FC2ブログ

虹色FX のご案内!

アクセスありがとうございます。
虹色FXの管理人、田向宏行です。 
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 虹の具体的な使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌(FX攻略.com)連載をご一読下さい
ブログ更新後の予測・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています
虹色FXの本日のエントリー記事はこの下にあります。

そして、本を書かせて頂きました。
カバー帯つき
臆病な人でも勝てるFX入門 (池田書店 税込¥1,404 2016/6/17発売)
虹色FXの基本となる考え方、テクニカルの見方などを書きつつ、入門者の方が長くFXを続けて収益を得るベースになればと思っています。

本書でお伝えしたいは、焦って取引するのではなくタイミングを待つことと、自分が信頼できるデータを積み上げること、です。
本書ではシンプルな移動平均線の活用法を示していますが、それは手法ではなく、「自分の都合で取引タイミングは来ない」ということを知ってほしいからです。 そして、ここで紹介した方法も含め、自分が信じられる取引方法となるには客観的データの積み上げという事実が大事ということ。
単に目先の取引手法を追っているうちは、FXは難しいものになると思います。

  amazonでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら

なんと 2冊目も出ました
1冊目のFX入門の内容は理解しているであろう方を対象としているので、FXの取引の仕組みなどは省略され取引方法や考え方のみが書かれています。
これからFXをやってみようという方は、両方をお読み頂くとFXの理解が深まると思います。
kengyo_201712310043315f1.jpg

1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX
自由国民社 刊  税込¥1,512  2017/12/27発売

私を含め、素人の考えるファンダメンタルズは妄想の域をでない
妄想でポジションを持つのは、任せと同じ。・・・だったら、テクニカルを基準に考えてみては という本。
ローソク足の基本やダウ理論、ディナポリについて書いています。

本書では、ファンダメンタルズよりテクニカルを使うことの優位性、特に個人投資家にはその方が向いていることをご案内しています。 その基本としてダウ理論やメルマガで毎日解説しているDinapoliを紹介しています。
ダウ理論は、わかったようで、わかっていない人が多いので、じっくり何度か読み込むことをお勧めします。
なお、前著「臆病な人でも勝てるFX入門」でお伝えした基本を知った上でという前提で書いています。

  amazonでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら


さらに、何と! 3冊目も出版されました
2冊目の本の内容を補いつつ、さらに細かく市場参加者の心理や、マーケットの値動きの仕組みについての考え方を書いています。
ChartFX_20181101231220a24.jpg
ずっと使えるFXチャート分析の基本
自由国民社 刊 税込¥1,620  2018/11/2発売

最も基本的なプライスの取り方、確認の仕方から、異なる時間軸を同時に見ることで、より強い流れに乗ることなどをお話ししています。

前著「1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX」の内容を発展させています。 ダウ理論やFXの基本、例えばデリバティブと現物の区別がつかない人は、入門書や前著を参考にして頂ければと思います。
  アマゾンでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら

追記=2019年1月16日

動かないマーケット

4月11日(木)

ドル円は、2017年に刊行した拙著「1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX」でも月足でご紹介したように、大きなレンジの中にあります。
本書は刊行されたのが2017年12月なので、原稿は10月ぐらいに終わっていて、その当時から既に1年半が経過していますが、結局この月足のレンジを抜け出せません。
というか、月足なので、1~2年ではなく、5年ぐらいはこのレンジが続くつもりでいた方が良さそうです。

となると、ドル円を取引するなら、レンジの上限や下限がどこにあるかを把握しておくことが重要で、このレンジの壁の手前までしか動かないだろう、ということと、壁に近付いてきたら壁をバックに逆の取引を考えることができてきます。

これは月足だけでなく、どんな時間軸でも同じなので、だから高値安値をチェックしてレンジを見つけることが重要になります。

こうした拙著ご説明してきたことを前提に現在のドル円相場を虹色チャートで見てみましょう。

チャートはドル円の日足です。
usdjpy daily
虹の7本線は、密集して方向が定まらない狭いレンジになっていることがわかります。
そこで、この7本線が密集し始めた付近の高値安値にラインを引くと、上は2019年3月高値=112.126、下は2019年3月安値=109.699です。

つまり、現在のドル円日足は、3月足の値幅内で推移していて、これをどちらに抜けるかが注目となります。

ちなみに、今回のチャートは、FXDDのもので、いつも使っているYJFXではないので、レートが若干違いますね。
FXは相対取引なので、このように業者によってレートの違いがでます。
ですから、ご自身の取引会社でレートを確認することはオーダーを出すうえで大事ですし、私のようにいくつかの会社に口座を持ちつつ、チャートはMT4を使う、という場合は、取引会社ごとに改めてチャートを再確認してオーダーすることが重要です。
そうしないと、自分の想定していないオーダーが約定してしまったりしますが、それは業者によってレートが違うために起こる場合もあります。

話を戻しますが、ドル円の日足がこのような3月足のレンジなっていることを把握した上で、では、この3月の値幅を越えたらどうなるのか、週足で見てみます。
こちらも虹色チャートです。
usdjpy weekly
週足も、7本の移動平均線は密集してレンジであることを示しています。
週足でも日足と同じように高値安値にラインを引くと、上は2018年10月高値=114.531、下は今年(2019年)1月のフラッシュクラッシュの安値=104.799です。

またこの週足をよく見て頂くと、チャートの左側の2017年初めから7本線は密集していて、すでに週足のレンジが始まっていることが示されています。

また週足チャートには、先ほどの日足の3月のレンジの高値安値のラインも表示しているので、週足のレンジの中に日足のレンジがあることがお判りいただけると思います。

こうした2重のレンジ構造なので、ドル円は動きにくくなります。
上には売りが多くいますし、下には買いがいっぱいいる、ということになるからです。

さらにチャートの拡大して月足も見てみましょう。
month
こちらも虹色チャートですが、少しローソク足を拡大しました。

先ほどまでの日足、週足との違いがお判りいただけるでしょうか?
月足は短期の移動平均線は接近してきていますが、虹は上向きで、月足の大きな流れはまだ上昇の可能性を示しています。

特に左上にある、125.845の高値まで、月足チャートが虹を描いていて、ここは2015年6月のアベノミクスの高値です。
アベノミクスというより、私たち日本国民の年金を運用するGPIF(Government Pension Investment Fund=年金積立金管理運用独立行政法人)がポートフォリオを国内債券中心から海外投資に振り分けたことで、膨大な円売りが起こったことがいかに大きくマーケットに影響を及ぼしたか、ということが見えてきます。

ただ、この動きは、2015年6月で終わり、その後は日本にとって不幸にも英国のブレグジットで100円割れ、そして予想外のトランプ大統領誕生で118円に急騰という大きな動きで、月足までもレンジになっています。

ブレグジットの安値と、トランプ相場の高値は極端だとしても、その下にある、上は114円から115円、下は104円のレンジは強力で、これらのどちらかを抜けないうちは、レンジが続いてしまいます。

ドル円は世界でも2番目に取引量の多い通貨ペアなので、これが動かないとなると、為替マーケット全体が動きにくくなります。
昨年、一昨年はポンドが動いたので、これで大きな動きに乗ることができましたが、今年もドル円は動きにくいので、ポンドに変わる新たなネタがないと、狭い小さな取引をコツコツと繰り返すことになりそうです。

こうした大きなレンジをいつも意識しておくと、その手前付近になれば動きが活発になりやすく、メリハリの効いた取引ができそうです。

まぁ、ドル円が動き出してくれるのが一番いいんだけど、こういう状況だと動きようもないことが明らかなので、動かない前提で戦略を考えておくことが大事ですね。

ではまた

チャート分析の基本 p.173図27訂正

3月11日(月)

本日は月曜日ですが、8年前は金曜日でした。
あの日のことは一生忘れられない人が多いと思います。
それでも明日が来て、私たちは前に進んできました。

黙祷

さて、本題です。
拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」ですが、自分でもイヤになるほど訂正箇所があります。
すべては著者である私の責任で、誠に申し訳ない限りです。

本日、出版社の方へ、p.173図27についてのご指摘を頂きました。
図27はこのようになっています。
p173.jpg
書籍からスキャンした画像ですが、で示した個所、同じ日付、同じプライスになっています。
そんなことは、ありえないわけで、2つ目、図表では上側の日付とプライスが間違っています。

ここには、1/11 150.197 と表記されていますが、
正しくは、1/25 156.086 です。
お詫びして、訂正致します。

もし次作を書かせていただく機会があれば、ブログやメルマガの読者の方や、ツイッターをフォロー頂いている方にご協力頂いて多くの目でチェックする方がいいのかもしれませんね。

いずれにせよ、今回の書籍は間違いが多く、編集が未熟だったことは否めません。
読者の方には大変ご迷惑をおかけいたします。

引き続きブログや西原メルマガ、ツイッター等で何か取引の参考になることを発信できればと思いますので、これに懲りず引き続きよろしくお願い致します。


投資詐欺にご注意

2月27日

このところ周囲の方から投資や資産運用の相談を受けることがあります。
主に60代のシニアの方で、詳しくは知りませんが資産家の方々です。
またこの世代の方は、投資や相続で資産を築いていなくても、大手企業や公務員をしていた方はそれなりの収入があったであろうと思われ、こうした部分も狙われやすいのかもしれません。

拙著のどこかにも書いたような気がしますが、詐欺で被害に遭う方の共通点は、
無知だけど、欲張りです。

欲張りな人は、詐欺師の格好の標的です。
上手い話をすると、無知なので、簡単に乗ってくるからです。
毎年投資詐欺で百人千人単位で騙されて、億単位のお金が盗られています。
もし、それが詐欺で犯人が逮捕されても、失ったお金は二度と戻って来ません。

元本保証で毎月一定額の支払いがあるとか、数十万円が数年で数千万円になるとか、少しでも金融知識を持っていたら明らか不可能で詐欺と思えるものなのに、欲深いか、無知だと、冷静な判断ができません。

元本保証で日本国債以上のリターンがあるものは、まず詐欺を疑うべきです。

日本国債や、日本企業の社債は、日本が破綻するか、その企業が倒産しない限りは返済される確率が高いと言えます。
大手上場企業、例えば1部上場企業は簡単に倒産しないと思いますが、非上場企業はいつつぶれても不思議ではありません。
「上場する前だから儲かるんですよ」的なセールスや勧誘があれば、もうかなり怪しいと言えます。

また、外国債券は利回りが高くなって魅力的に見えますが、為替が生じるので、債券リターンより、為替差損が大きくて結局損したということもあり得ます。

このような金融の基本を学ぶのに最も適しているのが、実はFXだと思っています。

例えば年間10万円ぐらいを勉強代としてFXを始めると、簡単に儲からないこともわかりますし、儲けるためにはいろいろな知識や情報が必要だということもわかってきます。
何年か勉強しながらFXを続けると、勉強代だった10万円を減らさずに済んだり、もしかしたら増やすことができるかもしれません。

私のようにテクニカルをメインにするのも投資技術のひとつですし、ファンダメンタルズに注目すれば各国の金利や株価動向を通じて、金融の基本を投資しながら学ぶことができます。

FXで儲けようとするのはもちろん良い方法だと思いますが、その副産物として、金融全般の知識や技術を身に着けられるという点に注目して、毎年一定額を将来のまとまった資金運用のための勉強代と考えると、グローバルに政治経済をみるFXはとても良い勉強材料となるのではないでしょうか。

ではまた

チャート分析の基本 p.129図4 他の訂正

1月28日(月)

拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」について、読者の方から出版社に問い合わせがありましたので、ブログでもご案内しておきます。

p.129の図4ですが、右側にある12/1の高値を示す丸が、11/30の高値を囲んでいます。
チャートでは、11/30=陽線と、12/1=陰線となっていますが、
プライスは、11/30=1.35476、12/1=1.35485で、陰線の12/1の方が高い値段です。
本文中は12/1となっていますが、図では11/30が囲まれており、この図表が間違っています

また、この図表と同じ期間のポンドドルを示したp.131図5、p.133図6、p.137図8、も11/30から横線が示されていて、元となる図4が間違っているので、これらも間違っています
ただ、同じ期間のチャートで解説している、p.135図7、p.139図9は、12/1から線が引かれていて、こちらは合っています

いろいろ混在していて読者の皆様には、ご迷惑をおかけいたします。
申し訳ありません。

これは著者の私はもちろんのこと、編集者を含め書籍を刊行する側のミスですので、次の機会に訂正させて頂ければと思います。


なお、この機会にちょこっと、書籍制作の裏側をお話しすると、こうした図表は出版社や編集プロダクション、ときにはそれらと提携しているデザイナーさんが作成します。

ただ、FXやチャートに詳しいデザイナーは、ほぼ皆無なので、元の図表を作った私と印刷前段階(ゲラといいます)で大きくちがうことも度々です。
それを確かめるのも著者と編集者の役目ですが、今回のような見落としも現実に起こっていて、大変申し訳ないです。


ただ、読者の方々にはご迷惑をおかけいたしておりますが、何人もの熱心な読者の方からご指摘を頂き、本書が徐々に熟成とういうか、バージョンアップというか、作り込まれてきているような気もして、不謹慎ながら、私はとてもうれしく思っています。
本来、こうした間違いがあってはいけませんが、拙著をご購入頂いたみなさんと、少し繋がっているような気がしています。

不備はあるべきではありませんが、もし今後も何か間違いがあれば、遠慮なくご指摘頂き、より完成された本にしていければ、と思っています。

ご購入頂いた読者のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願い致します。



2019年 スケジュール

1月20日(日)

明日は、米国が休日で、米国は3連休です。
このため金曜の動きはLongweekend前のポジションの巻き戻しの可能性もありそうです。

私は毎年末から年初に主要中央銀行の金融政策発表日程と、米国と英国の休日日程を調べて、カレンダーに記入していますので、それをこちらにもアップしておきます。

まず中央銀行については、米国=FOMC(FRB)、英国=BOE、欧州=ECB、日本=BOJ(日銀=Bank of Japan)、オーストラリア=RBA、ニュージーランド=RBNZです。

休日は、基本的にその国の休日ですが、米国は州による休日もありますが、こちらはマーケットにはあまり関係ないでしょう。
また英国や欧州も地域ごとに休日が異なるので、ここではロンドン(England)の休日を掲載しています。

なお、もし間違ってるところがあったら、それはご容赦くださいね。

2019
Centralbank Meeting(FRB,BOE,ECB,BOJ,RAB,RBNZ)
Holidays(US,England)

1/1 New Year's Day
1/21 Martin Luther King, Jr. Day(US)
1/22-23 BOJ
1/24 ECB
1/29-30 FOMC
2/5 RBA
2/7 BOE
2/13 RBNZ
2/18 Presidents'Day(US)
3/5 RBA
3/7 ECB
3/19-20 FOMC
3/21 BOE
3/27 RBNZ
4/2 RBA
4/10 ECB
4/19 Good Friday
4/22 Easter Monday(England)
4/24-25 BOJ
4/30-5/1 FOMC
5/2 BOE
5/6 Early May Bank Holiday(England)
5/7 RBA
5/8 RBNZ
5/27 Memorial Day(US)、Spring Bank Holiday(England)
6/4 RBA
6/6 ECB
6/18-19 FOMC
6/19-20 BOJ
6/20 BOE
6/26 RBNZ
7/2 RBA
7/4 Independece Day(US)
7/25 ECB
7/29-30 BOJ
7/30-31 FOMC
8/1 BOE
8/6 RBA
8/7 RBNZ
8/26 Summer Bank Holiday(England)
9/2 Labor Day(US)
9/3 RBA
9/12 ECB
9/17-18 FOMC
9/18-19 BOJ
9/19 BOE
9/25 RBNZ
10/1 RBA
10/14 Columbus Day(US)
10/24 ECB
10/29-30 FOMC
10/30-31 BOJ
11/5 RBA
11/7 BOE
11/11 Veterans Day(US)
11/13 RBNZ
11/28 Thanksgiving Day(US)
12/3 RBA
12/10-11 FOMC
12/12 ECB
12/18-19 BOJ
12/19 BOE
12/25 Christmas Day
12/26 Boxing Day(England)

この日程で動くとは限りませんが、市場参加者の動きを読み取る参考として考えています。

ではまた。
カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ