FC2ブログ

虹色FX のご案内!

アクセスありがとうございます。
虹色FXの管理人、田向宏行です。 
初めて虹色FXにアクセスされた方は、カテゴリ欄をご参照頂ければ、虹色チャートの設定方法や、基本的な考え方などをご覧頂けます。 虹の具体的な使い方や、トレードのコツは、ブログ記事や雑誌(FX攻略.com)連載をご一読下さい
ブログ更新後の予測・相場観については、随時、ディーラーズ・バトルtwitterで書いています
虹色FXの本日のエントリー記事はこの下にあります。

そして、本を書かせて頂きました。
カバー帯つき
臆病な人でも勝てるFX入門 (池田書店 税込¥1,404 2016/6/17発売)
虹色FXの基本となる考え方、テクニカルの見方などを書きつつ、入門者の方が長くFXを続けて収益を得るベースになればと思っています。

本書でお伝えしたいは、焦って取引するのではなくタイミングを待つことと、自分が信頼できるデータを積み上げること、です。
本書ではシンプルな移動平均線の活用法を示していますが、それは手法ではなく、「自分の都合で取引タイミングは来ない」ということを知ってほしいからです。 そして、ここで紹介した方法も含め、自分が信じられる取引方法となるには客観的データの積み上げという事実が大事ということ。
単に目先の取引手法を追っているうちは、FXは難しいものになると思います。

  amazonでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら

なんと 2冊目も出ました
1冊目のFX入門の内容は理解しているであろう方を対象としているので、FXの取引の仕組みなどは省略され取引方法や考え方のみが書かれています。
これからFXをやってみようという方は、両方をお読み頂くとFXの理解が深まると思います。
kengyo_201712310043315f1.jpg

1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX
自由国民社 刊  税込¥1,512  2017/12/27発売

私を含め、素人の考えるファンダメンタルズは妄想の域をでない
妄想でポジションを持つのは、任せと同じ。・・・だったら、テクニカルを基準に考えてみては という本。
ローソク足の基本やダウ理論、ディナポリについて書いています。

本書では、ファンダメンタルズよりテクニカルを使うことの優位性、特に個人投資家にはその方が向いていることをご案内しています。 その基本としてダウ理論やメルマガで毎日解説しているDinapoliを紹介しています。
ダウ理論は、わかったようで、わかっていない人が多いので、じっくり何度か読み込むことをお勧めします。
なお、前著「臆病な人でも勝てるFX入門」でお伝えした基本を知った上でという前提で書いています。

  amazonでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら


さらに、何と! 3冊目も出版されました
2冊目の本の内容を補いつつ、さらに細かく市場参加者の心理や、マーケットの値動きの仕組みについての考え方を書いています。
ChartFX_20181101231220a24.jpg
ずっと使えるFXチャート分析の基本
自由国民社 刊 税込¥1,620  2018/11/2発売

最も基本的なプライスの取り方、確認の仕方から、異なる時間軸を同時に見ることで、より強い流れに乗ることなどをお話ししています。

前著「1日2回のチャートチェックで手堅く勝てる兼業FX」の内容を発展させています。 ダウ理論やFXの基本、例えばデリバティブと現物の区別がつかない人は、入門書や前著を参考にして頂ければと思います。
  アマゾンでのご購入はこちら
  楽天ブックスでのご購入はこちら

追記=2019年1月16日

チャート分析の基本 p.129図4 他の訂正

1月28日(月)

拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」について、読者の方から出版社に問い合わせがありましたので、ブログでもご案内しておきます。

p.129の図4ですが、右側にある12/1の高値を示す丸が、11/30の高値を囲んでいます。
チャートでは、11/30=陽線と、12/1=陰線となっていますが、
プライスは、11/30=1.35476、12/1=1.35485で、陰線の12/1の方が高い値段です。
本文中は12/1となっていますが、図では11/30が囲まれており、この図表が間違っています

また、この図表と同じ期間のポンドドルを示したp.131図5、p.133図6、p.137図8、も11/30から横線が示されていて、元となる図4が間違っているので、これらも間違っています
ただ、同じ期間のチャートで解説している、p.135図7、p.139図9は、12/1から線が引かれていて、こちらは合っています

いろいろ混在していて読者の皆様には、ご迷惑をおかけいたします。
申し訳ありません。

これは著者の私はもちろんのこと、編集者を含め書籍を刊行する側のミスですので、次の機会に訂正させて頂ければと思います。


なお、この機会にちょこっと、書籍制作の裏側をお話しすると、こうした図表は出版社や編集プロダクション、ときにはそれらと提携しているデザイナーさんが作成します。

ただ、FXやチャートに詳しいデザイナーは、ほぼ皆無なので、元の図表を作った私と印刷前段階(ゲラといいます)で大きくちがうことも度々です。
それを確かめるのも著者と編集者の役目ですが、今回のような見落としも現実に起こっていて、大変申し訳ないです。


ただ、読者の方々にはご迷惑をおかけいたしておりますが、何人もの熱心な読者の方からご指摘を頂き、本書が徐々に熟成とういうか、バージョンアップというか、作り込まれてきているような気もして、不謹慎ながら、私はとてもうれしく思っています。
本来、こうした間違いがあってはいけませんが、拙著をご購入頂いたみなさんと、少し繋がっているような気がしています。

不備はあるべきではありませんが、もし今後も何か間違いがあれば、遠慮なくご指摘頂き、より完成された本にしていければ、と思っています。

ご購入頂いた読者のみなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、今後ともよろしくお願い致します。



2019年 スケジュール

1月20日(日)

明日は、米国が休日で、米国は3連休です。
このため金曜の動きはLongweekend前のポジションの巻き戻しの可能性もありそうです。

私は毎年末から年初に主要中央銀行の金融政策発表日程と、米国と英国の休日日程を調べて、カレンダーに記入していますので、それをこちらにもアップしておきます。

まず中央銀行については、米国=FOMC(FRB)、英国=BOE、欧州=ECB、日本=BOJ(日銀=Bank of Japan)、オーストラリア=RBA、ニュージーランド=RBNZです。

休日は、基本的にその国の休日ですが、米国は州による休日もありますが、こちらはマーケットにはあまり関係ないでしょう。
また英国や欧州も地域ごとに休日が異なるので、ここではロンドン(England)の休日を掲載しています。

なお、もし間違ってるところがあったら、それはご容赦くださいね。

2019
Centralbank Meeting(FRB,BOE,ECB,BOJ,RAB,RBNZ)
Holidays(US,England)

1/1 New Year's Day
1/21 Martin Luther King, Jr. Day(US)
1/22-23 BOJ
1/24 ECB
1/29-30 FOMC
2/5 RBA
2/7 BOE
2/13 RBNZ
2/18 Presidents'Day(US)
3/5 RBA
3/7 ECB
3/19-20 FOMC
3/21 BOE
3/27 RBNZ
4/2 RBA
4/10 ECB
4/19 Good Friday
4/22 Easter Monday(England)
4/24-25 BOJ
4/30-5/1 FOMC
5/2 BOE
5/6 Early May Bank Holiday(England)
5/7 RBA
5/8 RBNZ
5/27 Memorial Day(US)、Spring Bank Holiday(England)
6/4 RBA
6/6 ECB
6/18-19 FOMC
6/19-20 BOJ
6/20 BOE
6/26 RBNZ
7/2 RBA
7/4 Independece Day(US)
7/25 ECB
7/29-30 BOJ
7/30-31 FOMC
8/1 BOE
8/6 RBA
8/7 RBNZ
8/26 Summer Bank Holiday(England)
9/2 Labor Day(US)
9/3 RBA
9/12 ECB
9/17-18 FOMC
9/18-19 BOJ
9/19 BOE
9/25 RBNZ
10/1 RBA
10/14 Columbus Day(US)
10/24 ECB
10/29-30 FOMC
10/30-31 BOJ
11/5 RBA
11/7 BOE
11/11 Veterans Day(US)
11/13 RBNZ
11/28 Thanksgiving Day(US)
12/3 RBA
12/10-11 FOMC
12/12 ECB
12/18-19 BOJ
12/19 BOE
12/25 Christmas Day
12/26 Boxing Day(England)

この日程で動くとは限りませんが、市場参加者の動きを読み取る参考として考えています。

ではまた。

テクニカルのダマシ

12月23日(日)

昨日(2018年12月22日)は、ラジオ日経で毎週木曜日に放送されている西原さんと大橋さんがMCのFX番組「集まれトレーダー! シンプルFXトレード」のリスナーセミナーが、東京証券会館1階のカフェであり、全国からリスナーの方が参加されました。

写真は、西原さんの来年相場の見通しなどの解説が終わり、後半の質疑応答コーナーになったところで、私もここから参加しました。
DvAUVp5UwAAsPb5.jpg
右にMCの大橋ひろこアナウンサー、そのスクリーンを挟んだ左に、西原宏一さん、竹内典弘さん、伊藤寿彦さんの元外銀チーフディーラーが並び、私は一番左端で、暗くてほとんど映ってません

このあとブッフェ形式の懇親会となり、飲み物や食べ物を片手に、遠方から日帰り参加されている方を始め、熱心なFXトレーダーの方々とお話しできて、楽しい時間でしたし、刺激にもなりました。
お話しして頂いたみなさん、ありがとうございました。

その際、何人かの方からご質問を受けたのは、「テクニカルのダマシ」についてです。
具体的には、チャートの高値や安値などを目安に自分がストップを置いたところに、相場が戻ってきて、自分のストップが狩られたあと、結局は元に動く、ダマシにやられる、という方が何人もいらっしゃいました。
FX都市伝説でよくある、「自分のポジションを知っているように戻ってきて、損切りさせられたあと、元の方向に動く」というヤツです。

この都市伝説は拙著でもご紹介していくらいよくあるものですが、やはり、お話をしてみると、この方々に共通しているのは、ダウ理論やローソク足の理論をご存じではなく、もちろん拙著もお読みではありませんでした

このダマシについては、拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」でも解説していますが、チャートの基本的な見方、値動き分析の基本を知らないと、こうしたことが起こります。 
というより、そのポジションは狙われます。
間違った位置に損切りなどのオーダーを置いてしまうからです。

逆に世界中の参加者は、こうした基礎知識のない素人がストップを置きそうなところをチャートで探して狩に行きます。
ローソク足チャートを読めないと、相場のカモになるわけです。



また、ポジションの買い増し・売り増し、についてもご質問を頂きましたが、こちらも拙著で解説の通り、どこで買い増しするか、どこでポジションを増やすべきかは、適切な場所をチャートが示してくれます。

チャートはとても面白く、奥深く、そして身につければ汎用性があります。
株でも、為替(FX)でも、仮想通貨でも、みんなチャートの見方は同じです。
その基本を知らずにテクニカルを使うのは、当然ダマシに遭いますし、狩られることになります。
これはテクニカルの信頼性が低いのではなく、テクニカルの基本を知らずに取引するトレーダーの技量が未熟ということです。


明日は月曜日でクリスマスイブですが、日本も祝日です。
そして火曜日はクリスマスで、日本の年末年始以上にキリスト教諸国ではクリスマスは重要なので、今週はほぼマーケットはありません。
参加するのは日本、中国、アラブぐらでしょうか

世界中のトレーダーが休むこの時期こそ、じっくり本を読んで取引技術を身につける良い機会だと思います。
・・・あ、その時は、私の本も買って参考にして頂けると、著者としては大変うれしいです


新年相場は、来週1月2日から始まります。
日本では、初詣に行ったり、おせちやお餅を食べながら、箱根駅伝の中継を見たりして、どっぷりお正月気分かもしれませんが、その1月2日の夜から欧米は新年相場がスタートして積極的に取引が始まります。
クリスマス休暇を取っていたトレーダーも、みんな1月2日にはマーケットに戻っています。

ここからの1週間、忘年会もあると思いますが、来年に向けて充電に充てることで、ダマシに遭いにくくなれたら、来年の収益に繋がりそうです。

みなさま、本年もありがとうございました。
よいお年をお迎えください。
みなさんに、爆益

チャート分析の基本 p.107 図表22の間違い

11月21日(水)

拙著「ずっと使えるFXチャート分析の基本」をご購入頂いた読者の方より、p.107の図22について、コメント欄にご指摘がありました。

ご指摘内容は、
レンジ3は、1/18と1/26のレンジではなく、1/22と1/26ではないか?
また
レンジ6は、3/13と3/23のレンジではなく、3/21と3/23ではないか?
というものと理解しています。
usdjpy_20181121191456343.jpg
添付図に黒い三角で示した個所がご指摘の箇所で、す。


拙著と、当時のチャートを確認致しましたが、黒い三角で示した位置を高値とする方が正しく、拙著の記述が間違っています
つまり、レンジを抜けた時点での直近の高値は、ご指摘頂いた通りで、これは著述と編集のミスです。

お詫びいたします。


著者としては、間違えを指摘され、ちょっと恥ずかしいのですが、個人的には、このご指摘は大変うれしく思っています。

この方のように、本書をキッチリ読んで頂いていることもうれしいことですが、何より相場の動きを緻密にチェックしている点が素晴らしいです。

私自身はヒラメキで取引するタイプではありませんし、そうした神がかったものはありません。
よって、一つ一つを正確に、緻密にして、打てる手はすべて打った上で、それでも上手く行かなければ仕方ない、と考えるタイプです。

そうした意味でも、今回の見落としは私自身が残念です




また読者のみなさまには、今回の間違い箇所を訂正すべく、ブログとして図表と共にご紹介しておきます。


他にも誤字など何か不備な点があれば、ご指摘頂けると、次の版で訂正できますので、よろしくお願い致します。
すでに前回のブログエントリー「あちゃ~」でご案内のように誤字等についても、コメント欄にご指摘を頂いているので、これらは既に編集に伝えてあり、改訂予定となっております。

ご指摘、ありがとうございました。

また、コメント欄にご質問を頂く場合がありますが、メールアドレスだけを添付した非公開のご質問については、お答えできません。
個人的なコンサルティングになるからです。

ご質問等は公開頂き、読者の方、私を含むトレーダーみんなで共有して、相場を考える材料に出来ればと思います。
共にFXで取引するトレーダーは、 ではりません。 
私は個人投資家なので、FXをする人は、 トレード仲間 だと考えています。
自分だけではなく、他の方の利益にもなるようにと思いますので、ご理解を頂けますよう、お願い致します。

ではまた


追記=2019年1月25日 誤字を修正しました


あちゃ~

11月4日(日)

11月2日に発売となった、「ずっと使えるFXチャート分析の基本」ですが、知人のトレーダーよりミスを指摘されてしまいました

私も確認しましたが、明らかに編集ミスで、校閲段階の修正ができていない個所がありました。
ショック

他にもあるかもしれないので、これから、細かく私自身も見直して、ここにアップしたいと思います。
毎度のことながら、本を1冊作るのって、大変です。

が、著者の私だけでなく、出版社の編集や営業の方、編集プロダクションの編集者、デザイナーさんなど大勢の人が関わりながら、私の考えを1冊にして頂ける機会は大変ありがたいものです。

大勢が何度も確認していますが、締め切りという時間もあり、このような事が起こってしまいます。
申し訳ございません。

読者の方にはご迷惑をおかけいたしますが、印刷配本されている現在となっては、前著と同様に、この場で対応できればと思っています。

ひとまず、ご連絡まで

カテゴリ
リンク
最新記事
プロフィール

田向宏行

Author:田向宏行
たむかい ひろゆき
大学卒業後、資格試験に挑戦するが挫折。就職できず仕方なく起業。事業経営の間も金や株に投資。
事業譲渡後の現在は個人投資家。
2010年1月号から月刊 FX攻略.com でコラム連載中。
2011年3月からディーラーズ・バトルでもマーケットの動きついて発信中。
ブログ更新後は、ツイッター(@maru3rd)とディーラーズ・バトルで直近の相場感などを随時情報発信してます。

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
月別アーカイブ