国の借金860兆円!!


FX
へようこそ


先週金曜日の米国雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想より大幅に良く、マーケットは急変しました。
その後の動きを見極めるべく、様子見してます。


さて、それより重要なのは、財務省が発表した国の借金が860兆円になった!...ということ。


現在の日本の政策金利は0.1%

しかし、健全な経済成長と言われる2%ぐらいになったら、この借金の利払いだけで17.2兆円!
もし、インフレで5%となったら、借金の利払いだけで43兆円となり、平成21年度の税収予算46兆円がほとんど消えてしまいます!

それもこれ以上借金をしない前提ですから、単年度で収支が赤字の日本の財政は悪化することはあっても改善は夢のような話しです。


こんな国の通貨が強いのは、なぜですかねぇ...
日本の場合、借金はほとんどが円建てで日本人が債権者なので、イザとなれば、棒引き・踏み倒しでもするのでしょうか

マジでありうる話しです。


そうなったら、国外脱出かなぁ...

政権交代


FX
へようこそ


昨日の衆議院総選挙で、政権交代が決まりました。
昨夜はすこし興奮ぎみに開票結果を見ていた方も多いのではないでしょうか。


さて問題はマーケットの反応です。
特に財務大臣人事は注目です。「アメリカ国債は円建てでなければ買えない」ような趣旨のことを平気で言うような人が、本当の財務大臣になったりしたら、混乱するでしょう。


そういう意味では新政権には??ですが、今朝のTV東京・モーニングサテライトに出演していた大塚耕平参議院議員は、日銀出身ということもあり、ツボを得た受け答えで、すこし安心しました。 
※このインタビューはモーサテのHPから見ることができます。

民主党が本気になって、国会をはじめ、地方議会などの議員定数を半減するくらいの大幅なチェンジをやってくれるとこを期待したいものです。
...でもねぇ、結局センセイになっちゃうと、自分の保身しかかんがえないのかなぁ...


脱線してしまいました。
いずれにせよ、実質的には戦後初の(93年に細川連立政権もありましたが...)政権交代なので、マーケットもどう反応するか、予測できませんし、大きく動くかもしれません。

また本日は英国が休日なので、ロンドンはお休み。
外為市場で最も取引量の多いロンドンがお休みなので、NY待ちとなるのでしょうが、アマチュアの私はこうした先行きの見えないところでトレードはしないで、しばらく様子見したいと思います。


ではまた

アマチュアの情報交換


FX
へようこそ



昨日はForex Radioの放送500回記念パーティに参加させて頂きました。



アマチュアの私は、こうしたFX関係のパーティには初めて参加したのですが、酒匂さん、大倉さんという為替界の重鎮をはじめ、ディーラーズバトルの執筆陣であり、今回の主役、だいまんさん、ゴルフさん、YEN蔵さん、鷹くん鳩ちゃんの金融よもやま話の鷹鳩さん、南アフリカランド研究所のランケンさん他、多くの方々がいらしていて、とても刺激になりました。
...3次会までおつきあい頂き、ありがとうございました



ここでご紹介できなかった方を含め、みなさん、いろいろ教えていただきありがとうございました




個人投資家は1人でモニターに向かい、1人で考え、悩むことが多いと思います。 私もそうです。
だからこそ、こうした機会には積極的に参加して、いろんな人の意見やアドバイス、相場感などを聞くのはとても良いことだと思いました。


今回のような機会を作ってくれたForexRadioだいまんさんに感謝するとともに、こうしたラジオでリスナーとして繋がっているのも、アマチュアには重要なネットワークに広がることがわかりました。
マーケットから退場させられないように、こらからもラジオを聴きたいと思います。


ではまた


※メタトレーダーやチャートについては、改めて書きます。 すみません

続きを読む

テンプレート変更

虹色FX 管理人の田向宏行です。
文字が小さいから、標準サイズにして! という要望が以前にありましたので、今回テンプレートを変更してみました。
少し大きくなって、読みやすくなったかなぁ...と思ってます。

ご感想があれば、コメント頂けるとうれしいです。

ではまた

なぜ投資を学ぶか?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

このブログにアクセスされた方は、FXや投資にご興味をお持ちだと思います。
そうした方に、私の投資についての考え方をお伝えしたいと思います。

私はFX(外国為替証拠金取引)をメインにトレードしていますが、これは利益を得ることと同時に、グローバル経済や投資の勉強だと思っている側面もあります。

では、なぜ投資を学ぶか、といえば、
残念ながら、この国の将来に期待できないからです

私が子どもの頃、日本は高度経済成長期でした
オリンピックが開かれ、ベビーブームで人口は増加し、給料は上がり、家電製品が増えていき、インフレでしたが経済は右肩あがりで拡大していました。

しかし、今、そして将来、同じ事は起きそうにありません。
理由はいくつかあります。

①人口が減少
日本の人口は減る一方です。
さらに労働人口は、少子化と高齢化で大きく減り、収入を得る人が減るわけですから、消費も減ります。 これで国内の経済が発展するとは思えません
人口の減少は日本の経済成長を阻害する最大の理由だと思っています。

②デフレ
850円のジーンズが発売されるように、日本はデフレ社会で、モノの値段は下がっています。
必要な物は十分に行き渡り、洗濯機が欲しいとか、クルマが欲しいとか、テレビを見たいとか、日本はそういう成長局面ではありません。 (中国やアジア諸国は正にこの局面でしょう)
物質的には足りてるわけですから、値段は下がり、給料もあがらず、消費も増えず、やはり経済成長するとは思えません

③低金利
デフレ社会ですから、給料は上がらず、物価も上昇せず、金利は低い、低金利社会です。
1990年代でさえ、銀行金利は6%ぐらいあり、預けたお金が12年で倍になりました。
年金基金などはこうした利回りで運用して資金を増やせましたが、現在は1%以下。
こうした安定運用はもうできません。
仮に金利が1%もあったとしても、倍にするには70年以上かかります。

④財政赤字
日本の国のお金、財政は最悪です。
新政権に抜本的な対策を期待しますが、もしかしたら悪化を加速するかもしれません。
一般の家庭に例えるなら、年収400万の家庭が、年間800万円~900万円支出して生活をしています。...それも毎年 (...一般会計での試算)
年間の収支が、とんでもない赤字の状態がずっと続いています。
...リアルタイム財政赤字カウンターや、財務省の財政を考えるを見ると、ショック

これだけでも一般家庭なら破綻するのに、この他にローン残高が8600万円あります。
異常事態です。
一般家庭ならとっくに自己破産です。

以上のような①~④の状況から、私が10年か20年して老年に達する時に、十分な年金が出て、医療や介護など十分な公的サービスが受けられるとは、とても思えません。
...だって、国にお金が全然ないんだから!  経済も成長しないんだから!

①今50才以上で、②ずっと大手企業勤務か公務員で、③3段の年金があり、④自宅を所有しローン残がなく、⑤他に大きな借金のない人は...私のように心配しなくても、いいかもしれません。
しかし、この5つをクリアできる人は少ないと思います。

この5つに該当しない私は、自分で将来に備える必要があると思っています。
リタイア後も自分で収入を得る方法や技術を身につけておく必要があると思っています。

「備えよ常に!」は、ボーイスカウトの教えですが、お金の備えはとても重要だと思ってます。

日本政府をアテにしたら、とんでもないことになりそうです

私はFX、株など、いろいろな投資を通じて金融経済を学んでいるわけですが、これは一種の「技術」だと思ってます。 お金を働かせる技術を身につけることは、とても大事なのではないでしょうか?

しかも技術は、ある日突然、身につけることが出来るものではありません。
英語を身につけるように、時間のかかるものだと思っています。

あなたが40代以上なら、今から資格を取るより、マネーの勉強をした方が将来に役立つかもしれません。
あなたが20代や学生なら、就業する一方で、じっくりマネーの勉強をする方が良いでしょう。
特に若い世代は未来の日本の膨大な赤字を返済させられる世代なのですから。


ではまた

投資は技術

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

週明けの月曜日、マーケットにあまり動きはなく、明確は方向性もありません。
前回のブログが意外に好評で、何人かの方からメールも頂いたので、今回も調子に乗って続きを書きます。


前回のブログで、投資は技術だと書きました。
スポーツや、語学や、運転のように、知識と経験の両方を積んで習得するものだと思います。

当然ながら、すぐにできることは技術とは言われません
よって投資も、すぐに儲かるものではないと思います。
...ビギナーズラックは続きません...これで損失を拡大する人がたくさんいます

株や為替、不動産など投資先はいろいろありますが、いずれも簡単に儲けられるものではありません。
まぁ...そんなに世の中あまくないでしょう

しかしスポーツも、語学も、運転も、練習を続けると徐々に腕を上げることができます。

投資や運用のプロだって、最初はアマチュアです。
銀行のディーラーだって、最初はぺーぺーの新入行員です
マーケットで鍛えられ、生き残った人がディーラーとして儲けているわけです。

人によって、投資に向く人、向かない人がいると思いますが、経済を勉強したり、マーケットで実習することで、私達アマチュアでも少しは儲けられるようになると信じています。

特にFXは、金融経済全般を勉強する、よい素材だと思ってます。

なぜFXかと言えば、①為替市場は24時間動いていて誰でも見やすい、②日本だけでなく世界の主要国の金利や株価など経済状況をウォッチする、③金・原油・穀物などの商品市場の動向もチェック、④短期金利の動向も注視、④時には不動産市況も重要な要素となり、⑤主要国の財政状況も話題、など、グローバル経済を実地に勉強する良いツールだと思うからです。


FXでデモトレードをしながら、生きた経済情報に触れることで、FXだけでなく、株や不動産、金などの商品にも共通する、金融知識と、相場やチャートを見る技術を身につけることができると思います。
また、デモトレードでも自分の判断の結果が、損益として現れるので、投資に一番大事な現実を見る目が養われると思っています。
...最初は、損が拡大して、投資は甘くないことを痛感するでしょうし


もちろん他の相場でも良いのですが、株式市場は取引時間が限られている上、銘柄が多いため経済全体の流れがわかりにくい、不動産市場は実際に取引しないと個別の情報が手に入りにくい、金・原油・穀物などの商品相場も個人にはなじみがない、などの問題点を考慮すると、FX取引で便利になった、世界最大の相場である為替市場が金融の勉強には適していると思っています。


もし、FX取引に興味をお持ちの方で、これから始めようと言う方がいれば、
まずは3ヶ月ぐらいデモトレードすることをお奨めします。


デモで勝てない人が、自分のお金を使って勝てるはずがありません。
また、損を取り戻すのが、とても大変だということが体感できると思います。

大事な自分のお金を無駄に失わないように、是非デモをしながら、技術を身につけて頂ければと思います。
...そのときに、この虹色FXが参考になれば、光栄です

ではまた

デモトレードの重要性

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

今日は、米国雇用統計の発表を控えて小動きなので、コラムです
以前、投資は技術というコラムを書きましたが、この技術を身につけるのには、練習が必要です。

このマーケットの練習に不可欠なのが、デモトレードです。

デモはしょせんデモであって緊張感がなく、無意味だという意見をお持ちの方もいらっしゃいますが、
私は3ヶ月ぐらいのデモトレードを推奨しています

どんなスポーツでも、技能でも、最初から出来る人はいません
クルマの運転も最初からできるわけではなく、教習所で段階を踏んで練習したはずです。
S字、クランク、坂道など様々な練習の上で、運転技術を身につけるわけです。

この点は、トレーディングでも同じだと思っています。

しかもマーケットでは、初心者マークは通用しません。
モニターの向こうには、世界中のプロがあなたのお金を狙っているわけです。
そんなところに、練習もせずに向かっていけば、カモネギです


チャートはドル円の4時間です。
USDJPY4h demo

チャートの見方を少し勉強すると、ブルー()の部分でトレード・チャンスであるのがすぐにわかると思います。

こうしたチャートやローソク足を見る目を養い、流れに逆らわずエントリーする方法をデモで十分に身につけてからリアルマネーを使う方が、安心なのではないでしょうか。
...私自身は、そうしたアドバイスがあれば、もう少し楽だったように思います

またデモトレードをするなかで、待つも相場という言葉を体験的に理解するチャンスがあるかもしれません。
トレーディングを始めると、仕事のように毎日トレードしようとする方もいますが、マーケットが毎日自分に都合の良い状況であるはずがありません
トレーディングでは、待つということも、とても重要だと思います。
...特に虹色FXは、待つ時間が長くなると思います。


今回こうしたことを書いているのは、資金を失ってマーケットから強制退場させられたアマチュアの友人が何人もいるからです。
これを読んで頂いた方が、次の退場者でないように、私はデモトレードの重要性をお伝えし、そのデモ修行の間にご自分の勝てるトレード方法を確立されるとよいと思います。


ではまた




月100万円

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。

先週金曜日の雇用統計で、米国失業率は26年ぶりに10.2%と上昇しましたが、これに悲観せずNYダウは上昇。 今日の為替市場も楽観からかドル売り、円売りとなっています。


さて、今日は月に100万円の利益を上げるにはどうしたら良いかを考えてみます。

FXで月100万円
なんか本のタイトルみたいですが、月100万円という金額は、アマチュアのひとつの目標かもしれません

1万通貨で取引している人が月に100万の利益ということは、10000pips取るということで、ドル円・クロス円では100円分儲けなければなりません。
...これは事実上無理でしょう

しかし、100万通貨で取引している人は、100pips(ドル円なら1円)を取れば良いわけです。
...100万通貨はインターバンクの1本と同じなので、かなり巨額です


ここで私が注目するのは、金額より、何pips取るかが重要だと言うことです。
...儲けた金額を書いた本などがありますが、先ほど書いたようにロットが大きければ金額が大きくなるのは当たり前ですから、注目すべきは、何pips取るかだと思っています。

私は安定して月に300pips~500pipsの利益というところが、アマチュアが無理せずにトレードする目標ではないかと思っています。
これくらいを安定して取れれば、あとはロットを増やせば簡単に100万円にすることもできるからです。

300pipsは、ドル円・クロス円で3円、500pipsでも5円です。
虹色FXでは、週に1回程度の大きく動く場面で、1円~2円のトロを頂くのを目標にしており、月に3円ぐらいは可能な範囲だと思っています。 
ただ、いつ大きな動きになるかはわからないので、虹色のサインが出て、エントリーしても、結局建値や薄利で終わってしまうことも当然あります。
しかし、そこで損をしなければ、月に3円~5円は達成可能な範囲だと思います。
...但し、エントリータイミングが悪いと、建値にもできず損失となりますから、エントリーが最も重要です。

最初は、先日のブログで書いたようにデモトレードで始め、コンスタントに300ぐらい取れるようになったら、1万通貨で、それでも上手くいくなら10万通貨で、という風に自分のトレード技術に磨きを掛けながら、ロットを増やせば、近い将来には安定的に月100万ということも可能になってくるのではないでしょうか。


ちなみに1990年1月から2009年10月までの238ヶ月の月間の平均値動きは、ドル円で5円68銭、ポンド円では10円18銭、ユーロドルでも551pipsでした。

月100万円...ではなく、まずは月300pipsを最初の目標としてはいかがでしょうか

ではまた




感想戦

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。


将棋には、感想戦というものがあるそうです。
対局が終わった後に、盤を前に何が間違っていたか、何が良かったか、反省するものだそうです。
...もし、詳しい方がいらっしゃったら、コメントでサポート下さい

私はこの話を、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀、という番組で知ったのですが、トレーディングでもとても重要なことだと思います。

マンガが原作のドラマ ドラゴン桜 でも、阿部寛が演ずる元暴走族の弁護士が、失敗したときが一番学ぶ機会だ というようなことを言ってましたが、脳科学者である同番組のホスト・茂木健一郎氏によれば、後悔の念が脳を成長させるとのことでした。

ここで重要なのは、くよくよと、後悔することだそうです。

単に反省して、過去を省みるだけでなく、くよくよと後悔して現実の負けと、理想の儲けとのギャップを強く認識することで、脳に適応力ができるとのことです。
...確かに私もリアルで十分に負けましたし、デカく負けたのが真剣に相場を見るきっかけになりました


またくよくよと後悔することで、2つの効果があるとのことです。
①失敗から他の方法を具体的に想像する、シュミレーションの効果
②間違った選択に秘められた、自分の価値観・世界観を反省する効果

こうした点を考えると、本気でトレードして、自分のお金で大きく負けるのが良いのかもしれませんが、失敗はこれ1回で終わることは、まずないでしょう

そういう意味では、私はデモトレードを真剣にして、残高が減っていくことで、後悔する方が良いと思ってます。

ですから、気軽にデモトレードをしてはいけません
常に本気で、キチンとトレード記録を残しつつ、やらなければ、いくらデモしても勝てないし、リアルでは絶対に勝てないと思います


本気でデモトレードして、負けたら感想戦をする、これが大事だと思います。


今日も相場はわからない
わからない相場は、やらない、これが私のやり方です

ではまた

デフレもわるくない?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左のカテゴリをご参照頂ければと思います。


あけましておめでとうございます。
2010年のマーケットは、今日1月4日からスタートです

今年もアマチュアの立場で、アマチュアに適したトレードを探求して行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
...どんな事でもお気軽にご質問やアドバイスのコメント頂ければうれしいです


さて、昨年、日本政府はデフレを宣言し、2011年までデフレが続く予想が出ていることから、今年の日本経済の先行きを心配する声がありますが、私はデフレも悪くもないのではと思ってます。

もちろん、デフレとなればモノが売れず、企業業績が落ち込み、給与所得は増えないでしょう。
しかし、マーケットに参加している私たちは、日本経済や会社の業績に関係なく、マーケットから直接利益を得る手段を知っているわけです。

マーケットから利益がもらえる人にとっては、モノが安くなり、生活コストが下がることを考えると、デフレもわるくないなぁ...となるかもしれないのです。


今後も日本経済が昔のような成長路線に戻るとは思えませんし、企業業績が改善したとしてもそれが給与に反映されるかどうかには懐疑的です。
だからこそ、リスクを少なく、無理せず、焦らず、欲張らず、マーケットから利益を得る技術を身につけることは、誰にとっても重要だと思いますし、マーケットは年齢・性別・学歴を問いません。
...虹色FXがそうしたFX初心者の方や、アマチュア投資家の方の参考になれば、と思っています。

本年もどうぞよろしくお願い致します

金融クイズ?

FXへようこそ
※初めて虹色FXにアクセスされた方は、左側に設置ののカテゴリ欄をご参照頂ければと思います。
左側のTwitterでは、最新の相場感、虹色チャート現況などを、勝手につぶやいています。


日本は昨日からゴールデン・ウィーク入りして連休モードですし、ユーロ圏はソブリン台風の中、英国は総選挙(5月6日)直前ですし、米国は金融が嫌われています
...なんかバラバラな印象です

そこで、近ごろ金融投資やFXについてご相談を受けることが続いていたので、普段の為替マーケットの話から離れて、金融取引や投資の全般についてクイズを考えました。
...とても簡単ですが、連休のヒマつぶしに考えてみて下さい。
   というか、FXトレードをしている方は即答できて、つまらないかも


私のようなアマチュアが言うのもおこがましいのですが、私も最初は知識もなく感覚(いわゆる値頃感)で取引して失敗しました

最低限の金融知識も持たずにプロの市場へ入れば、結果としてカモになっている可能性が高くなります。
...金融取引の世界で生きているプロと、私たちアマチュアでは、力量が大きく違うと思います。

知識ゼロで投資するということは、車の免許すら持ってない人が、F1レースに出場するようなもので、無謀です
投資は技術という側面もあると思っていますが、それでもその基本となる知識は必要だと思います。


FXはこうした金融全般の知識を得たり、フィナンシャル・リテラシーを高める教材としても、とても良いと思っていて、デモ口座でFXを練習しながら、金融知識を身につけるのが、楽しみながら実践的な勉強もできて一石二鳥だと思います。
...もちろん巨額の余剰資金をお持ちで100万円や200万円ぐらい捨てても、全然気にならないよ~ という方は、マーケットのためにも積極的(無謀)にトレードして頂ければと思います

ただ、私はデモトレードが重要だと思っており、3ヶ月は続けることをお奨めしています。
デモで勝てるようになってからリアルにすれば、あとは儲かる確率が格段に高くなります



さて、ここでクイズ?問題です
Q1:100万円を利回り7.2%の複利で預けました。200万円になるのは、何年後?

Q2:今日あなたが持っていた会社の株価が5%上がりました。1株あたり利益はどうなりますか?

Q3:債券市場で日本国債の価格が上がりました。利回りはどうなりましたか?

Q4:ドル円レートが90円から100円になりました。ドルの円に対する価値はどうなりましたか?

Q5:預けると元本保証で3年後に倍になる金融商品があります。あなたは契約しますか?

この5問は、金融の基本に関する問題として考えました。
もしあなたの周囲で「金融や投資は危ない 怖い 私は大損した」という人がいれば、この質問をしてみて下さい。

もし答えらない場合は、ある意味、損をしても当然なのかもしれません。
もし全問正解なら、なぜ投資は危険だ! と考えるか、その人に細かく聞く価値があると思います。

運転免許もなく、交通標識を知らずに、一般公道を走れば、運良くしばらくは走ることができても、いずれは事故を起こす事は容易に想像できます。
それが世界最高峰のF1レースなら事故をして、損失を被っても当然でしょう。
...偉そうに書いている私も失敗している頃は知りませんでした
   だからこそ、金融経済の基礎を知ることは重要ですし、FXは生きた教材にもなると思っています。(キッパリ)





さて、解答は、連休の終わりまでのお楽しみ
...連休中に答えを探すのも、面白いかもしれません。

では、素敵な休暇をお過ごし下さい

ご注意下さい!

ご注意下さい!
3月13日(日)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。

金曜日のブログを書いた後、大地震が発生し各地で甚大な被害が発生しています。
被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

こうした状況でもグローバル市場である為替市場は、この夜明けから通常通り取引が始まりますが、首都圏では輪番制で停電することが決定しました。

ここで重要なのは、私たちが取引に使っている、通信回線、インターネットサーバー、FX会社のサーバーなどのシステムが、この停電実施で正常に稼働し続けるか不明だということです。

電気が止まれば、どれも動かなくなる可能性が高く、またFX会社のサーバーが稼働していても、途中の回線が切れるかもしれませんし、そもそもトレードしている自宅が停電するかもしれません。
さらには、定刻通りに停電しないで、予定より早くなったり、遅くなったりするかもしれません。
現在は明らかに非常時で、何が起こるかわからない状態なので、通常と同じ考え方をしていると危険だと考えています。

FXを始めるときに本などを読むと、システム・リスクということが書かれていると思いますが、明日からのマーケットはまさにシステム・リスクにさらされると思います。

こうしたことから、このブログも少し様子見させて頂き、当面はツイッターと、ディーラーズ・バトルで状況に応じてコメントさせて頂ければと思っています。

虹色FXは損失回避が第一の戦略ですから、どこにリスクがあるかわからない状況では、様子見して慎重に対処する方が良いと思っています。

このブログをお読みいただいている皆様におかれましても、こうした非常時の予期せぬ事象で思わぬ損失を被らないように、ご注意下さい

早期に災害復旧が進むことを祈りつつ、節電や自動車使用を控えるなど自分で出来る範囲の協力をして行きたいと思っています。

ではまた

虹色FX勉強会

5月の連休以降7月末までの間に何度か開催した、虹色FXの勉強会は、多数ご参加頂きありがとうございました。
私自身も多くの方といろいろとFXのお話ができて、とても有意義な時間でした

今回、クリスマス・シーズンでマーケットがお休み状態なので、リクエストにお応えして、再び虹色勉強会を企画致しましたが、23日の勉強会のあと体調を崩してしまったので、年内は休養することとしました

また先日は遠方より参加して頂き、ありがとうございました。

また何か企画したら、ご案内致します。


また定例の水曜勉強会ですが、私がトレーディングと、セミナー企画などで多忙になっていますので、しばらくお休みさせて頂きます。


勉強会開催の際は、ここでご案内致しますので、以下の要領でお申込み下さい。

参加申し込みは以下の通り
ブログ右下の Comment をクリックし、Mail 欄に連絡先のアドレスをご記入の上、参加希望日などメッセージをお書き下さい。

虹色FXコメント欄

その上で、左下の四角の Secret にチェックを入れ、右下の Submit をクリックすれば、私宛に送信でき、内容やメールアドレスはブログ上に表示されません。
 
私からは、会場などのご案内をメールいたします。


最後に、虹色FXのチャート設定や、考え方、トレード・タイミングなどは、このブログでも公開していますし、2010年1月号から連載を書いている、月刊 FX攻略.comでも公開していますので、虹色FXのノウハウについて知りたい方は、そちらをご覧ください。
※雑誌(FX攻略)はバックナンバーを入手されれば過去の記事も読むことができます。
※もし2名以上で虹色FX勉強会の開催を希望される場合は、
 上の方法(初めて参加の方)でご連絡頂ければ、日程調整の上、開催を検討致します。
 なお、これまでの勉強会と同様に1人1回¥5,000を会場費・参加費とさせて頂きます。


マーケットは努力を裏切らない場所です。
個人投資家でも、努力するとマーケットから利益を得られるようになると信じています。

また、天才は努力する者に勝てず、努力家は楽しむ者に勝てない、と言います。
楽しく努力し、儲かるとさらにFXは楽しくなります
そのためには、FX仲間も作りましょう

こうした私の趣旨にご賛同いただける方がいれば、私は幸福だと思っています。


ではまた


プロ並のチャート

6月18日(土)
FXへようこそ
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 具体的なの使い方や、トレードのコツは、ブログ記事を参考にして下さいね
毎日、直近のマーケット動向については、ディーラーズ・バトルTwitterで、虹色チャートをどのように見ているかを書いています。 貼付チャートはクリックすると、別ページで拡大します。
ディーラーズ・バトルを書かせて頂いているインヴァスト証券さんのFX24のキャンペーンです。
 ...ここから口座開設されると、私にも少しお小遣いが入ってきますので、田向にちょっと小遣いをという方も是非
         虹色FX勉強会のご案内は、こちらをご覧下さい。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

今日は土曜日で、マーケットがお休みなのでブログも更新しないのですが、今日の虹色勉強会でチャートの事が話題になったので、ご案内致します。
...ご参加頂いたみなさん、ありがとうございました
   時間も大幅にオーバーしましたが、私も楽しかったです


私は通常メタトレーダー4のチャートを貼付していますし、これは無料で使えるとても優秀なチャートです。
ブログをお読みの方はご理解頂いていると思いますが、私は4時間、1時間、15分あたりをよく見ています。
これはこの時間が4倍ずつで同比率だから、ということもあります。

メタトレーダーのチャートは通常こんな感じ
mt4 usdjpy1day
これはドル円の日足ですが、ここで見ていただきたいのは右上に赤線で囲んだ()部分です。
ここに時間の切換がありますが、拡大するとこんなです。
mt4 time
左から、
1分、5分、15分、30分、1時間4時間、1日、1週、1月
となっています。

ここで等間隔(同比率)の時間は、15分、1時間、4時間、しかありません。


チャートを見比べるときに、等間隔の時間の方が、時間比が同じなので、判断しやすいと考えており、メタトレーダーの中では、この組合せでしか使えません

私は慣れてしまったので、この3つでもいいのですが、勉強会などでいろいろな方の意見を聞くと、自分の空いている(家事や仕事の合間など)時間に合わせるには、適していない場合もあるようです。


そこで意外な発見だったのがインヴァスト証券さんのFX24のリッチクライアント版のチャートです。
ディーラーズ・バトルでお世話になっているから書くわけではなく、今日の勉強会でそうした声があったのでお伝えするのですが、このFX24のリッチクライアント版のチャートはとても良くできています

もちろん虹も出せるのですが、それより素晴らしいのは、この時間を自由に設定できることで、こうした点は銀行などのプロのシステムと遜色ありません。


チャートはインヴァストのリッチクライアント版のチャート(同じくドル円)です。
invast usdjpy1day
ちゃんと虹も出せています。
ここで注目は上の中央部分にある時間の設定部分)

拡大版はこちら
invast time
左の数値部分を自由に設定できるので、
10分-20分-40分とか、
2時間-4時間-8時間とか、
4時間-8時間-16時間とか、
1時間-3時間-9時間とか、
要するに自由に時間設定したチャートを表示させることができます
(全部は試してませんが...)

こうすることで自分のトレード時間やライフスタイルに合わせた虹の比較が可能で、メタトレーダーの15分-1時間-4時間に限らず自由に設定できます。

私は専業なので、1日をトレードに使えますのでmt4の設定でも問題はないのですが、兼業の方には朗報ではないでしょうか
...もっとも今日の勉強会でもいろいろ情報を頂いたように、
   私の知らないこともいっぱいあるので、他社にもあるのかもしれませんが

また東京近辺の方には、虎ノ門のインヴァスト証券さんに行くと、使い方なども教えてくれるので、マニュアルとにらめっこしなくても、体験を通じて使い勝手を覚えることができると思います。
...その際、不安なら虹色ブログにそう書いてあった、と言ってもいいですよ
   やさしく教えて頂けると思います。



ただし、メタトレーダーと違うのは、
このリッチクライアント版を使うには、インヴァスト証券に口座開設しなくてはならない、ということです。


いくつものFX会社に口座を持つのは面倒なのですが、より良いサービスがあれば使ってみるべきで、それでトレードが上手く行けば言うことありません。
...私も4年前には素晴らしいと思ったシステムも、現在では陳腐化して解約した会社もあります。
   特に現在はネット銀行を使うとお金の出し入れも簡単で、口座の変更にも便利ですね。


最後に今日の勉強会でもお伝えしたのですが、まずはこのチャートを試してみたい、という方は、このブログで左上に唯一設置しているリアルトレード24グランプリのバナーから口座開設して頂ければと思います。
...私にもちょこっとアフェリエイト収入のお小遣いが入ってくるはずですが.....
   5月から現在のところ1件だけでした...まぁ、そんなもんかなぁ

また、もしここから口座開設して、お取り引きまでしていただいた場合には、口座を開設した方にもキャッシュバックも設定されています。(詳しくはバナーのご案内をご覧下さい)
よろしければ、プロ並の機能のチャートをお試し下さい。


ではまた

情報交換

2月21日(木)

大変、ご無沙汰しています
前回のブログで週に1回ぐらいは更新を...などと書きながら、見事に2週間空いています


さて、本日は3月16日(土)に開催されるイベント、投資戦略フェアのご案内です。
...というか、重要なのは、このイベントの後にあるトレーダーの飲み会です


個人投資家が集まって、いろいろな情報交換をする機会はいくつかあるのですが、その中でも大規模なものがFX奈那子さんが主宰し、著名トレーダーや、元ディーラーなども出演料なし、というより私たちと同じ会費を払って、いち投資家の一人として出席する手作りイベント「FX友の会」でしょう。

毎年6月に東京、11月に大阪で開催されており、個人投資家が100人?200人?ぐらい集まって、いろいろな情報交換をしたり、友人を作ったり、著名ディーラーの方々に直接質問したり、しています。

この「FX友の会」に匹敵する規模での投資家イベントが3月16日に開催の投資戦略フェアです

こちらはFXだけでなく、株や商品のトレーダーもいるので、昨年の飲み会はFXと株の人を中心に300人ぐらいいて、ムチャクチャな状態となっていました
それでも私もここで何人もの方と知り合いになり、その後もお付き合いが続いていたり、メディアの方もいらっしゃるので、このご縁でいくつかの雑誌取材にご協力させて頂きました。


銀行やヘッジファンドなどのプロのトレーダーに情報交換は欠かせず、西原さんのメルマガを読んでいると、日々こうしたトレーダー同志で情報交換していることがよくわかります。

では、個人投資家の私たちはどうでしょうか?
ブログやFX会社のサイトなどから情報を得ることはできますが、FX仲間と情報交換している人は少ないのではないでしょうか。

私はあまり情報交換をする方ではありませんが、それでも週の半分ぐらいはトレーダーと会ったり、LINEやtwitterなどで意見交換する機会があります。

またこのブログは更新があまりされていませんが、twitterで相場感や予測を書くときには、十分に考えますし、それを読んでくれた友人らのツイーとも読んでいるので、直接ではないにしても、twitterを通じて相互に情報交換していることになりそうです。

こうしたFXの友人を作る機会がこうしたイベントです。

今回の投資戦略フェアでは無料のセミナーもあるので、費用も掛からずに参加できますし、そのあとの飲み会などに参加されれば、個人投資家の友人が一気に増えると思います。

但し、ここで重要なのは、自分の情報も開示する、ということです。
これは現実世界の名刺交換と同様に、せっかくこうしたイベントで隣り合わせに座っても、メールアドレスか、twitterアカウントぐらいは交換しないと、友人にはなれません。

自分だけ特になる情報をもらおう、という考えの人は、たぶん相場でも儲かりません。
それには対価が必要なはずで、無料で自分だけが得する情報があるわけがないのです

これからもFXを長く続けようと思う方は、こうしたイベントに積極的に参加するのがいいと思います。
もちろん、会場で私を見かけたら、お気軽にお声をかけて下さいね。


こうした機会に、みなさんのFX仲間が増えると素晴らしいと思います。

今日は直接的な相場の話はないので、それは、ディーラーズ・バトルやtwitterをご参考にして頂ければと思います。

ではまた


投資戦略フェア2014

3月15日(土)

今週も神経質な相場が続きました。
みなさん、おつかれですね。
私の友人たちも、みんな今週は疲れた、と言っています

特に円がらみの通貨は、日足に虹がでておらず、大きな流れができていないので、仕方ないのですが、短期の動きでは小まめに利確していかないと、いつのまにか建値で切らされてポジションがなくなっていたりします。
このため、私はユーロドルやドルスイスが中心で取引していました。

さて、本日は東京ドームシティで「投資戦略フェア2014」が開催され、私も15時ぐらいから行く予定です。

東京で開催される個人投資家のための大きなイベントとしては、3月の投資戦略フェアと、6月のFX友の会が私の定番で、いろいろな方と情報交換したり、セミナーで勉強したりしています。
...ちなみにFX友の会の方は世話役のFX奈那子さんのサイトで案内されます。

2月からマーケットは方向感が弱く、トレンドが続かなくなっていますが、こうした相場で大事なのはトレード手法ではなく、資金管理
どんなスタイルにも共通する資金管理が上手ければ、収益は残りますし、資金管理がヘタだと、1回の気の迷いですべてを失う危険性があります。

本日の「投資戦略フェア2014」を主催するパンローリング社からは、こうした地味だけど大事な話の書籍がいっぱい発売されており(高いけど)、生き残って居る個人投資家の多くが読んでいるとおもいます。

本日16時40分からD会場で開催される「FX友の会の敏腕トレーダーたち」の話もこうした点で参考になりそうです。


15時過ぎから16時ごろまでは会場内をフラフラしていると思いますし、いろんな人としゃべってると思いますので、お気軽に声をかけて下さいね。


ではまた

11歳のトレーダー

5月12日(月)

私は月刊FX攻略.comという月刊誌にコラムを連載させて頂いていますが、6月号(4/21発売)では、友人の息子である11歳のトレーダーについて書きました。

その前の3/15(土)に開催された投資戦略フェアで、FX友の会のセミナー(D会場)で真剣にメモを取っていた男の子がいたのを覚えている方もいるかもしれません。


これからの日本の将来を考えると、小学生でも金融やマーケットに興味を持つのは悪いことではないと思いますし、私の友人である小学生の父親(40代)は海外生活が長いため、国や企業に頼らず、どこにいても自分が生活の糧を得れる方法が持っていた方がいいし、それはできるなら複数あった方がいいと考えているようです。

このためか、この小学6年生は順調にトレーダーとして成長してきているようです。

今月2日(金)の朝、出勤や通学前でバタバタしている家庭内で、小学校に向かう彼がニヤリとしながら父親に言いました。
「今夜は雇用統計だね
私の友人はコーヒーを吹き出しそうになったそうですが、その夜この子はドル円2万通貨でしっかり1万円の利益を取っています。

この日のドル円は雇用統計の好結果で上昇しかけましたが、103円で頭打ちとなり、その後は急落しました。
彼は103円から伸びないのを確かめて利確し、その後しばらくしてマーケットから離れています。
その際彼は父親に、「この後はダラダラ下がりそうだから、もういい」と言ってのけたそうです。

普通の公立小学校に通う6年生(FXを始めたのは5年生)でも、キッチリを勉強し、基本を守るだけで収益が残るといういい例だと思っています。
...大人の私たちはもっとちゃんとやらなくちゃなぁ...

なお詳しくは誌面でも書いていますが、誤解を招かないように注釈すると、当然ですが11歳でFX口座は開けません。彼は父親の取引の手伝いとしてサインを読んだり、売買タイミングを指示していますが、最終的には取引は彼の父親がやっています。

ただ、11歳の彼が口座開設できるまでの間、これを続けたら、学費も自分で稼ぐようになるのではないでしょうか。
以前、西原宏一さんの出版記念パーティーに出た際、留学費用を稼ぐためにトレードしている医学部の学生にも会うことがありました。
彼は年間数千万の利益を得ているようで、留学費用どころではないと思いますが、そもそも理系でいろいろ計算したり理論値を出したりするのが好きだと言っていました。

私が10代の頃には考えられなかったようなことが、今では可能になっていて、実はこの小学生のように金融取引を勉強している子供は案外いるのかもしれないと思っています。
特にFXは時間と場所に縛られないマーケットなので、日本株を取引するよりもやりやすいのかもしれません。

11歳のトレーダーが口座を開くまでに、大人の私たちもしっかり資産を拡大しておかないと、笑われてしまいそうですね



ではまた

baby steps

12月3日(水)

最近わたしがお気に入りのマンガが勝木光さんのベイビーステップ(Baby Steps)
現在単行本が33巻まで刊行されているテニスまんがです。
babysteps.png

    NHKの年末年始スペシャルで
    12/31 10:30~13:30 (1話~7話 一挙放送)
    1/1 10:30~13:00 (8話~13話 一挙放送)
    目標設定や、結果だけでなく、過程を重要視する姿勢など、
    スポーツで目標に向けて努力するアプローチは、FXでも応用できます


50代のオッサンがマンガを読むのはかなり久しぶりなのですが、テニスクラブの20代の若者が貸してくれて、火がつきました。
...我が家の書架に借りた単行本を並べて置いていたところ、
   家内も読み始め、テニス再開しようかなぁ...などと言い出すほど、
   とてもいい内容だと思いいます

ストーリーはテニス未経験者の高校1年生の優等生が、運動不足解消にテニスを始めて、そこからプロを目指していくお話なのですが、読んでいるとFXと共通する部分もいっぱい感じられます。

もっとも重要なのは、自分が好きになったもの(この場合はテニスだけど)のことをいっぱい考え、試行錯誤し、目標に向かっていく過程だと思います。

これはFXでも全く同じで、基本を知り、自分のカラダが反応できるようになったうえで、さらに他人(私たちならマーケット)で勝てるようにどうするかを考え抜く姿勢にとても共感します。

テニスで物理法則を無視した魔球は打てるはずもなく、現実世界でもこのマンガのように努力を重ねることしか強くなる方法はありません。
...私も週末はテニスしているので、この点はよくわかります。

これはFXでも同じことで、魔法のテクニカルは存在せず、誰かと同じことをやれば儲かるわけでもなく、自分が興味を持っていつもマーケットのことを考えるように、どっぷりFX漬けになって試行錯誤して自分のスタイルを作り上げるしかありません。

またテニスで全部のポイントを取る完全試合が不可能なように、トレードでも全勝を目指すのは無意味です。
テニスが小さなポイントの積み重ねでゲームを取り、ゲームの積み重ねでセットを取るように、FXでも1回1回のトレードでは勝ったり負けたりしながら、できるだけ負けを小さくしてトータルで利益を残すのが重要です。

テニスコートを外から見ていて、テニスなんか簡単だよと思うのと実際に試合するのが大違いなように、何かの片手間で簡単に儲かる方法はないかな? と思っているなら、FXはお勧めしません。
FXは元本を失うリスクがあり、1回1回のトレードが正に勝負ともいえるものです。
...簡単にお金が欲しいなら、空き時間にアルバイトする方が現実的です

このマンガに書かれている、Baby steps to Giant strides という言葉は、FXでもまったく同じで、少しずつ理解を深め、経験とともに取引ロットを増やし、投資元本を増やしていくのがFXでも王道なのではないでしょうか。

FXの合間に、こうした勝負についてのマンガを読んでみるのもいいかもしれませんね。
個人的にはとてもハマっているので、お勧めです。

ではまた

12月29日 追記
年末の再放送予定を追加しました。

Happy New FX Year!

1月2日(金)

新年あけましておめでとうございます

本年もこちらのブログの更新頻度は低いままだと思いますが、(コラッ)
私が執筆をお手伝いしている、西原宏一メルマガ シンプルFXならびに、
ダイヤモンド社 西原宏一メルマガ FXトレード戦略指令の有料メルマガ。
私も執筆しているインヴァスト証券 ディーラーズ・バトル
そして田向宏行のツイッターではほぼ毎日、相場についての配信がありますので、よろしくお願い致します。


さて、2015年がスタートして、ドル円は本日1/2は12/31から窓を開けて上昇しており、今年も引き続きドル円が強い暗示かもしれませんね。

さすがに2014年10月31日の日銀追加緩和から、円買いの理由はなくなり、円を売れば儲かるような相場になっています。
虹色チャートも週足までが、きれいに虹を描いており、月足も今年中には虹がでると予想されるチャートになっています。
20150102 usdjpy week
こちらは、上記のメルマガなどでテクニカル分析を担当しているディナポリの週足チャート。
20150102 usdjpy week dinapoli
こちらも強い上昇の動きが示唆されています。

こうした円売りマーケットの状況は2005年から2007年の状況に似ているように思え、このときは多くの人がFXに参入してブームになりましたし、主婦の方が利益の申告を忘れて4億円の脱税を指摘されるほど、多くの人が儲けていました。

下のチャートはドル円週足の2005年から2007年の動きです。
20150102 usdjpy week 2005
このようにチャートを比較してみると、今回の上昇(円売り・ドル買い)の動きの方が、虹が鮮明かつ7本のラインの間隔も広くて、大きな動きになっていることがよくわかります。
...ちなみに2007年の124円からの下落は、サブプイライムショック、
   そしてこの動きはその後のリーマンショックと、ドル円75円への動きで、
   週足でも虹が下向きとなり、円買い相場になりました。

話を戻します。
2005年当時と現在をファンダメンタルズで考えると、大きく状況が違い、前回は日本の低金利による円キャリーが円売りトレードのエンジンでしたが、今回はアベノミクスと日銀の緩和による円の毀損が相場を動かしており、今回の方がより円安に向いやすいのではないかと思えます。
しかし、それは日本の将来にとっては、危険なことかもしれません。
政府も日銀もそのリスクを承知のうえで、それでも何かしないと変わらない状況からの脱出を試みているのだと思います。

だた、こうした将来予想や思惑はトレーディングには何の関係もありません。
私たちトレーダーは、相場が動く方向に従い、相場が買えと言えば買い売れと言えば売り、差額を儲けるのが仕事。
虹のチャートやDinapoliなど、いくつかのチャートを見つつ、他のトレーダーの意見や各国の金融政策を考えつつ、淡々とトレードしていきたいと思います。


さて、マーケットは今日から新年ですが、私自身は現在も休暇中で、一応マーケットを見てはいますが、ほとんど取引はしていません。
...年末から少額のドル円ロングを持っているだけです。

昨年の12月16日に仕事で某社でに伺った後、お酒が美味しくないと思いながら早めに帰宅した頃からインフルエンザが発症し、その週は38度台の発熱でほとんどダウン状態。
この週になんとか配信したメルマガでは間違いも多く、ご購読の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。
その時にもお詫びと訂正していますが、やはり体調が悪いと全ての判断が鈍ってしまうというのは、改めていい経験でした。
その翌週はクリスマス週で、その次は今週の年末年始週なので、実際は12月15日で私自身の取引の大部分は終了し、時折、ごく少額で相場を見るために取引する程度で事実上は休暇入りしていました。

今年はカレンダーの関係から、全世界でトレーダーのスタートは1月5日(月)ではないかと思っており、私も約20日間の休暇とすることにしました。

2015年は、数年から十年に1回ぐらいの誰もが取引しやすいマーケットになるかもしれません。
それでも、どの通貨ペアを選択するかと相場に入るタイミング、そして全ての投資に共通する資金管理が重要なのは、どんな時でも変わらないので、こうしたチャンスにしっかり稼げるよう、私も努めて行きたいと思いますし、個人的にアドバイスしている方々にもチャンスが多いと思うので、FXを楽しみながら学べるタイミングかもしれません。

今年も私や皆様にとって良い年となるよう、精神修養に努め、努力を積み重ねて行きましょう
本年もよろしくお願い致します。

投資戦略フェア2015

2月1日(日)

今年も3月14日(土)に東京・水道橋で、投資戦略フェア2015 が開催されます。


投資関連書籍を多く出しているパンローリング社主催のこのイベントは、春の投資家の集まりでもあります。
パンローリング社の方で懇親会が用意されている場合もありますし、他のトレーダー有志でイベント後に飲みに行くこともあります。

今回驚いたのは、3月21日(土)に開催されるラリー・ウィリアムスの引退宣言?となるファイナル・ステージに、伝説の投機家、ビクター・ニーダーフォッファーが友情出演する、ということです。
  詳しくはこれ!

私が彼の名前を始めて知ったのは、まだFXを始める遥か前の1998年
事業会社を経営していたころで、金融市場を特に意識したわけでなく、一般的な興味で見た、NHKスペシャル「マネー革命」の第1回で、50億円を一夜で失った男としてでした。
天才的なトレーダーで、お城のような自宅兼トレーディング・オフィスですべての財産を失った彼にNHKがインタビューしており、すごく印象に残っています。

いまでもこの番組のVTRはDVDで保管していて、たまに見ることがあります。
FXを始めて投資の世界で生きるようになってから見直すと、最初の放送の時とは違う部分が気になりましたし、とても参考にもなりました。
特に、痛感したのは流動性リスクと、逆張りのリスクでした。
天才的で連戦連勝だった人も、流動性はとてつもないリスクになりましたし、逆張りは勝てば巨万の富を得ることができる一方で、負ければ一瞬にしてすべてを失う両刃の剣で、私には向かないとも思いました。
この番組を見ていたことも私の順張りトレードのスタイルに影響しているのかもしれません。

...ちなみに、株でジェイコム男とも呼ばれる凄腕トレーダーのBNF氏も
   このビクター・ニーダーフォッファー(VNF)をから文字ってBNF使っているとの噂です。

さて、ラリーの話でちょっと脱線しましたが、FXに話を戻すと、この投資戦略フェア2015にはFXの著名人も多く集まります。
セミナーの講師として参加する方もいますし、普通に観客?参加者?として来る人も多くいるはずです。

そしてイベント後は、懇親会なり、有志で集まるなし、結局は普段なかなか会うことのないトレーダー同志の飲み会&情報交換の場になるので、FXを始めたばかりの方にとっては他の個人投資家がどうやってトレードしているかとか、何を参考にするかとか、トレード仲間を増やす良い機会だと思います。

トレード仲間を増やすために、手弁当でやっているのが、FX奈那子さんが世話役の、FX友の会です。
今回のイベントにも必ず参加するはずなので、FX奈那子さんのブログか、FX友の会のブログをチェックしていると、こうした情報もそのうち載ると思います。

もちろん、私も当日は午後ぐらいから会場にいると思うので、ご興味のある方はお気軽に声をかけて下さいね。

FXだけでなく、株や商品、不動産の投資家も集まるので、入場の事前申し込みは早めにしておいた方が確実ですし、事前申し込みだと無料になるはずです。

なかなか投資家が集まる場はないので、是非こうした機会を活かして下さい。

ではまた

◆ ◆ 追 記 ◆ ◆
2月13日(金)
どのセミナーを申し込んだらいいのか、わからないというご質問を頂いたのでご案内します。

まずは
D会場 10:00~11:30 為替とゴールド
 このセミナーでは、西原宏一さんが登場。
 ゴールドの第一人者である池水さんとのトークなので、長期マーケットの参考になりそうです。

次も
D会場 13:50~14:50
 バカラ村さんのFXセミナー
 DVD同様にわかりやすいテクニカルと相場の見方は誰にでも参考になります。

最後は
C会場 17:10~18:40
 FX奈那子さん、元GSの志摩力男さんをはじめ、
 個人投資家交流会・FX友の会でつながる人たちのセミナー。
 奈那子さんらの個人投資家目線と、
 プロ中のプロである志摩さんの目線が
 マーケットをどう見ているのか、は参考になると思います。

また一度入場すると、途中退場して外で食事したり、お茶することも可能なので、安心して申し込みできます。
私は空き時間に久しぶりに会った人と外でお茶したりしてます

人気セミナーは人数で締切があるはずなので、早目に申し込んだ方が良さそうです。
また、夜の懇親会の申し込み(有料)もあるので、参加される方はお忘れなく

メンタルの把握

2月28日(日)

ご無沙汰しています。
今日はFXを初めて1年ぐらいの友人に会いました。

そこで出たのが、メンタルの話。
特に損になってるときは、「胸がキュッとなる」と言っていましたが、こんな経験は誰にでもあると思います。

FXのトレードでは平常心が大事ですが、慣れないうちはポジションを持とうと考えているだけで、案外興奮した心理状態になっていることもあります。

こうした心の状態(メンタル)を少しでも把握できれば、心の安定とトレードの安定を得られるかもしれません。

そこで思いついたのが、活動量計というもの。
私はテニスをしたり、ジムに行ったりしますし、普段のウォーキングのレベルチェックとして、活動量計を使っています。

心拍数を常時チェックすることで、運動による心拍の上昇だけでなく、心理的な緊張も現れるのではないかと思います。

具体的には、Apple Watch や、fitbit などの心拍数が計測できるウェアラブル端末を付けることでからだの状態を把握できます。
fitbit.jpg
これがfitbit社の活動量計Charge HR
画像では心拍数135が表示されています。

スマートフォン用のアプリが供給されていて、アプリを通じて詳細なデータを見ることができます。

トレード前に心拍を見てみる、というのも平常心を保ってトレードするには良い方法かもしれません。
特に、損切させられた後に熱くなっていたり、イライラしながらトレードしようとして興奮しているときは、普段より心拍が上がっているかもしれませんね。

実際にどうなるかは人それぞれだと思いますが、こうした機器を身に着けて、これをチェックするワンテンポを入れるだけでも、冷静さを保つことができるかもしれません。

ご興味のある方は、調べてみるのもいいのではないでしょうか。


今回はトレードとは少し離れてしまいましたね。
ではまた
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ