨はフォリント(HUF)でユーロには加盟していません。

であれば、今回の下落は限定的かもしれないと思ってます。
...ハンガリーが破綻すれば、貸し込んでいる欧州金融が痛みますが、まだまだそうなるにはクッションがあります。


ドル円の日足チャートの虹は方向感なく乱れていますし、比較的長期のライン35、50、75、100、はほぼ同じ付近で集束していて、この91円後半から92円ぐらいが当面のコアになるレベルではないでしょうか。
...今日のpivotも92円05ですしね

そんなわけで、ドル円が現在の91円前半から91円後半または92円に接近するような動きとなると、金曜に大きく下げたクロス円(ユーロ円は別ですが)は、大きく戻すかも知れません。

まずは週初の月曜日ですし、まだアジア時間です。
ドル円の動きに注目したいと思ってます。

また、いつも書くことですが、マーケットが都合良く毎日儲けさせてくれるとは思っていません
金曜に大きく儲けるチャンスをくれたからといって、それが今日も続くとは思わないようにしています。


今週もマーケットを楽しみましょう
ではまた


追 記
13:25 金曜日のメイン、雇用統計について書き忘れましたので、チョコット加筆しました

円の動きは一服

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日は週明けの月曜日でしたが、金曜日の下落のインパクトが強かったようで、下落の流れを引き継いで、朝から下げていました。
しかし、昨日のブログで書いたようにドル円が戻りはじめると、クロス円も少し戻し、金曜の下げを取り返すほどではありませんでしたが、戻りの日でした。

特に私が注目していたドル円は、ブログやtwitterで書いた通り92円付近まで戻って、再び下落。
今日は方向感がはっきりしなくなっています。

チャートはドル円の4時間足です。
20100608usdjpy4h.gif
虹は出ておらず、方向感がありません。
ただ、長期のEMAが下値を支えているので、方向としては上方向の可能性の方が高いように思いますが、わからないので手出し無用でしょう

1時間で見ると
20100608usdjpy1h.gif
虹が出ていないのは同じですが、こちらでは長期EMAが上値を抑えています。

この辺からもドル円に明確な方向感がないことがわかります。


次は主役のユーロ
ユーロドルの4時間を見てみます。
20100608eurusd4h.gif
昨日安値を更新し、1.18台を付けてから、さすがに少し止まっていますが、もちろん動くなら方向は下だと思ってます。

ただ、このところユーロは急激に下落しており、欧州の金融関係者の発言もユーロ安は容認しつつも、スピードについては早すぎるとの声が多数でるようになりました。
この辺のマーケットの状況を週足チャートで見てみると...
20100608eurusdweekly.gif
週足も虹が完成しつつあり、ユーロ安の流れは変えようもありませんが、週足の5EMAは1.22ミドル付近にあり、そこまでは戻らなくても1.21後半から1.22ぐらいまでの戻りはありそうです。

それでも1.19レベルの現在からは少し上にあり、今週これからユーロドルが調整戻しするのか、5EMAが下に追いかけてくるほど下落(おそらく1.16レベル)まで下落していくのか、に注目だと思います。

現在のバランスしている状況からどちらに動くかに注目して、動けばどちらも200pipsぐらいは動くと思うので、流れを見てから、ついて行きたいと思います。

まだ東京時間がはじまったばかりですが、昨夜NYダウが年初来安値を更新した割には為替は動いておらず、ちょっと小休止という感じでしょうか。

今日は、昨日のForex Radio MondayFXを聴きながら、すこしゆったりとマーケットを見ていたいと思います。
大学生の金融教室にも興味ありますね。


ではまた

ピボットに集まる

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日は一時ポンドが売られドル円・ポンド円は円高に振れましたが、円は基本的にはあまり動かず、円の動きは一服という感じでした。

ドル円は一昨日の7日(月)に金曜の流れからか朝から下げて始まりましたが、twitterで書いたように92円付近で止まり、少し下げました。
昨日はこの下げて落ち着いた付近がPivotだったので、あまり動かないと予想し、ほぼその通りでした。

今日もドル円をはじめクロス円も朝からPivotをつけていますし、今日はECB(欧州中央銀行)のトリシェ総裁の発言があるので、マーケットはこれに注目して動きにくいと思っています。
...Pivotの活用については10月27日のブログでも書いてます。

私の感覚では、マーケット参加者の多くが方向感なく、どっちに行っていいかわかりにくくなると、ひとまずどちらにも動きやすいPivotで落ち着くような印象です。
そんなわけで、Pivotをアジア時間からつけているということは、前日からほぼその辺で落ち着いているわけで方向感がないことと、これから動く予兆だと思ってます。


ドル円の4時間チャートを見ると
20100609usdjpy4h.gif
若干下向きかもしれませんが、虹と言える状態ではなく、期待できません。


ひとつ気になるのは、昨日のポンドの動き
20100609gbpusd4h.gif
チャートはポンドドルの4時間ですが、先週金曜日の雇用統計などで急落して、下落の流れになりつつあり、昨日も特に理由はなさそうでしたが、一時大きく売られる場面がありました。
英国も財政状況はよくないので、フィッチが「恐ろしい」というのもわかりますが、なぜこのタイミングかがわかりません。

EUの財務相理事会はEU統計局に各国統計資料の監査権限を付与することで合意し、また各国の予算案の事前審査にも合意していることで、EU各国の財政へはチェック機能が働くようになり、これまでの南欧諸国のようにいいかげんなことはできなくなることから、ユーロは少し戻すかも知れません。
...ひとまず1.22ぐらいまでの戻りを想定しています。

こうなると、マーケットの次の標的はポンド?ということでしょうか。


おそらく今日も大きな動きは出にくいと思ってますが、トリシェ発言には注目だと思いますし、明日はECBが政策金利を発表しますので、まさか!の利下げがあると大きく動いていくと思いますが、それはその時乗りたいと思ってます。

ではまた

ユーロドルの戻り

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日はユーロが若干戻り、1.2073付近まで上昇しました。
昨日のtwitterにも書きましたが、今週の週間ピボットである1.2084を越えてさらに上昇するようだと、1.22ぐらいまで行くかもしれません。

チャートはユーロドルの週足です。
20100610eurusd1week.gif
いや~、週足で見ても、見事に下落しています

虹色FXをお読みいただいている方には、毎度の事ですが、週足でみると5EMAからかなり離れていて、現在若干戻している状況です。
この5EMAが1.2250付近ので、その少し手前1.2150~1.2200ぐらいの戻りを予想しています。

しかし、一方で既に週足のローソク足は、先週の安値を割り込んでおり、下方向の圧力がかかっています。

ですので、私は戻りを確かめつつ、売り場を探している状況です。

ひとまず今日のECB(欧州中央銀行)理事会での政策金利発表は据え置きと思いますが、サプライズで利下げされると、一気に落ちてしまうかもしれません。
...この辺は昨日のYutaka Market TV西原宏一さんが解説されてましたし、
   明日はYEN蔵さんが同じYMTVでセミナーをされるので必見だと思います。


私は当面、ユーロドルの1.2084のピボット付近と、虹色チャートが示す1.2150~1.2200付近への動きを確かめたいと思っています。
また本日はB0E(英国中央銀行)も政策金利を発表しますので、この数日フィッチが英国財政について懸念を表明していることから、どのような発表があるか注目したいと思います。


ではまた

ユーロドルは再び下落か

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日、ユーロドルをはじめ、ポンドドル、ドル円・クロス円など、下げていた通貨ペアが戻されショートカバーとなりました。
主役のユーロドルは、昨日のブログで予測した1.2150~1.2200のちょっと手前1.2147まで上昇。
私の予想には3pips足りませんでしたが、ほぼ予想通りの動きでした。
...このショートカバーの理由などは、YEN蔵さんのブログか、今夜19時のYutakaMarketTV

チャートはユーロドルの4時間足です。
20100611eurusd4h.gif


今日はここから少し下げていて、これで目標達成でショートカバーが終了して、再びユーロドルは下落へ向かうのか、あるいは、もう少し上の目標1.22ぐらいまでもう1段上昇するのかを見極めたいと思っています。
その理由は週足にあります。

ここまでの戻りを予想した元になっている週足チャートを見ると
20100611eurusd1week.gif
週足の赤ライン(5EMA)は1.2295付近にあり、まだ現在のレートより200pipsぐらい上にあります。

1.2295は厳しいにしても、虹色チャートからは1.2200~1.2250ぐらいまでの戻しはあってもいいと思っているので、ここから売るか、もう少し上から売るかで迷うところです。

まだ東京時間でもありますし、週末金曜日でもあるので、よく見極めてから入りたいと思っていますが、おそらく月曜日には下げていくと思っているので、慌てなくてもいいかもしれません。
ユーロドルの下は当面1.16か場合によってはパリティ(等価)かもしれないので、焦る必要はないでしょう


また先週から売っているEURGBPはスワップも提供してくれつつ、緩やかに、確実に下落しています。
今週に入りコストの悪いポジションは50pipsぐらいで決済しましたが、100pips以上のポジションはずっとキープ。
こちらは0.80ぐらいを目標に考えています。


今日は、週末の金曜日ですので、無理せず慎重に行きたいと思ってます。
ではみなさん、よい週末をお過ごし下さい

楽観論優勢?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

週末はいかがお過ごしでしたか?
私はテニスでしたが、暑かった~

さて、マーケットも徐々に熱くなって来ているようです。
ユーロ問題が一段落して、新たなネガティブ・ニュースもなく、金融市場は楽観論が優勢になりつつあり、リスク指向、で株が買われ、ユーロが買い戻されています。

ユーロは木曜日に1.2200~1.2150ぐらいまでの戻りを予想してましたが、1.2147までしか戻らず、金曜日のブログでは、ユーロドルは再び下落かと思っていたのですが、1.2045でサポートされ再び上昇、下落予想はハズレました。...今日はすでに1.22を越えています。

しかし当面市場の主役はユーロだと思うので(ダブルキャストでドルも主役ですが)ユーロの動きをもう一度見直してみます。

ます週足。
私は先週はこの週足から離れすぎているので、1.2200ぐらいまでの戻りを予想していました。
...この辺の<戻りの予想>については、月刊誌FX攻略.comに掲載の予定です。
20100614eurusd1week.gif
週足はご覧のように、下落の虹を描いており、まだまだ下落基調であると思っていますが、先週のローソク足は陽線で、しかも赤ラインに接することはありませんでした。
そこで、今週のチャートで虹のラインから検討すると、当面の戻りポイントは、1.2260付近。
それを大きく越えてくると、1.2550が次のラインですが、ここまでは厳しいでしょう。

では日足で見てみます。
20100614eurusd1day.gif
ピンク色の罫線は、週足で引いたものですが、ちょうど日足では20EMAが1.2260付近となり、やはり、このレベルが注目だと思っています。

ユーロドルの1時間チャートは上昇の虹がでていますが、このような点から、買いは慎重な方が良いと思っています。


さて、もうひとつ注目は豪ドル
日本の個人投資家に人気の豪ドル円を見てみます。
20100614audjpy1day.gif
日足でも大きな陰線陽線がでていて、上下に大きく動いていることがわかります。
それでも下値を切り上げていて、ユーロの戻りともに上昇基調かもしれません。
79円で抑えられていたポイントを越えると、82円~83円ぐらいまで上昇するかもしれませんが、オーストラリア経済は資源国の面から中国景気に左右されやすく、ドルの動きと中国の動きがポイントかもしれません。

余談ですが、私の知人の個人投資家(この人はトレードが上手いんですよ)は豪ドル円を買い下がりしていて、もう100万豪ドル以上を買い持ちしています。
下落相場ではユーロなど他の10万~20万単位で売りデイトレードで儲けつつ、豪ドルは買い下がり、上昇局面で一気に勝負をつけるようです。
...私にはここまでの根性も資金もないので、私は私流でやります。
   こうした自分流を確立することが一番大事ですよね


まだ月曜日のアジア時間ですが、これからどうなるか、今週もマーケットを楽しみたいと思います
但し  本日はオーストラリアが休日、また中国も休日なので、アジア時間は小動きかもしれません。
ではまた


追 記
14:07 タグの記述が間違ってたのを訂正しました。

ユーロの動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

サッカー・ワールドカップの影響か、マーケットは動きが少なくなっている印象です。
先週のからのユーロの戻しも、ワールド・カップが始まったからという声もあるようです。

私はFXを始めたのが2007年なので、2006年のドイツ大会のときにマーケットがどうだったのか経験がなく、全く読めません。
もしかしたら流動性が落ちているかもしれませんので、その辺を考慮しつつ虹を見つけ慎重に行きたいと思います。
...5月は通常の2~3倍ぐらい取れちゃったので、今月は調子に乗らないようにしたいと思います


昨日はスペインがEUに支援を求めるという噂が流れたりしましたが、EUやECBも直ぐに否定し、マーケットはあまり反応せず。
しかしムーディーズがギリシャ国債を4段階引き下げ、ジャンク級にしたことで、楽観論が抑えられました。
NYダウも下落しましたが、それほど強力なインパクトがあった、と言う感じではありません。

チャートはユーロドルの1時間です。
20100615eurusd1h.gif
1.23で止められて、ギリシャのニュースで落ちています。
チャートで気になったのは、昨日の週初の窓。
金曜の終値から月曜の安値までギャップ(窓)が空いています。
この窓は、ユーロドル・ユーロ円、オージードル・オージー円という昨日Pivotを着けずに急速に上昇した通貨ペアに共通ですので、この窓埋めに落ちてくるかも知れません。(あ、GBPUSDも窓が開いています)



昨日のブログでの私の戻り予想は、1.2260ぐらいだったので、1.23は少し戻り過ぎです。
このままユーロドルはさらに上昇なのか、予想からは少し行き過ぎたけど下落に戻るのか、に注目だと思ってます。

基本的にはユーロ売りスタンスですが、昨夜のスペインやギリシャのニュースへの反応をみると限定的ですし、ワールドカップの影響もあるかもしれないので、慎重に行きたいと思ってます。

ではまた

円の動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日も格付け会社ムーディーズがギリシャの銀行4行をジャンク級の格下げを行うなど欧州でネガティブなニュースが出たり、米国でもNY連銀製造業指数が予想より悪かったりしましたが、マーケットは大きく反応せず、月曜日のブログで書いたような楽観論優勢という展開でした。


昨日のツイッターで書いたように流動性が低いのかも知れませんし、マーケット参加者の多くがこれまでの「なんでもユーロ売り」というスタンスを改めているのかもしれません。


これまで買われていたドルが売られ、ユーロ、ポンド、オージーなどが買われる展開です。
...私も昨夜はAUDUSDをロングして60pぐらい上にリミットを置いたら着けてしまい、利益決済されてました


この動きに合わせて、クロス円も上昇していますが、私は手を出したくありません。
それはドル円が動いてないからです。

チャートはドル円の日足です。
20100616usdjpy1day.gif
ドル円は6月7日のブログでも95円~88円の動きと見ていますが、近ごろは93円~89円ぐらいの動きで方向感がありません。

4時間チャートを見ると、その幅はさらに狭く
20100616usdjpy4h.gif
先週からは92円から90円後半の狭い範囲の動きになっています。


このように狭いレンジで動くようになると、何かをきっかけに大きくブレークしたりすることがよくあります。

このときユーロドル、ポンドドル、オージードルなどのドルストレートの通貨ペアと、クロス円が同じ方向に動くならクロス円を買っていても良いのですが、ドルストレートであるドル円が大きくドル売りとなると、円買いが進み、クロス円がは下に振られるかもしれません。

私はドル円の動きが定まらないので、クロス円の取引は避けたいと思っています。

ユーロの戻りに合わせて、マーケットは欧州事情についても楽観的になっているように思いますが、ちょっと考えると欧州の金融事情は全く変わっていません
...たぶん、マーケット参加者はそれを十分にわかっていると思います。だから怖い

1時間チャートでは上昇の虹となっているものが多くなっていますが、日足は下向きなので、買いは昨夜のように慎重に行きたいと思ってます。


ではまた

そろそろ動くか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨夜もAUDUSDを少し買いましたが、あまり上がりませんでした。
ユーロドルも上値が伸び悩んでおり、そろそろ頭打ち?

どの通貨ペアも4時間でも1時間でも虹の流れがハッキリせず、方向感がなく、昨日頂いたコメントのように、わかりにくい相場です。


私が「わかりにくい」などと書くと、動き出したりするのがこのところのパターンなので、そろそろ動き出すかもしれません

私の予想というか、イメージは円高

チャートはドル円の1時間です。
20100617usdjpy1h.gif
1時間チャートなどで、強い動きではないかもしれませんが、虹のラインが集束から発散する動きになりそうです。

4時間チャートも見てみます。
20100617usdjpy4h.gif
ずっとレンジ相場になっていますが、1時間の虹が順調に下向きに広がり、91円から90円後半を下抜けするようだと、ドル円下落となり、クロス円も下げていくと思っています。

その兆候はポンド円にも出ており、134円を明確に下抜けすると、ポンド円主導で円高かもしれません。

いずれにせよ、虹色チャートは方向を示していないので、しばらく方向感がなかった分、動くと大きく動くかも知れないので、その辺を見極めたいと思っています。


ではまた

ドル安になるか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

昨日もわかりにくいマーケットでしたが、ドル円は昨日のブログで書いたように円高方向へ。
しかし、一方でポンド円は134円を割り込みながら、ポンドドルの急騰に連れて上げてしまいました。
...やはりクロス円が振り回されるマーケットになっているようです

さて、この先ですが、今日とは言いませんが、来週や月末にかけて、ドル売り方向に動くのではないかと考えています。
...ドル安の動きになると、クロス円のトレードは避けた方がいいかもしれませんね


理由は、米国経済(特に雇用)の足踏みです。
株価は順調ですが、雇用面は悪くなっている印象があり、7月の雇用統計は大幅に悪くなるかもしれません。
15日のNY連銀指数、昨夜のフィラデルフィア連銀指数や新規失業保険申請件数などが改善されておらず、米国雇用の回復にはまだ時間がかかりそうです。

そして一方で欧州は信用不安の払拭に必死であり、7月後半には欧州銀行のストレステストの結果を公表するようですし、昨夜のスペイン国債の入札も無事に終わりました。

いままで不安でいっぱいだった欧州が少し様子見となり、強気の回復だった米国にチョコット不安が出てきているように思います。

こうしたファンダメンタルズについては、私もリンクしている豊商事の大倉キャプテンや、YEN蔵さんのブログで書かれることを期待したいと思います
...私はアマチュアですから、経済の分析はプロに聞きたいところです


で、私は虹色チャートで考えます

まずはユーロドルの4時間チャート
20100618eurusd4h.gif
4時間チャートではまだ虹ではありませんが、上昇していてこのままの動きが続けば、今日か来週には上昇の虹が現れると思います。


次にポンドドルの4時間チャート
20100618gbpusd4h.gif
こちらはユーロドルより一足先に、ほぼ虹が現れています。
今日大幅に下げたりしなければ、来週には美しい虹になると思います。

そしてドル円の4時間
20100618usdjpy4h.gif
昨日のブログでも書きましたが、長く方向感のない相場でしたが、下向きの虹が現れ始め、このまま下への動きが続くなら、これも美しい虹になりそうです。


さて、ここで注目なのは、いずれもドル安方向への動きということです

考えてみれば、5月はユーロ不安で急激なドル買いになっており、行き過ぎたドル買いがひとまず戻されても不思議ではありませんし、週足や月足で見れば、ユーロやポンドはドルに対して売られ過ぎています。

逆に言えば、欧州信用不安で決済通貨であるドルの需要が急騰し、ユーロ売りに加えドル需要からもドルが買われたと思いますが、近ごろ少し落ち着いたので、この辺の需要減もあるのかもしれません。


ただ、直近の動きを考えると、虹は現れそうですが、ツイッターにも書いたように、欧州では流動性が低くなっているようなので(ワールド・カップの影響)、慌てず、しっかり動き出したのを確認してからでも十分だと思ってます。
...特に今日は週末ですしね

そんなわけで、私たちアマチュアは大事な資金を減らさないように、誰もが買うなら、自分も買い誰もが売るなら、自分も売る、という虹色FXのルールを守って行きたいと思います。

では、素敵な週末をお迎え下さい。
また明日はサッカー日本代表オランダと対戦します ここが正念場です

ではまた

ドル売りの流れ

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


週末は、土曜のワールドカップ・日本×オランダ戦で盛り上がっていたかと思うと、中国人民銀行(中国の中央銀行)が人民元相場を柔軟にするとの発表がありました。
このため、今朝からマーケットは大きく動いています。
...しかし、為替を完全に自由化するのではなく、リーマン前に戻るだけなので、大騒ぎにはならないと思ってます。

私はマーケットの基本的な流れは変わっていないと思っています。
金曜日のブログで「ドル安になるか?」と書いたように、今日もその方向に動くと思っています。
...今日のYEN蔵さんのメルマガによれば、人民元のニュースは金曜には漏れてたかもしれませんね


まずはユーロドルの4時間です。
20100621eurusd4h.gif
今朝の窓開けが気になりますが、基本的にはまだ上昇しています。

次にポンドドルの4時間。
20100621gbpusd4h.gif
こちらは4時間に上昇の虹が現れています。

で、ドル円の4時間。
20100621usdjpy4h.gif
今朝は90円18ぐらいまで売られましたが、90円は堅く、戻しています。
しかし虹のチャートは下向きなので、下げると考えています。


ただ、いずれもまだ東京時間です。
この人民元のインパクトがどれくらいあるのかは、欧州勢の参入で変わるかも知れませんが、先週から欧州はワールドカップで忙しいようで、今週はちゃんと仕事するのか?わかりません。

基本的な流れはドル売りと思いますが、不確定要素もあるので、撤退しやすい場所や、動きが出る前に入って対応できるポジションを作りたいところです。

ではまた

人民元の影響

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

さすがに経済大国・中国の影響は大きいようです。
先週からもっとドル安方向に動くと思っていましたが、ひとまず大幅に戻されています。
人民元の為替柔軟化の影響もあると思いますが、おそらく世界中の金融関係者は人民元のレートがどうなるか? そしてどの程度の範囲なら中国政府が容認するのかに注目していると思います。

ということは、中国の動きが定まるまで、方向感がなくなるかもしれません。

チャートはとても素直にそれを表しています...だから私はチャートが好き

チャートはユーロドルの4時間。
20100622eurusd4h.gif
昨日までの上昇の流れが止まっていて、虹が乱れているので、方向感がなくなってきているのは一目瞭然です。
ここから再び上昇に向かうようなら、再び虹が現れる方向なのでトレンドが見えてきますが、下へ向かうようだと、流れが転換するかどうか見極めが重要だおt思います。


次にドル円の4時間です。
20100622usdjpy4h.gif
ドル円も4時間は下向きの虹になっていましたが、戻されました。
しかし、少しずつ下げているので、7色の配列はそのまま。
再び下への動きが予想されます。


もうひとつ注目はポンド
情報を確認していませんが、英国が緊急予算案を発表するとのことで、大きく動くかもしません。
チャートはポンドドルの4時間です。
20100622gbpusd4h.gif
英国に関しては昨日ブランチフラワー元BOE(英国中央銀行)政策委員が「英国が2番底をつけるのは確実」と発言しており、先々週(たしか9日)には格付け会社フィッチが英国財政について大幅な赤字削減を求めるような趣旨の発表をしています。
...ポンドは魔の通貨 ですから、急に大きく動くかもしれませんので、要注意ですね。


巨大な中国が人民元がドルペッグを止めたことで、為替だけでなく世界中のマーケット参加者の様々な思惑が錯綜しているようで、今後思わぬ大きな影響がでてくるかもしれません。

私も当面はスイングよりはデイトレで50pips程度の利益を積み重ねる方が良いかも知れないと思っています。


今思えば、金曜からのドル売りの流れも人民元の緩和のニュースが事前に予想された動きだったのかもしれません。
この辺のマーケット事情は、昨日のブログでご紹介しリンクを張った、YEN蔵さんの有料メルマガで紹介されています。
...やはり価値有る情報は有料なのです
   ひとまず無料の情報を!と言う方は、昨日の為替ラジオ MondayFX 第24回が参考になるかもしれません。


ではまた


ユーロは再び下落?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


今週は人民元の影響か、ちょっとわかりにくいマーケットになっているように思います。
はっきりした流れになっていないので、大きくは取りにくく、ちょこちょこトレードですね

そうした中、ユーロが再び下落トレンドに戻るかも知れません。

チャートはユーロドルの日足です。
20100623eurusd1day.gif
21日(月)に1.2470付近まで上昇しましたが、昨日は下落。今日も昨日の安値を割り込んでいます。
このままユーロが下げ始めると、ユーロ売りの流れが復活するかもしれません。

またこれを裏づけるように、格付け会社フィッチは「ユーロ圏で2番底になる」というコメントを出したり、欧州銀行(BNPパリパ)を格下げしたりしており、ユーロが下げる要素が出てきています。


同じEU加盟国でもポンドを持つ英国は昨日、財政再建のための予算案を公表し、フィッチはこれを評価しました。

格付け会社の影響力には問題もありますが、ひとまずポンドは強くなっています。
ポンドドルの日足チャートを見ます。
20100623gbpusd1day.gif
日足では7本線が乱れて方向感はありませんが、ポンドは上昇方向に見えます。(気のせい?)


ユーロドルとポンドドルがこうした動きなので、ユーロポンドでは
20100623eurgbp1day.gif
ユーロドル以上に下落の足が早いようです。


この辺からもユーロは下落の流れに復帰する可能性があり注目です。
しかし一方で、前回なかなか割れなかった1.21付近でサポートされる可能性もあり、一気に1.18を割っていくと思うと痛い目に合いそうです。


ではドル円は?というと
20100623usdjpy1day.gif
ドル円の日足は緩やかに下落の虹を描き始めており、円買いになっています。
...しかしまだ虹は出始めで、戻される可能性も十分あります。

90円付近にはドル買いがあるとも言われていますが、ユーロドル、ポンドドル、ドル円ののドルストレート3ペアで比較すると、ドル円は円買い、ユーロドルはドル買い、ポンドドルはポンド買いと言う感じで、シンプルではありません。
...ドル買い・円買いとかだと、わかりやすいんですけどね


ユーロが再び下落に向かうのか、注目したいと思います。

ではまた

ドル売りに戻るか

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日のブログでは、ユーロドル下落、ドル円下落、ポンドドル上昇、ユーロポンド下落と書きましたが、ユーロドルは下げたものの、1.22でサポートされ1.23へ上昇してしまいました。

ポンドドルの動きで現れていたように、ドル売りの流れになりそうです。
ユーロはドルよりウィークポイントが多いのですが、私が予想した1.21はおろか、1.22も割れず、昨日のFOMCでの声明文からも6月18日のブログ21日月曜日のブログで書いたドル売りの流れに戻りそうです。
...人民元の切り上げだけがドル売りの要因ではなく、その前から流れがそうなっているのかもしれません。


今日は1時間チャートで見てみます。
まずはユーロドル
20100624eurusd1h.gif
1時間は大きく上昇して、上昇の虹を描こうとしています。
...虹にはまだほど遠いライン構成ですけどね


次にポンドドル
20100624gbpusd1h.gif
こちらは
昨日のブログで書いたように上昇しており、私は前半に50pipsぐらいと、1度下げた1.48ミドルで再び買い、今朝100pipsぐらいで決済しました。
...ちょっと決済が早かったかもしれませんが、1.50は止まるかと思い、早めにしました。


あとはドル円
20100624usdjpy1h.gif
こちらも虹を描いて下落しており、90円が堅そうに思いましたが、しっかり89円台に突入です。
...やはり個人の思惑?感覚?より、市場参加者の動きを表す虹色チャートの方が正しいようです。


1時間だと、ポンドドルやドル円は虹が明確でとても分かり易いチャートです。
このままドル売りの流れが継続になるか、注目です。

ではまた

緩やかなドル売り

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


日本サッカー、決勝トーナメント進出 おめでとう
昨夜、デンマーク大使館の招待で、アウェイの大使館で観戦していたYEN蔵さんは、高校時代はサッカー部
YEN蔵さんのtwitterからは、相当盛り上がっていた昨夜の様子が伝わってきます
...でも私はウィンブルドンにも注目してます


さてマーケットですが、すんなり方向感がでるという感じではなく、わかりにくい感じです。
私のブログでは今週はドル売りの予測で書いており、昨日もドル円が売られ、クロス円も落ちました。
他のドルストレートでも緩やかにドル安方向のようで、ジワジワとドルが売られています。
...ただオージードルとかの動きを見ると、わかりにくくなりますよね

23日(水)のFOMCからドル金利も下がっており(円も下がってるけど)、緩やかにドル売りの流れではないかと思っています。


毎度おなじみですが、ユーロドル、ポンドドル、ドル円のドルストレート通貨ペアを見てみます。

まずはユーロドルの4時間
20100625eurusd4h.gif
23日(水)の1.22でサポートされてから緩やかに上昇(ドル売り)です。
これがどこまで継続していくのかが注目されます。
4時間チャートはまだ虹を描いていないので、方向感は弱く、警戒も必要だと思います。
...どこかで再び下落すると考えています。


次はポンドドルの4時間
20100625gbpusd4h.gif
こちらは虹色FXの読者の方にはわかりやすい、虹のセオリー通りの動き。
たまに下落しても20EMAではサポートされており、この辺で押し目買いを繰り返しています。
ただ、戻しの幅が大きいのはポンドだからか、不安定なのか、ちょっと気になるところです


そして、ドル円の4時間
20100625usdjpy4h.gif
日本のサッカーが勝ち進むと円が買われる、という戯れ言もありますが、ドル円は当面は今月はじめに書いたレンジの下限に向かう動きになっています。
...ここからさらに下は攻めにくいので、ひとまず今日は90円ぐらいまでの戻しはあるかもしれません。


私はFXは2007年からなので、前回2006年のワールドカップ・ドイツ大会も、2002年の日本・韓国共催大会もマーケットに参加していなかったので、今回は手探り状態なのですが、昨日のFOREX RADIOたらればFX第25回では、ゲスト出演されていたFX ZEROの遠藤さんや、だいまんさんがワールドカップ開催中のディーリングルームの話をしていて、参考になりました。
...為替取引の38%はロンドンですから、欧州トレーダーの動向はマーケットに影響すると考えています



例によって今日は週末の金曜日です。
ワールドカップも決勝トーナメントに進出できるか、否かで日本同様に各国盛り上がってるように思いますし、深追いは禁物だと思います。

では良い週末をお過ごし下さい。
もしマーケットが動いて、ここは行けるぞと思ったときは、twitterで書きたいと思います。
ではまた

ドル安の流れ

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

週末のG8およびG20は、インパクトのある発表はなく、「まぁ、20ヶ国も集まってるんだから無理でしょう」というところでしょうか。

そんな中、私は先週同様ドルの動きに注目しています。
ドル安の流れが本格化するかどうかが、今週あたりで決まりそうに思います。
...やはり金曜日の雇用統計がヤマですかね


先週からあまり代わり映えせず、ドルストレート(ユーロドル、ポンドドル、ドル円、オージードルなど)に触れてきましたが、今週もドルを中心としたマーケットだろうと予測しています。
...よってクロス円(ユーロ円、ポンド円、オージー円など)は大きく振られる可能性があり要注意


では、いつも通り虹色チャートを見てみます。
まずはユーロドルの4時間
20100628eurusd4h.gif
21日の高値1.2467(ピンク線)に向けて上昇しており、1.25を上抜けするようだと、本格的にドル売り、ユーロ買いとなる可能性があると思います。

ただ、この辺が分岐点かもしれず、ここを抜けられないと、再びユーロ売りとなるかもしれません。


次にポンドドルの4時間
20100628gbpusd4h.gif
金曜日のtwitterで書いたように、ポンドは上昇。 ちょうど押し目で買うことができました 
週末の金曜日なので、私は100pipsぐらいで撤収しましたが、Twitterをフォローして頂いている方も50pipsぐらいは取れたかも知れません。(どうでしたか
...Twitterはまだ使い方が慣れてないので、もっとこうするとわかりやすい、などのご意見があれば、コメントや管理者メールを頂ければと思います。

さて、このポンドドルは既にユーロドルに先行してドル売りが顕著です。
ひとまず1.50付近で止まっていますが、虹のチャートではまだ上昇しそうです。
また押し目などチャンスができたらトレードすると思います。


あとはドル円の4時間チャート。
89円台に入り円高ぎみです。
今日の株価は円高を嫌気して売られているようですが、為替の予想ができると、日本株の先行きも予想しやすくなるかもしれません。
20100628usdjpy4h.gif
これは、一目瞭然ですね。
当面は円高局面だと思います。

ただ注意したいのは日足で見る88円から95円のレンジ(ピンク線)の下限に来ているということです。
20100628usdjpy1day.gif
この88円で止まるのか、下抜けしてしまうのかに注目です

もしドル円がレンジを下抜けするようだと、クロス円はそれまでの上昇から一気に落とされる可能性が強いと思います。 こうしたドル売り局面では、クロス円の取引はやりたくありません。 やはりドルストレートに絞る方がいいと思っています。


それでもまだ東京の昼です。
G20やワールドカップも影響もあるかもしれないので、週初ですから慎重に行きたいと思います。

ではまた

米国経済に注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日はポンドが上昇しました。
私は昨日のブログでは、ドル売りの流れを予想していましたが、ポンドドルではポンド買い・ドル売りとなりましたが、ユーロドルではドル買いとなってしまい、ちょっとハズレ

チャートはユーロドルの1時間です。
20100629eurusd1h.gif
私は東京の午後に少し下げてきたので、買いのチャンスを待っていましたが(の付近)、18時過ぎにフランス国債とドイツ国債のスプレッドが拡大したニュース(縦線部分)などからユーロは下落。 買いは止めて様子見していると、下落しました。

昼前にブログを書いた時点とは少し予想が違いましたが、Twitterでは、ユーロには目もくれず、近ごろ堅調なポンド買いをつぶやいてます。
...このポンドドルのポジションは、50pips以上の利益が出ていますが、オーバーナイトして現在もキープしています。

一方、ユーロ円、ポンド円などのクロス円はフラフラ
この程度の振れは想定内の方は良いのですが、私はすんなり動く方が好きなので、現在のようにドルや米国経済に注目されている相場では、クロス円は手を出しにくいと思ってます。


堅調なのはポンド。
20100629gbpusd4h.gif
チャートはポンドドルの4時間ですが、一目瞭然虹が出ています。
こうなると、どこで買ってもだいたいは上がるので損はしにくいのですが、日足チャートは虹ではないので、私は慎重に押し目買いしています。

ポンドはBOE(英国中央銀行)のセンタンス政策委員が利上げについて発言しており、これでポンドは買われているようです。
...ってことは長続きしないかもしれないので、注意も必要ですね


さて、欧州通貨がメインになってますが、円はどうでしょうか?
20100629usdjpy1day.gif
チャートはドル円の日足ですが、下向きに虹が出ています。(まだちょっと弱いかも

こうなると、円高方向なのですが、長期では88円~95円のレンジにあり、その下限に近づいています。
この88円(87円94)を抜けると、大きく円高になるかもしれません。



ここまで紹介した通貨ペアに共通なのは、ドル。
要するに米国経済がどうなのか、が重要なのだと思います。



近ごろの経済指標は、若干弱いものが多く、今週末の雇用統計が注目されます。
ここで米国経済の先行きに不安要素が提供されると、ドル売りが加速するかもしれません。
その時はドル円はレンジを下抜けするかもしれず、注目は米国経済だと思ってます

ユーロドルの日足を見ると...
20100629eurusd1day.gif
昨日の為替ラジオ・MondayFXYEN蔵さんが話していたように、上は1.25で止められ、下は1.22でサポートされているので、レンジになるかもしれません。

ユーロドルの動きに、米経済への市場参加者の心理が現れている気がするので、ここには注目だと思います。


ではまた

今日はお休み?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨夜は、サッカー観戦でマーケットを見なかった人も多かったかもしれませんが、マーケットは大荒れでした。
大した理由もなかったように思うのですが、欧州も米国も中国もヤバイ という感じで、円買い・ドル買いが進みました。

昨日大きく動いてしまったので、今日は戻しも含め方向感はなく、個人的にはお休みだと思ってます

チャートはユーロドルの4時間足です。
20100630eurusd4h.gif
見事に落ちて虹も逆向きに。
4時間でこれですから、1時間ではもっとドラスティックに虹が反転しています。
...もっとも反転が始まったのは一昨日ですが


こうした動きでは、クロス円が特に振り回されやすく、ポンド円が象徴的です。
20100630gbpjpy1h.gif
1時間チャートでは、虹が上向きで出たり、下向きになったり、大きく振れています。
この辺は日足を見ると分かり易く
20100630gbpjpy1day.gif
ポンド円は130円ミドルから136円ミドルぐらいのレンジ相場になっています。

ドル円が88円を割り込んで87円台に突入していくようだと、クロス円はさらに下落が考えられますが、今日のところは昨日大きく下げた反動で戻しています。

虹色チャートは下向きですが、ここからガンガン下げるかどうかは微妙なので、短い時間のチャートを見て売るには慎重になった方がいいでしょうし、突っ込み売りではなく、戻り売りスタンスの方が良いと思ってます。

まぁ...ここからどうなるかは、今夜の動きか、やはり金曜日の雇用統計待ちかもしれません。

しばらくは、方向感なくお休みかもしれませんね。
昨夜のサッカーやウィンブルドンで寝不足なので、判断力が鈍ってるかもしれませんし、今日は月末です
無理はしないようにしたいと思います。

ではまた

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ