欧州のソブリン・リスク

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

みなさん連休はいかがお過ごしでしたか?
今年は天候に恵まれ、楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?

さて日本は連休でしたが、世界は通常通り、というより欧州ではギリシャ問題からポルトガルやスペインへとソブリン(国家)リスクが広がりユーロは全面安になりました。


チャートはユーロドルの1時間足です。
20100506eurusd1h.gif
私は3日の22時頃に1.3230付近でユーロドルを売り、4日はAUDUSDを売り、4日の夜にいずれも決済。
その後もユーロドルは下落したので、5日の午後に再び1.2950付近でユーロドルを売り、22時頃に1.28の手前で決済。
この3日間で3回ポジションを持ち、500pipsぐらい取ることができました。

こうした局面が、私が「・・・しかない相場」と呼ぶ場面で、月に数回あるかないかの、こうした局面を待っています。
このような場面であれば、アマチュアでも虹色FXのルール通りにトレードすれば、十分に利益を得ることができると思いますし、この連休中に連絡を頂いた方にはトレード・ポイントのアドバイスや、その後の動きの予測などをお伝えし、これらの方も儲かったようで、何よりでした
...ま、こうした局面では、私のアドバイスなどがなくても、誰でも儲かったかもしれませんけどね


虹色のチャートを見ると、ユーロドルはもう一段下げる可能性がありますが、現在は少し戻していますし、日足の赤ライン(5EMA)から離れすぎているので、この辺の戻りが強いか、再び欧州時間に南欧各国のCDSやドイツ国債とのスプレッド拡大で下落するか、注目したいと思っています。




さて、4月30日のブログで書いた金融クイズ?の答えです。

A1:10年
...7.2%の複利なら10年で倍になり、10%複利なら7.2年で倍になる、72の法則。
   金利や利回りは、金融や投資では基本ですよね。
   アインシュタインも世界8番目の不思議は複利と言っています


A2:1株あたり利益は変わらない。
...1株当たり利益(EPS)は、「税引き後利益÷発行済み株式数」ですから、株価は関係ありません。
   株式投資されてる方には基本かも知れませんが、FXだけの方にはあまり関係ありませんね


A3:利回りは低下
...価格が上昇すれば、利回りは低下。 これも基本問題ですね。
   このところ米国債(10年)の利回りが3.8%ぐらいから3.4%ぐらいまで低下しています。
   これは欧州のリスクや株価下落から債権が買われ価格が上昇しているので、
   利回は低下ということで、投資マネーが、リスク回避の動きになっていることがわかります。


A4:ドルの価値は上昇
...ドル円が90円から100円になったのですから、ドル高円安。つまりドルの価値が高くなった。
   これはFXの基本ですから即答だったと思います


A5:契約しない
...3年で倍ということは、A1の72の法則で考えると、24%の複利という計算になります。
   かなりの高利回りですし、しかも元本保証
   こんなものは、ありません あったら私が投資しますし、世界中の運用者が投資します
   そんなありえない商品...ということはサギの可能性が高いです。
   ローリスク・ハイリターンは詐欺の可能性が高く、ハイリスク・ローリターンは市場のカモです
   でも、騙されちゃう人が後をたたないんですよねぇ...金融教育が大事ですね


前回も書きましたが、投資はアブナイとか、損した、という金融にネガティブな人にはこの問題を聞いてみましょう
もし答えられない場合は、何の知識もなく、投資と称してドブにお金を捨てたのと同じだと思います。
私たちはそうならないように、FXをやりつつ、少しずつ勉強して行きたいと思ってます。



ではまた

ユーロへの信任

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


先週はよく動くマーケットでした。
特に木曜日は、深夜3時過ぎに目が覚めて(年寄りってことじゃありませんよ)マーケットを見ると、急落してました
マーケットのニュースでは、NYダウが300ドル安、400ドル安とどんどん下がり、合わせて為替も急落
売りたいところでしたが、5EMAから離れて急落していたので、虹色のルールに反するので入れず、キープしていたユーロドルのショートの利が伸びるのを見ているだけでした。

チャートはユーロドルの4時間足です。
20100510eurusd4h.gif
私が今月最初に売った5月3日から美しい虹が出始め、そのまま木曜まで下落しています。
その後、先ほどの急落後戻していて虹は乱れているので、トレードはしていません。

ユーロドルは順調に落ちて、儲けもしたのでそれは良いのですが、驚いたのはユーロ円をはじめとするクロス円でした。
チャートはユーロ円の4時間です。
20100510eurjpy4h.gif
ユーロ円は5月4日ぐらいから下落していて、3日以前は動きがないように見えます。
しかしこれは、木曜の下落が急激で大きかったため、3日までの動きが小さくなって見えるだけで、実際は普通に動いていた訳なので、今回の急落がいかに凄かったかを物語っています。
ちなみに縦線を引いた5月3日の位置をずらしたチャートでは...
20100510eurjpy4h2.gif
このようにユーロ円も普通に動いているわけで、木曜の下落がいかに凄かったかがわかります。


さて、このユーロの下落ですが、もはやギリシャの問題ではなくなっていると思います。
単一共通通貨・ユーロそのものに対する信任の問題ではないでしょうか?

2月12日のブログでも、「そうでなくてもバラバラの国がユーロという1つの通貨を使ってるだけでも大変なのに、他国の借金を誰が負担するか、そんな余裕があるのか、でもしないとユーロの信用が落ちていく、袋小路に入って行っているようにも思えます。」と書いていて、ユーロ安の根本は、この制度自体にあるのかもしれません。
...だったら、ずっと売り続けてろ! って声も聞こえそうですが、私にはできません。
   ビビリーなんで、絶対行ける!って時しか入れないんです

今日もユーロ圏諸国の緊急会合が開かれていて、今回のギリシャの様な事態に備える欧州安定基金の設置や、場合によってはECBによる国債買い取りなどが検討されているようです。

こうしたユーロ圏諸国の政策によっては、今後も大きく動くことが予想されますので、ユーロには注目ですし、YEN蔵さんやだいまんさん、西原宏一さんといった為替市場で長年活躍されたプロの方々のブログを参考にされるのが良いかも知れません。(私はいつもファンダメンタルズの勉強をさせてもらっています)


ではまた

ドル買いが安心?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

昨日は、先週の欧州危機?へ各国金融政策当局が素早く対応し、まずリーマンショックと同様にドル資金を提供するためFRB・BOE・ECB・BOC・SNBでドルスワップを協定し、日銀もこれに乗りました。

これによりまずは金融機関の資金ショートを回避し、その上で震源地・欧州では各国中央銀行がソブリン債の購入を開始。これで急騰していたギリシャを始めとする南欧諸国の金利は低下してきています。

しかし、昨日のブログで書いたように、ユーロ問題はもはやギリシャやポルトガルの財政の問題ではなく、ユーロという単一通貨制度そのものに対する信任の問題になっていると思っています。

そう考えると、今回の国債の買い取りは当然ユーロ売り要因ですから、ユーロ売りドル買いの流れは再開するのではないでしょうか。

ちょっと前までは基軸通貨から転落と言われていたドルが、結局は強くなっているようです。


チャートはユーロドルの4時間です。
20100511eurusd4h.gif
5月に入ってから急落しているユーロドルですが、木曜に安値をつけてから、金曜に少し戻し、昨日は大きく上昇しましたが結局落ちてきました。
この後も下落が継続し、ドル買いなのか、昨日発表された対策でマーケットが納得し、ユーロを買い戻すのかを見極めたいと思います。



次にドル円の4時間足です。
20100511usdjpy.gif
こちらも凄いチャートになっています
木曜日には87円台に突っ込んでいますが、その後は急上昇し、今は93円台。
昨日の高値93.52付近を明確に上抜けすると、再び95円へトライするのではないでしょうか。

木曜日は危機回避的に円が買われましたが、落ち着くとドル買い円売りの流れに戻りつつあり、ユーロドル同様にドルの動きで決まりそうです。
チャートも100-75-50のEMAが集束していて、ここを上抜けすると上向きの虹をつくる段階へ進みそうです。


ただ、昨日出演させて頂いたForexRadio MondayFXでもお話した通り、木曜の一撃でマーケットはスッカラカンになっているように思え、振れ幅が大きくなっているようです。
...昨日のユーロ円は4円上がって2円下げる展開。ポンド円も5円、ドル円で2円と、大きく上下しています。

こういうときは、思わぬ損切りをさせられてしまうかもしれませんので、私は様子見で、マーケットが落ち着いてきて、参加者の対応が見えてきたらトレードを考えたいと思っています。 それまでは過去のチャートを見て研究していようかな。


ではまた

ドル買い・円買い

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitter(@maru3rd)では、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨日は、月曜日の為替ラジオ MondayFXで「しばらくは様子見」なんぞと言いながら、ユーロドル売り、ユーロ円売りをしました。
結局すんなり落ちず、建値で撤退したのですが、フテ寝してる間に落ちていました
ストップを建値にするのが早かったかなぁ...ま、損してないから、いいか

その番組で、ドル円は円安方向と発言しましたが、ちゃんとチャートを見るとちょっと怪しくなってきました。
チャートはドル円の日足です。
20100512usdjpy1day.gif
これまでドル円は上昇し、95円で抑えられてきましたが、5月6日に歴史的急落をして87円台に突っ込んで、今は92円台に戻しています。
問題はここからで、私の印象としては、意外に戻りが遅いなぁというところです。
もし今週92円を割り込んで行くようだと、円安にはなりにくいかもしれません。


ではドルが上がらないのか、というとそうでもなく、昨日のブログで書いたように徐々にドル高方向かもしれません。
チャートはユーロドルの日足です。
20100512eurusd1day.gif
こちらはわかりやすくきれいに下落していて、虹も明確です。
5月6日の急落も大きな下落の流れのなかでは、ドル円のようには目立った動きにはなっていません。
この流れが簡単にひっくり返るとは思えず、当面は下落方向だと思っています。
ただ来週にはギリシャ国債の償還があり、ここでどうなるかに注目しています。
...ギリシャはこの国債償還の費用調達のため正式にEUに資金援助を申請しましたね。


もうひとつ、13年ぶりの政権交代で注目される英国ポンドですが、昨日は保守党と自由民主党の連立政権が成立するということでひとまずポンド買いとなったようです。
チャートはポンドドルの日足です。
20100512gbpusd1day.gif
ポンドは一時戻していましたが、上に抜けきれないうちに下を向きはじめ、先週の急落で一気に下向きになっています。
昨日は政治がらみで少し上昇しましたが、私は昨日のブログでドル買いと考えているので、虹とは関係ありませんが、今朝1.49ミドルで売りました。


ドル・ユーロ・ポンド・円の動きを見ていると、まだユーロへの不安があるのか、ドル買い・円買いの動きがまだありそうに思っています。

ただ思惑や、値頃感でトレードすると損失を被る可能性が高くなるので、虹色FXのセオリー通り、昨日のように流れに乗って、もし戻されたら建値で決済して再び入る、というスタンスでトレードして行きたいと思っています。

ではまた

動く予兆か?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

先週木曜日(5月6日)の欧州危機で大きく動いた後、この数日は小動きで方向感がなくなってきています。
...この急変時のトレードについてはYEN蔵さんがとても参考になるブログを書かれています。

私は火曜にユーロ、昨日水曜にポンドを売りましたが、戻されてしまい建値で逃げました。
欧州問題が落ち着いてきて、マーケットは次のテーマなりタイミングを探しているようです。
...そんなわけで昨日はドル買い・円買いとなりませんでした

チャートはユーロドルの日足です。
20100513eurusd1day.gif
ユーロドルは一目瞭然虹を描いて下落しています。
ただ、この数日は1.26付近で止められており、ここを下抜けするか、1.30ぐらいまで戻されるのかに注目しています。
4時間チャートでも
20100513eurusd4h.gif
4時間も順調に虹を描いて下落しているので、タイミングの良いところは売って、戻されたら建値で逃げる、というパターンを繰り返しつつ、下抜けに期待したいと思っています。


次にドル円の日足チャートです。
20100513usdjpy1day.gif
ドル円も5月6日に急落して87円台に突っ込んでから反発していますが、月曜日の高値93円50付近で抑えられています。
4時間チャートで見ると...
20100513usdjpy4h.gif
93円ミドルで抑えられているだけでなく、7本線が集束していてエネルギーが溜まってきているように思えます。


1.26でドル買いが抑えられているユーロドル、93.50でドル買いが抑えられているドル円、この辺は何か共通する動きのように思えてきます。

そこで、米株が上昇するとか、ドル金利の上昇期待とか、ドル買い要素が出てくると、この抑えられてラインをブレークしそうですし、ドル円の4時間チャートの虹のラインを見ると、エネルギーは溜まってきているように思えます。


そろそろ動き出すかな?という予兆を感じるところですが、どうなりますか


ではまた


追 記
13:20 YEN蔵さんが今日のブログでとても良いことを書かれていたので、本文中にリンクを付けました。

ドル円に注目

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨日のブログで書いたように、動き出しました

私はポンドドルを1.48前半で売り、またユーロドルを1.26前半で売りました。
ユーロドルはそれほどではありませんが、ポンドはよく落ちてくれて200pipsぐらいの利益が乗っています。
今朝は少し下げ足が弱ってきてので、どの辺で決済するか見極めたいところで、どちらもキープしています。
   


昨日はポンドドルより、ポンド円の方が大きく下げたのですが、私は売りませんでした。

その理由は、ドル円です。 ...チャートはドル円の日足です。
20100514usdjpy1day.gif
このドル円は昨日も書きましたが、先週の欧州ソブリン・ショック後の月曜日から小動きで方向感がありません。
昨日は直近の当初の上限と思っていた93円50付近を上抜けし、上方向の動きを警戒してクロス円は売りませんでしたが、買いの動きは長続きせず、下げてしまいました。

ポンド円は、ポンドが売られて下げましたが、ドル円が下げ基調とまでは言えず、また当初の上限93.50付近を一瞬ですが上抜けしたので、上方向への動きを警戒しました。
ドル円が上に行ってしまうと、ポンド円も影響を受けると考えたわけです。


さて今日ですが、ドル円の93円50から上には売りオーダーが待っているとなると、今度は下方向が気になります。

下は、92円付近を下抜けすると、90円ぐらいまで下げるかも知れず、そうなればクロス円も売っていけると思っています。
当面ドル円の4時間チャートでは虹が下向きに揃いつつあり、このまま下落すると4時間での虹がでるかもしれません。

ドル円の動きに注目しています
ドル円が下落すると、水曜日のブログのように、ドル買い・円買いとなるかもしれません。

昨日のFOREX RADIO木曜版・たらればFXは、ゲストが豊商事の大倉 孝さんで1時間40分の大放送
長いわりに、冗談は少なく、この欧州ソブリン問題での貴重な意見が聞けると思います。
今回は特にお奨めです

また最後のお便りコーナーで大倉さんが語られたように、相場をちゃんと勉強すれば、大儲けではなくても損をしないで少しずつ利益を残す方法は、私もある、と思っていて、当面の答えがこの虹色FXです。
FXがマクロ経済の勉強になるという点も同感でした。
このお話にはとても感動しました。


あ、ちょっと脱線ですね
今日はこの後のドル円の動きに注目しつつ、クロス円を売るか、キープポジションをどの辺で決済するかを考えたいと思っています。
というのも、今日は金曜日ですし、近ごろは金曜日には早めに手じまう傾向があるようなので、気を付けたいと思っています。


では、素敵な週末をお迎え下さい



ドル円は下落方向

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


先週も動く相場でした。
私は疲れが出てしまったのか、土曜の夜から寝込んでしまい、きょうも午前中はダウン
やっと起きあがれるようになりました。
...どうも頭が疲れているようで、寝てても頭が休まっていないようです。


金曜日は19時台にユーロ円を売り、1円以上下げたのですが、気楽に食事したりしてたら建値に戻されてしまいました。
...ある程度で利確しないとマズイですね

ありゃりゃ、と思ってたら、再び下げて行ったので、もう一度ショート、その後ポンドも売ったりして、金曜は19時~3時までに合計7回トレードして400pips 上出来でした
...あれだけ虹が明確で下げる相場だったので、たぶんみなさんもしっかり取ったのだと思います。


さて今日ですが、午前中は東京時間だし...ぐらいのつもりで寝てたら、結構下げています
特に今日はポンドが狙われているようです。

以前も書きましたが、ユーロとポンドが弱く、ドルと円が強い状況で、先週のブログで書いたようにドル買い・円買いになっています。
ただ、ドル円はなかなか底堅く、91円台後半でがんばっていますが、私は下落を予想します。

20100517usdjpy4h.gif
チャートはドル円の4時間チャートです。
先週5月6日の急落後乱れた虹の7本線は、この数日できれいに下落の虹が始まっています。
このまま緩やかに90円ぐらいまでは下落するのではないかと考えています。

ただドル円はかなり底堅いので、売るならクロス円でしょうか。


今日はまだ頭が回ってないので、トレードはせず、様子見しつつ体調を戻したいと思います。


みなさんも風邪などにはお気をつけ下さい
ではまた

ひとまず底打ち?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。

昨日は朝から下げてその後戻される展開でした。
近ごろは欧州時間ぐらいからNYダウ先物の動きに為替も振り回されているようで、私は週末の風邪もあり、ずっと休んでました。
...結局、朝方の安値を超えることもなく緩やかに戻していて、マーケットを見ていても入りにくい展開だったと思います。


相変わらずマーケットの注目はユーロですが、昨日ECBはEU各国中央銀行がギリシャなどの債権購入にあてた165億ユーロ(約1兆9000億円)を市場から吸収する流動性吸収策を実施すると発表しました。

これは5月12日のブログでEU各国がソブリン債の購入を開始したことで、私のようなアマチュアでも、ユーロは南欧諸国の資金調達コストを下げる方を優先し、ユーロ安は容認したと判断でき、実際ユーロは売り浴びせられましたから、今度はこのユーロ安に対処するため流動性を吸収する対策を出してきました。

この対策がどれくらい効果があるかはわかりませんが、ひとまずユーロの下げは止まっているように見えます。

また虹色チャートでも...(ユーロドルの日足チャートです)
20100518eurusd1day.gif
昨日は赤ライン(5EMA)から離れて(部分)いて、これは以前も書いたとおり、戻る確率が高いと思っています。

そんなわけで、ユーロ売りは一旦終了して様子見が良いと思ってます。

マーケットの主役だったユーロの動きが止まるということは、他の通貨にも影響するので、ドル円も昨日のブログでは下方向と思ってましたが、これもひとまず中断し様子見とします。

ドル円の日足チャートですが、91円後半で止められ、なかなか下がりません。
20100518usdjpy1day.gif


明日はギリシャ債の償還がありますが、資金は準備されているともいいますし、ここからどう動き出すのか、ひとまずは様子見が良いと思っていて、昨日の病欠に続き、今日も様子見になりそうです。

私の虹色チャートだけでなく、毎週木曜日にForexRadio たらればFXのキャスターをされている大塚 亮さんが、使われているRCIではどのような解析になるのか、ちょっと興味があります。
大塚さんは本日19時からYutakaMarketTVでセミナーをされるので、勉強してみたいと思っています。


ではまた


追 記
15:08  大塚さんのRCIについて追記しました。 

底打ち、しなかった!

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨日はひとまず底打ちと思ってた人も多かったようですが(私を含めて)、私が寝た12時以降にドイツから金融規制の話が出て、マーケットは急落。
あっという間に下値を更新し、ユーロドルは1.21台になってしまいました。

ユーロドルの日足チャートを見ると
20100519eurusd1day.gif
昨日戻すと予想した部分は、確かに予想通り埋めて戻り、昨日は一昨日の高値を越えて行ったのですが、ドイツからのニュースで急落して下値も更新してしまいました。
やはりまだまだ虹は下向きですから、安易に買いで入ることはできません。
ここは虹色のルールを守った方は損をせず、上手く儲けられたかもしれませんね。


ただ、今日のチャートも昨日同様に部分が日足から離れすぎているので、もう少し戻すと思っています。
...また落とされるかも知れませんが、その時は戻り売りのポイントになると思います。

現在のレベルからあえて売るのも少し怖い気がしますし、前述のように戻すと思いますので、ある程度の戻りを確認してから対応したいと思っています。

特に今日はギリシャ債の償還日でもあり、既に資金は手当できているようなので、問題なく通過すれは、昨日以上に大きく戻っていくかも知れません。

今日のギリシャ国債の償還と明日のポルトガル国債の償還がユーロの材料としては大きな物なので注目したいところです。


私事ながら、風邪が流行っているようです。
みなさんもお気をつけ下さい。

ではまた

神経質な動き

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


今週は体調不良で様子見していますが、マーケットはクロス円を中心に下落しています。
ドル円も緩やかながら下落方向で、ユーロドルやポンドドルの下落と共に、ユーロ円・ポンド円が下落しています。
クロス円の動きには注意が必要だと思います。

ただ、火曜日のブログで書いたように、月曜の動きからユーロは下げ止まったかと思ったのは私だけでなく、他の方のブログでも同じような見解が見られ、おそらく、そうした見方がマーケットにはあるのだと思います。

こうした考え方をさらに複雑にしてくれたのが、ドイツの金融規制のニュースです。
これにより金融市場全体でポジションの縮小があるようで、株も売られ、商品も下げ、ユーロは売られました。

このため、今のマーケットにはユーロはまだ下げると考える人と、そろそろ下げ止まりとの考え方が錯綜していて、マーケットはちょっと不安定かもしれません。 少なくとも先週までのように、みんながユーロを売っていた状況とはちょっと違うように思います。

このためか、昨夜は「G7がユーロに介入する」との噂でユーロが戻されたかと思うと、「ギリシャがEUの脱退を検討している」との噂もでるなどして、そのたびに上下しました。

リーマン・ショックのときもそうでしたが、マーケットの方向感やコンセンサス、センチメントなどがバラバラになってくると、様々な憶測・噂が流れ、そのたびにマーケットが動いたりします。
こうした相場地合は私は好きではなく、手は出したくない状態と言えます。


チャートはユーロドルの4時間足です。
20100520eurusd4h.gif
昨日から少し戻していますが、まだ十分とは言えず、下げる余地も十分にあるように思います。

この4時間の虹色チャートでは、上昇と共に虹は乱れてきているので、このまま1.24の後半まで上がることができるのか、それとも再び下向きになり、きれいな虹が出るようになるのかに注目したいと思います。

ただ、個人的には今月は先週までに十分の利益が出ているので、怪しそうな相場では様子見がいいかなぁと思っています。


またチャートは出しませんが、豪ドルが大きく下げてきています。
ここは売りで行きたいところですが、マーケットの主役はまだユーロですので、主役の動きによっては端役も影響されますから、ユーロドルの動きを確かめてからでも十分だと思ってます。
安値圏だからと値頃感で売ってしまうと、アブナイかもしれません。


ではまた

ユーロの戻りは...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


昨日はNYダウが370ドルも下落し、今朝の日経平均は1万円を割り込んでスタートしました。
VIX指数も45と、リスク回避モード一色で、ドル買い円買いの展開。
株や金が売られ、結局、米国債が買われているようで、ドル金利は低下。
これにより、ドル円では円買いになっています。

5月17日(月)のブログに書いたように、ドル円は下落し、昨夜は一時88円台に突っ込みました。
...現在は90円台に戻しています。 この辺がしぶといところです

また、昨日のNY時間にはユーロドルが戻しはじめ、昨日のブログで書いた1.24後半を抜けてから上昇が加速しています。
...私はユーロの戻りから、昨夜ユーロポンドを0.86ミドルで買い、現在もキープしています
   理由は昨日のコメントに書いてあるので省略します。


チャートはユーロドルの4時間です。
20100521eurusd4h.gif
昨日の時点で4時間チャートの虹は乱れていたので、売りはできませんでした。
その後、1.2445付近を上抜けしてから上昇の流れになりつつあります。

これを1時間で見ると
20100521eurusd1h.gif
1.2445を抜けてから加速したことがよくわかります。
そして、まだきれいに揃ってはいませんが、もうすこしで1時間チャートは虹がでそうです。
よって、ユーロドルはもう少し上昇していくのではないかと思っています。


ではどの辺まで戻すのか? ということになりますが、私は1.28ぐらいを予測しています。
理由は週足チャートです。
20100521eurusd1week.gif
今週はユーロが売られ大きく下げたため、週足の赤ラインからまだ離れています。
この位置が1.28付近で、ひとまずこの辺までではないかと考えているわけです。
特に今日は金曜日なので、週末の利確などでショートカバーされ、このレベルぐらいは行くのではないかと思っています。
但し、ユーロは基本的に弱い通貨になっているので、戻す方向がメインではありません。1.28に届かず落とされるかもしれないので、ここは戻りを確認して売場を待つ方が良いと思っています。


さて、円の動きですが、昨夜は激しかったですね
特にクロス円は大きく下げましたが、ユーロドル、ポンドドルが少し戻しているので、ユーロ円、ポンド円も戻しています。
ただ、昨日の動きが大きかったので、今日は方向感がないままおわるのではないかと思っていて、円には手が出しにくいと思っています。

唯一例外は豪ドル
豪ドルは、対ドルでも、対円でも弱く、下げています。
売るならこれかもしれませんが、金利などのファンダメンタルズを考慮すると安いところでは買いが入りやすく、金曜日の利確の動きと合わさると思わぬ上昇になるかも知れないので注意が必要だと思います。


今日は週末の金曜日ですし、今週は大きく動いてみんな疲れてそうです。
あまり深追いせず、早めの利確や撤退が良いかも知れません。

ではみなさん、よい週末をお過ごし下さい

告 知
本日、私が連載を書かせて頂いている、月刊 FX攻略.comの7月号が発売されます。

今回は、敗因の研究について書いています。

マーケットで負けないためには、負けた理由をキッチリ検証することが大事だと思ってます。
その辺にご興味のある方は、書店かアマゾンで入手して頂ければと思います。

また、虹色FXを最初から勉強してみよう、という方は1月号から連載中ですので、バックナンバーをお読み頂けると、毎月テーマ毎に書いているので、ご理解頂きやすく、このブログも読みやすいかもしれません。

よろしくお願いいたします。


方向感なくなるか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


金曜の米国株式市場は、スタートから下げて一時1万ドルの大台を割り込みましたが、そのままで終わらないのが日本の市場との違いでしょうか。 NYダウは結局125ドル高の10193ドルと、1万ドル台をキープしただけでなく、木曜日の10068ドルを底に反発した形になりました。
...周りに流されアッサリ1万円を割り込んでしまう日本の株式市場とは本質的に違う気がしますね


さて、為替市場ですが、戻りはじめたユーロドルは金曜日のブログで予想したレベルまでは戻らず、今日も上げていかないと方向感がなくなって行きそうです。
...まずは金曜の高値を越えられるかに注目です。

チャートはユーロドルの4時間です。
20100524eurusd4h.gif
先週の18日(火)と19日(水)に1.21台でを底にしてひとまず戻しています。

直近の動きを見ると、金曜は上昇しましたが、今日は緩やかに下げていて、金曜に考えた1.28台への戻りは難しいかもしれません。
当面は1.27~1.28レベルに戻せるか? それとも1.21を割り込んで行くのか? に注目だと思います。
しかし虹は乱れていますし、方向感がないため、トレードはしにくいですね


先週はリスク回避の動きが強まり、ドル円・クロス円が大きく下げました。
NYダウが戻しつつあることからも、このままさらに下落するには、新たな材料が必要だと思うので、マーケットが沈静化してくると、ドル円・クロス円も戻す方向だと思っています。

チャートはドル円の4時間です。
20100524usdjpy4h.gif
先週の月曜日にドル円は下落方向と予測した通り、虹を描いて下落していますが、直近は少し戻しています。

先週のリスク回避マーケットでは、株や商品などのリスク資産が売れら、米国債などが買われたようで、米10年国債の利回りは一時3.1&%まで下落しました。
一方、YEN蔵さんのブログでも書かれているように、短期金融市場ではドルが求められていて、ドルLIBOR3ヶ月物は上昇しています。
リーマンショックのときもそうでしたが、リスクが高まると決済通貨としてドルを保有していないと、金融機関の資金がショートしてしまうかもしれないので、ドルの需要が高まるようです。

こうなると、アマチュアの私にはわかりにくくなるのですが、長期のドル金利は低下、一方短期のドル金利は上昇し、為替市場はどちらへ動くのか? という感じです。

で、このような場合、私は虹色チャートの動きを基本に考えますが、ドル円は下向きの流れながら虹は乱れていて、チャートもわかりにくいですね。

となれば、長年マーケットで生き残ったYEN蔵さんの教えに従うのが良いように思います。
それは「わかりにくい時は、やらない」というものです

そんなわけで、私はどちらへ動くかを確かめてから、マーケットに入りたいと思います。


ただ、チャートから見ると、ドル円・クロス円は先週急落したので、今週は戻す可能性もあると思っています。
戻りが始まれば、ひとまずドル円は91円~92円、ユーロ円は116円~118円、ポンド円は133円ミドルから135円ぐらいの戻りはあっていいと思ってます。
...まずは金曜の高値を越えるかどうかにかかってると思います。

問題は先週急落した豪ドルで、78円ミドルから80円ぐらいの戻りはあると思ってますが、もし豪ドル円がさらに売られるようだと、ドル円・クロス円も上値は限定的になってしまうと思います。


まずは荒れた先週の動きがどうなるのかを見極めたいと思いますが、今日はスイス・ドイツ・カナダが休日ですし、まだ月曜の東京時間なので、欧州時間になってから考えたいと思ってます。


ではまた

方向感がわかりにくい?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日は方向感のない日でした。
Twitterでも、上がるようで上がらず、下がるようで下がらずと書きましたが、わかりにくかったですね。
その後深夜にスペイン中央銀行が経営難の地方銀行を管理下に置いたとのニュースで、欧州金融リスクが意識されユーロが売られましたが、売り浴びせられるという展開ではないように思います。

しばらくは、方向感のない展開となりそうで、様子見か、狭い利幅で早めに決済した方が良いように思います。
虹色チャートでは、ユーロドルの1時間に下向きの虹が出そうなので、ここに注目です。


チャートはユーロドルの4時間です。
20100525eurusd4h.gif
先週少し戻しかけましたが、結局下落。
しかし1.214も近いので、これを意識した展開だと思われます。
基本的には下向きの動きですが、慎重に行きたいと思ってます。


もうひとつはドル円の4時間チャート。
20100525usdjpy4h.gif
こちらも先日のチャートとあまり変わりがなく、90円60ぐらいで上は抑えられ、かと言って下げる展開でもありません。
89円~91円ぐらいの展開と思われ、あまり動きはありません。
チャートも虹が乱れたままで、方向感がありません。


こういうときは、FOREX RADIOでも聴いて、勉強しようかな。
昨日のTwitterでも書きましたが、昨日のMondayFX第20回は、特にリスナーのメールコーナーが勉強になりました。
FXを使った長期投資や債券との併用方法など、なるほどと思う部分があり、さすがに長年金融界にいるYEN蔵さんや、だいまんさんの考え方は、さすがだな、と思いました。

レンジ相場でトレードしにくい場合や、わかりにくい相場で手を出しにくい場合は、こうした放送を聴いてみるのも良いと思います。

ではまた

下を意識しつつ...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


いつものことながら...私が「わかりにくい」とか書くと動いたりします
この数日も主要ペアはみんなピボットをつけて一定の範囲の動きで、方向感がわかりにくいなぁ...などと書いたら、北朝鮮の地政学的リスクも加わり、昨日は大きく下げました。
、結局その後は大きく戻し、往って来いになっています。
...やはり、わかりにくい...というのが本筋かもしれません

さて、今日ですが、引き続きわかりにくいと思ってます。
...わからないときは、やらない...という教えに従う方が良いかもしれません。



チャートは、近ごろTVニュースでも話題になる、ユーロ円の4時間です。
20100526eurjpy4h.gif
昨日の部分をで囲っていますが、前半に下げて、その後戻しているのがよくわかります。

チャートの虹は下方向なので、基本的には下向きの流れだと思いますが、昨日の動きが大きかったので、今日はあまり動かないで、昨日の範囲で方向感のない展開になるかもしれません。

これは、ここにチャートを出していない他の通貨でも同じ事で、下方向を意識しつつ、様子見になりそうです。
月末も近いので、決済など実需の動きも予想されますので、慎重に行きたいと思っています。
...今月は忙しい相場で利も十分なので、モチベーションが落ちてます


ではまた

噂で動く...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨夜は、相変わらずユーロが弱く、攻撃されているのを実感しました。
そのたま、NYダウもついに終値で$10000を割り込んでおり、ドルLIBORも上昇、マーケットはリスクが去っていないことを示しているようです。

チャートはユーロドルの4時間です。
20100527eurusd4h.gif
5月19日の安値(1.2143)は越えませんでしたが、その僅か手前の1.2153まで下落しました

私は東京時間に一度1.2280付近で売りましたが、落ちずコストで撤退。
その後外出し、帰宅した23時過ぎには下落していて入れませんでした。
25時過ぎにさっさと寝て、朝起きてみるとさらに1段下げてました
虹は下向きだったので、売っておけば良かったのかもしれませんが、先読みしにくく神経質に動くマーケットなので、目を離してのトレードは危険だと、私は思っています。

ここでポンドドルの4時間チャートも見て比較してみます。
20100527gbpusd4h.gif
ポンドも決して強い通貨ではなく、先週末から売られた(ドル買い)のは同じなのですが、このところは方向感がなく推移しています。

この辺からも昨日の下落は、ドル買いの動きではなく、明らかにユーロだけが売られたものだとわかります。
しかも、報道で、短時間に動いていて、やりにくい展開に思えます。


当面は、VIX指数、ドルLIBOR、NYダウ...そして報道でに左右されるマーケットが続きそうです。
虹の動きを慎重に確かめて、見ていることができる時だけトレードして、欲張らないようにしようと思ってます。

また来週の月曜日は米国・英国がお休みになるので、その辺も注意だと思ってます。
今日は19時からYutamaMarket T VYEN蔵さんのセミナーがあるので、ゆっくり勉強したいと思っています。



ではまた

ひとまず戻るが...

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。


昨日はドル円・クロス円を中心に朝から大きく上げて、近ごろの下落相場の戻しになっています。
今日は週末金曜日ですし、月曜は月末にもあたりますが米国は休日なので、こうした月末・週末を控えた売り方の決済=買いが起こったと思います。

ただ、基本的には欧州の金融リスクは解消しておらず、少し戻ったら再び売られると考えており、戻り売りのポイントを待ちたいと思っています。
...もはやギリシャ問題ではなく、欧州金融危機という感じです。

チャートはユーロ円の4時間です。
20100528eurjpy4h.gif
ユーロ円は、ドル円の戻りもあって、3円50銭以上上昇
しかし昨日の高値をまだ越えられずにいます。
急激に戻して4時間の虹は乱れており、一方1時間が上昇の虹になるわけでもなく、トレードできません。

こうした戻りはポンドと豪ドルで顕著で、ユーロのとばっちりで下げていたこれらの通貨が一気に戻っています。


ではユーロはどうかというと
20100528eurusd4h.gif
ユーロドルの4時間チャートを見ると、26日(水曜)のNY時間に中国外貨準備などの報道で一気に売られた分を取り戻しただけで、反転とまでは言えないくらいの戻りです。

ユーロの売りが止まるようには思えません

今朝のTV東京 モーニングサテライトでは、元IMFのエコノミストである慶應義塾大学教授 白井さゆり氏が欧州危機の問題を解説していて、これを見る限り、欧州の問題はとても解決するとは思えません。

そんなわけで、私は戻り売りスタンスです。
どこまで戻すかを見極めたいと思ってます。


では、よい週末をお過ごし下さい

円の戻り

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、つぶやいています。

週末はいかがお過ごしでしたか?
さて、金曜日、ユーロドルは1.245ぐらいまで戻しましたが、そこから売られ結局は1.22後半へ落とされてしまいました。 マーケット参加者の心理は金曜日のブログで私が書いたように、ユーロは売りというスタンスなのかもしれません。
...フィッチによるスペインの格下げも影響しています。


そんな中で、欧州金融危機で混乱するマーケットで買われてきた円が市場の落ち着きとともに戻してきています。

チャートはユーロ円の1時間です。
20100531eurjpy1h.gif
チャートのピークは金曜日の113円台で、虹ができそうになったところで、ユーロの下落とともに下がっていますが、現在は再び上昇しており、もう一度虹を描こうとしています。

ユーロの影響を最も受けるユーロ円がこれですから、ドル円やポンド円も上昇していて、円はすこし戻しています。

欧州で金融システム不安などが起これば、すぐに円買いになると思いますが、当面は欧州問題も落ち着いてきており(金曜日のブログのように一時的と思いますが...)、ドル円のドル買いによる上昇とともに、もう少し戻るかも知れません。

しかし1時間チャートですら、まだ虹が出ていないということは、4時間は全然で方向感がない状態です。
今日は英国がスプリングバンクホリデー、米国がメモリアルデーで休日ですし、月末でもあり、様子見の方がいいかもしれません。

私は虹色チャートでマーケットの動きをみて、誰もが買う場面なら、買い誰もが売る場面では、売るというスタンスなので、現在の様に、買う人と売る人の勢力がはっきりしない局面=方向感のない場面ではトレードしないことにしています。
...上記のユーロ円では若干買い手の方が多いように思えますが、まだ「誰もが・・・」と言える状態とは思いません。

もう一度、ユーロ売り、ドル買い、円買いになる可能性が高いと思いつつ、マーケットの先の動きは予想できないので、どうなるか見極めてからトレードしたいと思っています。

ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ